musyt.blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Following The River / The Rolling Stones

<<   作成日時 : 2013/05/03 23:27  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




2010年にデラックス・エディションで出た「Exile on Main St.」のボーナス・ディスクに収録されていた「Following The River」のミュージック・ビデオです。
映像から見ると、アメリカの50年代くらい?戦前、戦後あたりの映像、映画の断片にカラーをつけて編集したもののようだけど、あまりに美しい。
このビデオだけでも素晴らしい短編映画のよう。

「Following The River」は「Exile on Main St.」レコーディング当時に未完成作品として残されていたニッキー・ホプキンスのピアノの上に、このデラックス・エディション用にミック・ジャガーがヴォーカルを入れて完成させた曲ということだけど、どうでしょう、とてもボーナストラック、というレベルでは納まらない名曲じゃないでしょうか?

古い映像に現代の手法で新しく作られた映像をかぶせていき、美しい作品を作る。
これはつまり、今回「Exile on Main St.」デラックス・エディションのためにミック・ジャガーが行った作業と同じことです。
この2010年の「Exile on Main St.」はまあ、再発売でもあり、さらに現在のローリング・ストーンズによる新作でもあった、という、それを象徴させたものでもあるのだと思います。

さて、ビデオの内容ですが、シカゴと思われる大都市、からはじまり、夜行列車、娯楽街(カンザスシティ?)、綿花畑、グレイハウンド・バス、弾丸列車、クロスロード、メンフィス、ミシシッピ川、洪水、ニューオリンズ、マルディグラ、そして海(メキシコ湾)へと。
つまり曲のタイトルどおり"Following The River"、たとえばミック・ジャガーにとっての、あるいはローリング・ストーンズ、ブルースを愛するファンにとってのアメリカ、ブルースの心象風景が重ねられていきます。

美しいピアノのフレーズ、ミックの歌唱、ソウルフルなコーラス、それにストリングスまで加わっていき昇華していくというこの曲といっしょに、この映像を見ていくと、改めて、ストーンズ、そしてその向こうにあるブルース、アメリカを辿れるようで、ファンにとってはどこまでも深く感動させられる作品になってると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Following The River / The Rolling Stones  musyt.blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる