アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ

タイトル 日 時
Following The River / The Rolling Stones
Following The River / The Rolling Stones 2010年にデラックス・エディションで出た「Exile on Main St.」のボーナス・ディスクに収録されていた「Following The River」のミュージック・ビデオです。 映像から見ると、アメリカの50年代くらい?戦前、戦後あたりの映像、映画の断片にカラーをつけて編集したもののようだけど、あまりに美しい。 このビデオだけでも素晴らしい短編映画のよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/03 23:27
by a thread / DEVIN TOWNSEND PROJECT
by a thread / DEVIN TOWNSEND PROJECT 現在のミュージシャンの中で僕がもっとも好きなアーティストの一人、デヴィン・タウゼンドのライブ・ボックスセット発売。 最近のアルバム4枚、(4部作) 「KI」 「ADDICTED」 「DECONSTRUCTION」 「GHOST」 のライブ・コンサートがフル・プログラムでDVD4枚、CD5枚に収録。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/24 21:41
loveless / mybloodyvalentine
loveless / mybloodyvalentine さて、mybloodyvalentineの再発2発ですが、こちらは「loveless」。 二枚組のうち、disc1はリマスター、そしてdisc2はオリジナルテープからの新たにマスタリングしなおしたもののようです。 (少しだけ音が違う同じアルバムが二枚入っている、ということです。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/16 22:41
Whoz That Girl / EXID
Whoz That Girl / EXID BEAST、4MINUTE、T-ARA、A-PINK、などを手がける作曲家「シンサドン・ホレンイ」が直接手がける女性グループ、EXID。 (「勇敢な兄弟」にとってのBRAVE GIRLS、に当たるわけですね。) 2011年最高の名曲とされるBEASTの「FICTION」の作曲家が手がける女性グループなので、やっぱり「女性グループ版BEAST?」と期待されてのデビューだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/24 18:30
BALLADS, BLUE SONGS, HITS AND JAZZ 1949-1958 / ROS
BALLADS, BLUE SONGS, HITS AND JAZZ 1949-1958 / ROS ロースマリー・クルーニーにはまってしまい、続けて4枚組106曲入りのベストを購入。2,600円。 テーマごとに DISC A [POP SONGS, HITS AND CLASSICS] DISC B [BIG BAND SWING, JAZZ AND VOCAL STYLINGS] DISC C [BALLADS, AND BLUE SONGS] DISC D [DUETS] それぞれジャンル別にわけて収録されてますが、どれもそれぞれ時系列順に収録されていて、資... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/03 23:44
The Aristocrats
The Aristocrats ギターを中心としたスリーピースのインスト・グループ、The Aristocratsの約30分のライブ映像。 楽しい。 ジョー・サトリアーニのような演奏もあり、ブルースあり、ジャズ・フュージョンあり。 ジャズより聴きやすいポップな感覚、ユーモア感覚もあるのですごく聴きやすいし、「アメリカ!」というサウンドですね。 アルバムは10月に出たばかりのようですが、人気出そうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/29 22:16
Tenderly / Rosemary Clooney
Tenderly / Rosemary Clooney クリスマス、といえば ビング・クロスビー「ホワイト・クリスマス」 ですが、 その関連で(1954年の映画版「ホワイト・クリスマス」で共演)ローズマリー・クルーニーを思い出し、ベスト盤を買いました。 「The Essential」。 他にもどこかで聴いたことのある?曲が多い、50年代のトップスターであるローズマリー・クルーニーですが、やっぱり「Tenderly」は絶品。 ほとんどこの曲だけのためにでも1000円ちょっとくらい出していいです。 検索するとサラ・ヴォ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/29 21:13
SCHOOL'S OUT / ALICE COOPER
SCHOOL'S OUT / ALICE COOPER アリス・クーパー紙ジャケットシリーズ、12月発売分から、「キラー」、「スクールズ・アウト」、「ビリオン・ダラー・ベイビーズ」が届きました。 凄すぎる出来上がり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/24 14:06
GIRL'S DAY first premium Live (SONG LIST)
GIRL'S DAY first premium Live (SONG LIST) GIRL'S DAYのライブ。曲目リストを作ってみました。(途中で挿入されていたダンスコーナーのBGMは不明でしたが) カバーしている曲から、GIRL'S DAYのメンバーの音楽の好み、影響を受けたアーティストがうかがえて、また楽しい気がしますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/11 18:38
ナ・オッテ (私、どう?) / GIRL'S DAY
ナ・オッテ (私、どう?) / GIRL'S DAY 1stデジタルシングル「ナ・オッテ」。ユラとヘリが加入前の曲ですが、これもやってましたよね。 ライブの途中でストリートライブ活動時の様子の映像が挿入されてましたが、「ユラとヘリ加入前の映像だけど、本人たちはどう思うんだろうなあ?」と思って見てました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/11 00:59
CUPID / GIRL'S DAY
CUPID / GIRL'S DAY GIRL'S DAY単独コンサートin渋谷O-EAST、最高でした。 ラスト曲「きらきら輝く」OST収録の「あなたの心をわたしにくれたなら」 ではメンバーみんな涙うかべてましたね。とくにヘリが大泣きで。 こっちもウルウルしてました。感動的でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/11 00:40
Departures〜あなたにおくるアイの歌〜/ EGOIST
Departures〜あなたにおくるアイの歌〜/ EGOIST EGOIST「Departures〜あなたにおくるアイの歌〜」発売。supercellのryoによるギルティクラウンのエンディングテーマ。こちらも名曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 19:31
SECTOR 2 / RUSH
SECTOR 2 / RUSH RUSHのマーキュリー時代の全作品を収めたボックスセット全3巻、届きました。前回のリマスターCD化から10年なので、まあ節目ということで。(全部持ってるのに買いなおしました。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 19:27
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION) (3)
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION) (3) 「GISH」。僕だけの個人的な意見ではこのアルバムは失敗作だと思う。名曲が怒涛のように連続するアルバムが?という感じだけど、どこか間違ってるような。SMASHING PUMPKINSの魅力をつかみきれてないプロデューサーが従来の価値観のまま録音してしまったような・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 19:21
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION) (2)
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION) (2) SMASHING PUMPKINSといえば。初来日公演'92年2月24日クラブチッタ。26日クラブクワトロ。 友人に誘われたにかもかかわらず、行きませんでした。 '92年2月19日、中野サンプラザでNIRVANA。'92年2月20日、東京ドームでガンズ。だったかな?。 観に行ってます。ともかく、来日ラッシュだったらしい。 経済的な理由でスマパンは行かなかったらしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 19:16
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION) (1)
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION)  (1) SMASHING PUMPKINS、「GISH」、「SIAMESE DREAM」、DELUXE EDITION発売。リマスター盤、当時のデモ、未発表曲集、そして、ライブDVD、の三枚組。20年か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 19:03
Don't Let Your Eyes Wander / Girl's Day
Don't Let Your Eyes Wander / Girl's Day 12月10日、渋谷O-EAST、Girl’s Day ファーストプレミアムライブ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/28 00:12
My Dearest / supercell
My Dearest / supercell アニメ「ギルティクラウン」主題歌でもある、supercellの「My Dearest」発売。アニメは面倒くさくなって見るのやめてしまったけど、主題歌は最高にいい。さすがsupercell。涙出てくる、名曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/26 22:59
いっしょに、ねっ。 / 種ともこ
いっしょに、ねっ。 / 種ともこ うーん。種ともこの1stを中古で買いました。おそらく初版の’86年盤。わー、'86年のCDの音だ。ほとんどデータの軽いモワッとした音。懐かしい。技術の進歩、驚く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/25 23:00
蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ / SCORPIONS (2)
蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ / SCORPIONS (2) さて'78年のスコーピオンズは「TAKEN BY FORCE」とライブアルバム「TOKYO TAPES」を発表。ここでウリ・ロートが脱退。(同'78年、VAN HALENがデビュー)。'79年マティアス・ヤプスを迎えた新体制での「LOVEDRIVE」からは全く新しい音楽性に変化します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/16 20:39
蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ / SCORPIONS (1)
蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ / SCORPIONS (1) Scorpions「Sting in the Tail」。スコーピオンズのラストアルバムかと思ったら「セルフカバー&カバー・アルバム」の「Come Black」が今月発売。予約しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/15 20:54
school food punishment in liquidroom
school food punishment in liquidroom in bloom future nova ≠ 光 ウツロウ、サンガツ sea-through communication are ハレーション Ura Omote butterfly swimmer Transition period flashback trip syndrome RPG light prayer Y/N ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/08 00:25
Amaranthe
Amaranthe 今年のLOUD PARKにはARCH ENEMYが来るので観に行こうか、どうしようか悩んでいるままですが、他のメンツがあまり魅力がなくて・・・。 でも意外にこのAmarantheがカッコいい。 スウェーデン出身。 ポップなデスメタル、といっても半端なくポップなメタルフレイバーですね。 うわあ、聴き安すぎ。 でもそれぞれの楽器の実力、ヴォーカルの実力がそのアイデア、曲を完全にバックアップできてるところが凄い。 弱いところとか指摘しなくちゃいけないところなんてまったく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/29 23:41
最高のポニーテール?
最高のポニーテール? 「はずした瞬間を想像!? 男性が「ポニーテール」に惹かれる理由 」 http://escala.jp/jyoshi/2011/08/post_942.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 22:24
X JAPAN Live 超強行突破 七転八起〜世界に向かって〜 / 再会の夜
X JAPAN Live 超強行突破 七転八起〜世界に向かって〜 / 再会の夜 8月13日にWOWOWで再放送された、2010年8月14日の「X JAPAN WORLD TOUR Live in YOKOHAMA 超強行突破 七転八起〜世界に向かって〜 / 再会の夜」を今日見ました。 正直、今のX JAPANにはほとんど興味がなかったりするのですが、やっぱり昔の曲を聴くと燃えます。 TOSHIも音が不安定だし、YOSHIKIも微妙だったりするし、いまだにHIDEの音源を使ってたりしたりするのが僕としては「どうかな?」と思いつつ見るのだけど、やっぱりSUGIZ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 22:17
WONDER BOY / AFTER SCHOOL BLUE
WONDER BOY / AFTER SCHOOL BLUE そしてこちらはジュヨン、レイナ、リジー、イヨンで構成されたBLUE。 REDがSISTERだとすると、こちらの4人組は、出た、FIN.K.L.(ピンクル)初期。 曲もダンスも、K-POPファンなら誰でもすぐに思い浮かべるピンクル。ほとんどトリビュートみたいなものですね。 伸びのあるヴォーカル、ピンクルでのジュヒョン役はやはりアフタースクールNO.1ヴォーカルのレイナ。 さすがにジュヒョン並みとは行かないまでも、21世紀版ピンクル、立派に再現してます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 23:38
夜空に(Night into the sky) / AFTER SCHOOL RED
夜空に(Night into the sky) / AFTER SCHOOL RED ガヒ、ジョンア、ユイ、ナナ、で構成されたREDチーム。 ひさびさに「勇敢な兄弟」作曲の曲で登場、ですが、最近は「勇敢な兄弟」はSISTERをやっていたので、この「夜空に」もほとんどSISITERの曲(たとえば「ニッカジッケ」)みたいに聴こえますね。 音使い、やさしい音色のキーボードサウンド、ジョンアを中心としたコーラスによってアフタースクールらしくなってますが、なんというかAFTER SISTER、という感触です。4人組だし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 23:01
Let Us Just Love / A Pink
Let Us Just Love / A Pink チェ・ガンヒ、チソン、ジェジュン、という強力ラインナップで(「シティハンター」の後続として)はじまったSBSドラマ「ボスを守れ(Protect the Boss)」。 ドラマは未見ですが、ともかく注目はA Pinkの新曲ということで。 そろそろ「ああ、そうか、これがA Pinkのカラーなんだ」とオリジナリティ、独自の魅力が見えてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 16:25
kiss & cry 決勝 クリスタル編
kiss & cry 決勝 クリスタル編 クリスタル、君は何者だ? SBS「キム・ヨナのキス・アンド・クライ」、決勝はクリスタル VS ソン・ダムビ。(他2チーム)。 韓国芸能界きっての運動神経(と美)を持つ二人の決戦、優勝は(やはり)クリスタルだったようです。 技術も表情も、とても番組がはじまってから練習を始めたとは思えないほどのクウォリティに視聴者もキム・ヨナも驚き、のようですが、決勝の演技も驚きのあまりわれを忘れるほどの凄さでした。 この映像は今後、何度も見直すことになるでしょうね。 凄い、クリスタル。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 15:39
カラカバナ / f(x)
カラカバナ / f(x) f(x)の新音源「カラカバナ」、TAITOのオンラインゲーム「Puzzle Bubble」韓国版のOSTだそうです。 f(x)には珍しいかわいらしいメロディから、展開していってコーラス部分のカッコよさ、エンディングに向かってf(x)らしいカッコよさにつながっていく。 お気に入りに登録で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 15:13
Imagine / Chris Cornell
Imagine / Chris Cornell クリス・コーネル大好きな僕が見るからだろうか? こんな素晴らしいイマジン、なかなかない! と思いました。 やっぱ最高のヴォーカリストだわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/12 00:49
LIVIN' ON A PRAYER / BON JOVI
LIVIN' ON A PRAYER / BON JOVI BS-TBSで再放送された「SONG TO SOUL」の「LIVIN' ON A PRAYER」の回を見ました。 本当、この曲、特別すぎて巨大になりすぎて、もう何がなんだかわからないくらい神曲になってますね。 アダムとイブ、と同じくらいトミーとジーナの物語は神話になってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/11 21:38
The Court Of The Crimson King / KING CRIMSON
The Court Of The Crimson King / KING CRIMSON BS-TBSのSONG TO SOUL再放送、今週はキング・クリムゾンの「The Court Of The Crimson King」。 やっぱすげえなこの番組。 このファーストだけに参加、しかしながら、実際のところ、このアルバム制作においてメインのメンバーと言っていい、キーボードのイアン・マクドナルドの自宅まで行って実際にキーボード、アコースティックギターで演奏してもらいながら、曲解説してもらう。 作詞家であり、コンセプトリーダー、そしてグループ名の名付け親のピート・シンフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/11 21:29
BAD GIRL / GIRLS' GENERATION
BAD GIRL / GIRLS' GENERATION ツアーの興奮も冷めやらぬこのタイミングで、ライブでも中心となっていた曲「BAD GIRL」のMV登場。 ちょっと不思議なダンスが特徴的ですね。少女時代にしては珍しい、体を大きく動かす振り付けが多くて驚きました。 (そのため)背が高い組がおとなしく動くのとは対照的に、テヨンがジャンプっぽく激しく踊っているのが目を引きます。 (というかどんな動きしててもテヨンが目を引くんでしょうが・・・) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/11 21:20
Attack Attack!
Attack Attack! グロール・ヴォイス、ディストーションギターでグログロと始まったと思いきや、途中でイギリス・ダンスポップかとみまごうような度ポップメロ、キラキラキーボードが・・・。 かー、気持ちいい。 アメリカのエレクトロニカ・メタルコアバンドAttack Attack!の2ndアルバム。 ビルボード最高ランク26位だって? 凄い。 ヤングの音だね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/03 22:13
GOOD LOVE / カン・ミヨン
GOOD LOVE / カン・ミヨン カン・ミヨンの新曲「GOOD LOVE」のMV公開!。あいかわらず美しい。チョンゲチョン(清渓川)などソウルのデートスポットを歩き回る、ちょっとした擬似デートのようなビデオですね。 最近ほっぺたのふくらみを気にしているみたいだけど、いやいや、おキレイです、としか言いようがないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/01 22:40
DEVIN TOWNSEND PROJECT / DECONSTRUCTION / GHOST
DEVIN TOWNSEND PROJECT / DECONSTRUCTION / GHOST DTP(DEVIN TOWNSEND PROJECT)の新作が二枚同時発売。 早速プレイヤーに突っ込んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/21 22:34
goodbye baby / miss A
goodbye baby / miss A f(x)の活動も終わり、現在2NE1が活動中の中、いよいよmiss Aが始動。 1位を取るために準備してきた曲のはずですが、どうなりますか? ニュースによると、スジが高校の勉強のため、活動しないということだけど、それだったらさみしいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/18 03:56
1999 / PRINCE ('82)
1999 / PRINCE ('82) プリンスの「1999」(’82)。 2009年発売の紙ジャケSHM-CDで聴いてます。 最高傑作(のうちの一枚)ですね。やっぱり。いつ、何度聴いても。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/16 22:35
It Girl / A Pink
It Girl / A Pink A Pink の後続曲「It Girl」のMV公開。 5曲入りミニアルバムはどれもいい曲でしたが、「It Girl」が後続曲でした。 このMVではスローバージョンになってますが、Mカウントダウンではミニアルバムと同じバージョンでやっていたようです。 ほとんどKARAみたいな雰囲気の曲ですね。 デビュー当時の少女時代のような清純派(ちょっとださいファッション?)という近年にない、そして実は韓国でも(日本でも)長く待たれていた理想形ガールズグループの再誕に騒然となってますが、順調です... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/23 23:18
Hot Summer / f(x)
Hot Summer / f(x) 日本攻略中の少女時代の替わりに現在まさに天下を取ってるf(x)。 「ピノキオ」に続いて間をおかずに、またまた強力な曲でカムバック。 ビデオにしても曲にしても、あるいはメンバーのキャラクター作りにしても、やっぱり資本力が他の幾多の女性アイドルとはレベルが違うのをひしひしと感じますね。SMすごいです。 miss Aですらf(x)の活動時期なので逃げたような印象。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/17 23:16
Lonely / 2NE1
Lonely / 2NE1 音楽的なレベルが高すぎて、もはや(というか初めから)単なるガールズグループとはまったく違うレベルにいる2NE1。新曲「Lonely」登場。 今回とくに4人が均等にリードヴォーカルをとっているのが印象的でした。CLもミンジも(ボムと同じレベルで)すごいいい歌を歌ってますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/12 23:15
プリンセス・ジブリ / Imaginary Flying Machines
プリンセス・ジブリ / Imaginary Flying Machines Disarmoniamundiのメンバーを中心としたスペシャル・グループ Imaginary Flying Machinesによるスタジオ・ジブリ・カバーアルバム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/03 14:35
LAYLA (DELUXE EDITION) / DEREK AND THE DOMINOS
LAYLA (DELUXE EDITION) / DEREK AND THE DOMINOS この世で一番好きなアルバムのうちの一枚、デレク&ザ・ドミノスの「レイラ」、40周年、ボーナスディスク付きデラックス・エディション発売。 高校の頃買ったのから数えて3枚目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/29 22:22
Eyes That Never Lie / Petr Elfimov
Eyes That Never Lie / Petr Elfimov らばQではカメラワークの凄さでとりあげられていたビデオですが、ここはあえて、本編の映像で楽しんでみます。 ベラルーシのロックヴォーカリスト、Petr Elfimov。(なんて読むんだろう?そもそもベラルーシってどこ?みたいな) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/26 21:56
視線を下げて / HAM
視線を下げて / HAM HAMの新曲「눈높이를 낮추고(視線を下げて)」MV公開!。 先日の日本ショーケースライブで初お披露目された曲。ロックとポップがミックスされた、可愛くカッコいいHAMらしい曲ですね。 MVでは明るくカラフルなアイドル調の衣装と、モノトーンでロック調の衣装と2パターンの衣装を着ていますが、日本ショーケースの時にはガヒョンが革ジャンみたいなジャケットを着てるロック調のほうの衣装でしたね。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/22 22:17
親しい仲 / Lady Jane (2nd Single)
親しい仲 / Lady Jane (2nd Single) Lady Janeの2nd Single「親しい仲」MV公開!。 いかにもK-POPらしい主流のバラードですね。 このMVの澄んだ冬の青い空と同じくらいきれいなLady Janeの声。気持ちいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/21 20:22
Say You Love Me / G.NA & HyunA
 Say You Love Me / G.NA & HyunA G.NAとHyunA(4MINUTE)による2010年11月発表のデジタル・シングル「Say You Love Me」。 今回発売された正規1集「BLACK & BLUE」には残念ながら収録されてないのですが、 これ、すごくいい曲で、G.Naの声の魅力(愛しさとせつなさと力強さと)が最大限に発揮されている名曲ですよね。 ヒョナも4MINUTE以上にラップにメリハリがあるようで、本業のラッパーのようでムチャクチャカッコいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 22:32
MV2曲 / 5DOLLS
MV2曲 / 5DOLLS 男女共学から女性陣4人と新メンバーのソ・ウンギョを加えた5人で新ユニット「5DOLLS」として活動開始!。 MVはなんとジェボム(!)と共演。 PART1 「입술자국」 (Lip Stains)(唇の跡)、 PART2 「너말이야」 (Your Words)(君のことだよ)。 ジェボムをめぐる2人の女の子のラブストーリー。同じ物語をそれぞれの視点から描き、2本の作... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/20 17:20
パパラッチ / カン・ミヨン (ダンスバージョンMV)
パパラッチ / カン・ミヨン (ダンスバージョンMV) カン・ミヨン「パパラッチ」ダンスバージョンMV公開。 何度見ても魅力的なダンスですね。 微妙にけだるい感じのカン・ミヨンのダンスがまたセクシーでいいです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/18 21:00
HAM LIVE@Asia / 1st JAPAN LIVE in clubasia
HAMのライブ見てきました。 やっぱりHAM最高ですね。 本国でも単独公演は経験がなく、初めてだそうです。本当の初ステージ。 日本でファンをやっていて、逆に良かった一面だったようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/17 23:15
パパラッチ / カン・ミヨン (Feat.エリック)
カン・ミヨン、新曲「パパラッチ」MVが公開されたようです。 ラップはエリック!MVにはSS501マンネ・ヒョンジュンとまたまた豪華なフィーチャリングで。 現役(男性)アイドルを手玉にとるお姉さん、というイメージが完全に板についてきて、BABY VOX時以上に暴れてくれているようで、ファンはうれしいですね。 さすがです。カン・ミヨン。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/16 20:43
THE GREAT ESCAPE / SEVENTH WONDER ('10)
去年の年末に発売されたSEVENTH WONDERの「THE GREAT ESCAPE」。 とてつもなく素晴らしい作品で、発売以来何回聴いたかわからないくらいです。 なんでこんな凄いグループのアルバムが日本盤発売されてないんだろう? と疑問に思っていたのだけど、ついにハピネットから発売のようです。 このハピネットって会社、微妙にメタルに明るい(愛のある)人がいるらしいですね。 (最後のほうにAMAZONに出ていたキャッチを引用します。なかなかいいキャッチですね。) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/11 15:53
Sunshine / カン・ミヨン (feat ジュンス from 2PM)
カン・ミヨンのニュー・ミニアルバムから「Sunshine」のMVです。 前回(MBLAQミル)に続いて今度はジュンスをフィーチャリング。若手アイドルとの「きれいなお姉さん」的ポジションを確立した、んでしょうか?。 ともかく、今回のMVのようにほんわかした歌い方、笑顔の多い作品のほうが、カン・ミヨンらしくていいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/09 20:46
これがビートルズだ
この週末は中山康樹のビートルズの全曲解説本「これがビートルズだ」(講談社現代新書)を読みながら、ビートルズ全曲聴きをやりました。 全曲といっても、アルバム15枚だし、曲もビートルズは(とくに初期)短い曲が多いのでさほどの時間はかかりません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/01 21:34
QUEEN GREATEST HITS
QUEEN40周年、フレディ・マーキュリーが亡くなって20年、という2011年はQUEEN YEAR!。QUEENのカタログがユニバーサルに移籍、新リマスターで順に再発されるということで、第一弾としてベスト二枚が発売されました。 さて、そのリマスターSHM-CDの出来のほどは?ということで…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/22 22:34
RUSH IN RIO
今晩はRUSHのLIVE DVD「RUSH IN RIO」を見てます。2003年作品。 RUSHのLIVE DVDは発売されてるものはほとんど全部見てるのですが、一番熱狂的なファンにサポートされたという「IN RIO」はまだ見てませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/15 23:15
Animals As Leaders
Tosin AbasiというギタリストのプロジェクトグループAnimals As Leaders 。 8弦ギターによる超絶ギター・インスト・メタル。 サイドギターも8弦ギターで激太のリフの上にきらびやかでセンスの際立つリードギターが乗っていきます。 打ち込みも入っているようですが、タッピングによるサウンドがキーボード的、宇宙的ですね。 ドラムもウルトラです。 2009年発表のファーストアルバムから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/16 00:35
Don’t Stop The Music / 2NE1
結局今年も2NE1の年だったな。やっぱり凄いな2NE1と思ってたら、まだ終わってなかったようですね。 ヤマハのスクーター「フィオレ」のタイアップという曲のMVが公開されたようです。 カッコいい。 ボムの髪が黒くなってます。 たしかに今年のアルバムの活動曲とはエネルギー、タッチが違う曲ですが、それでも充分カッコいいじゃないですか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/02 22:31
THE ULTIMATE COLLECTION / BON JOVI
僕は輸入盤で買いました。二枚組で1000円台は安い!ので。 歌詞カードはなくても、いまどきLYLICSで見れるしね。 ただ国内盤はSHM-CD。すごく気になるのはたしかです。 この輸入盤でさえ、昔の曲の音のクリアさに驚き。 20年前の曲も最近の曲も、音のミックス的にはほとんど違和感を感じないで聴けるのがすごい。 このベストを作るにあたって、音もしっかりこだわり抜いてますね。半端な仕事はしてません、BON JOVI。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/11 23:56
Grand Mint Festival 2010 / (4) TIAGO IORC
パク・セビョルを見終わった後、そのまま10CMを少し見て、club midnight sunsetステージに移動してオ・ジウンを少し見た。でも、あまり面白いと思わなかったので、mint breeze ステージに移動、Tiago Iorcを見ることにしました。 韓国に韓国のアーティストのライブを観に来たんですが、なぜか、ブラジル出身のアーティストのライブを見ることになりました。 「Nothing But a Song 」。名前とか顔とか知らなくても、誰でも知っているヒット曲。ティアゴ・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/09 23:17
It Hurts / 2NE1
2NE1、4曲目の活動曲「アッパ(痛い)」MVです。(TO ANYONE5曲目に収録) これまで披露していたカバー曲などで2NE1のバラードの実力は知られてましたが、オリジナル、活動曲としてははじめてのバラード曲ですね。 ふだんラップ中心のCLもローリン・ヒルに憧れて歌手を目指したというそのR&B感覚あふれたヴォーカル、すごくうまいです。そういえば少しレゲエタッチのこの曲、ローリン・ヒル的?。 天才パク・ボムはもちろん圧倒的。 そしてミンジの(下手すると一番大人びている)ヴォーカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/01 22:53
Twilight Dementia / Dragonforce ('10)
そういえば、ドラゴンフォースのライブ盤買いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/03 21:23
Too Late / 男女共学 Co.ed  
Too Late / 男女共学 Co.ed   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/02 23:55
guys / New Stage
http://www.bandguyz.com/top-j.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/26 23:10
"Группа крови" (Blood Type) / YB
今回YBがカバーしている"Группа крови" (Blood Type) はロシアのロックグループKINOの1988年のアルバム「Gruppa krovi」からの曲のようです。 (さすがにこれは入手不能でしょうね) グループの中心人物であるViktor Tsoiは韓国人の父とロシア人の母を持つ韓国系ロシア人。1990年8月15日、28歳で自動車事故で亡くなっているとのことです。 KINOとViktor Tsoiはロシアのロックのパイオニアの一人であり、亡くなってからもそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/25 15:56
Aldious - Ultimate Melodious
アルディアス。 こちらは女装してるメタルバンドではなく、 女性が女装してるメタルバンドですね。 女性が女装してるなら普通では? いや、これは普通ではないよな。 ではこれは何装だ? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/19 22:07
Touch Me,Seiko II
あのカップリング・ベストとして松田聖子ファンにとってマストアイテムだった「Touch Me,Seiko」、26年ぶりに続編登場! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/18 23:11
LIVE ON THE EDGE OF FOREVER / SYMPHONY X ('01)
SYMPHONY Xのライブ盤、「LIVE ON THE EDGE OF FOREVER」 ちょいプレミア価格なのですが、輸入盤が(ある程度)安くAMAZONに出たので、 ようやく入手しました。 2001年発表の、今から見れば初期の、ライブアルバム二枚組ですが、 想像以上に素晴らしかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/16 22:41
PRECIOUS / MISERY SIGNALS
つづけて、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 22:08
宇宙飛行士への手紙 / GREAT WHITE
バンプの新曲のジャケット、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 22:05
JURIAN BEAT CRISIS / JURIAN BEAT CRISIS ('10)
全作詞・渡瀬マキ、全編曲およびギター・平川達也、と、LINDBERGチーム完全バックアップによる新人(川上ジュリア)JURIAN BEAT CRISISのデビューアルバム。 こんなべたな'90年代J-POPロック、2010年にやって許されるの?というくらい、当時のままのサウンドですね。 実を言うと僕は布袋(BOOWY)のギターと同じくらい平川達也(LINDBERG)のギターをコピーしていた世代なのでむちゃくちゃ懐かしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/06 21:41
ソン・シギョン in 渋谷C.C.Lemonホール
ソン・シギョン in 渋谷C.C.Lemonホール 「プレミアム・パーティー'10 SUMMER Acoustic Live & Talk」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 1 / コメント 10

2010/08/16 23:15
スマパン in STUDIO COAST
スマッシング・パンプキンズ見てきました。 僕は15年ぶり?懐かしい。 前座でユッキーのACID ANDROIDと、凛として時雨が出演。 だったのだけど、仕事終わってから行ったので、ついた時間にはACID ANDROIDは終わってました。残念。 しかし、前から見たかった凛として時雨のライブをついに見れました。 というかむしろ、スマパンより、凛として時雨のライブのほうが目当て?という話も。Tシャツも凛として時雨のは買いましたが、スマパンのは買ってないし。 というか今で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/12 01:49
こっち向いてBaby / ryo (supercell)feat. 初音ミク
既にsupercellとしての活動でも大ブレイクしているryo (supercell)の原点に帰るというか、アンコールというか、デビューアルバムに続いて、一年ぶりにもう一度初音ミクvocalでシングル発表したようです。 supercellだったら迷わず買うのですが、初音ミクvocalは迷うところです。 でもジャケットが宇木敦哉のイラストと知り、急いで買いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/08 15:04
20ten / prince ('10)
princeのニューアルバムが出るというので頼んでおいたものが今日届きました。 なんか思い切り安い紙に入った雑誌のおまけみたいなパッケージのCDが来たので、最近のプリンスはエコだなあ、と思いつつ、よく調べたら、これはヨーロッパのみでフリーで限定配布したCDなんだそうです。 amazon.com、アメリカでは買えないらしい。ヨーロッパから輸入したらしいamazon.co.jpも予約数だけで既に完売していたよう。 何も考えないでいつもどおりprinceなので注文しておいただけなのに意外... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/06 21:34
miss A (祝) M-COUNTDOWN 一位!
デビュー早々、miss Aの「Bad Girl Good Girl」がM-COUNTDOWN一位!。凄い。 M-COUNTDOWNは(所属事務所などにより)出演アーティストに偏りがあり、他の音楽プログラムに比べ一位をとり易い、という面はあるにしても、デビューして二週め三週めという時点で一位というのはやっぱり例外中の例外ではないでしょうか。 それだけあっという間に人気が沸騰したということでしょう。 僕もとにかく曲よし、ルックスよし、もちろんダンスよし、歌もよし、とさすがJYPと思える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/22 22:15
ミュージック・バンク 上半期スペシャル でのテヨンの様子
ミュージック・バンク 上半期スペシャルで少女時代のテヨンがエンディングのコメントで番組に対し「もっといい環境をお願いします」と言ったというのが話題(とバッシング)になってましたが、その回の放送が日本でも今週KBS WORLDで放送されたので見れました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/17 11:41
THE FIRST MINI ALBUM / ORANGE CARAMEL ('10)
AFTER SCHOOLの新入生たち3人によるニューグループ、オレンジキャラメル。 「最近のAFTER SCHOOLのメンバーは日本人ふうの名前をつけてくるなあ」と思っていたのですが、「ノッテムネ」時加入のレイナ、ナナと、もう一人、「BANG」時加入の最新メンバー、リジーを加えてこんなグループを作ってしまいました。 見てわかるように、ずばりコンセプトは「日本のアイドルグループ」風。 日本のアイドルグループといえば、下手っぴな歌と、意味不明なダンス。 韓国のアイドルグループはどこか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/10 22:29
FLOWER TUNES / FLOWER (5TH & SPECIAL EDIT) ('10)
コ・ユジンのFLOWER。ロック・グループとしてのFLOWERの5年ぶりのカムバック!の5集です。 VOCALコ・ユジン、GUITARコ・ソンジン、BASSキム・ウディというオリジナル・メンバーが再集結、このメンバーでこの夏は再結成コンサートをやるようです。見たい。 でも実際には、その5年くらいの間、コ・ユジンがソロとして(=FLOWER)として活動していたので、この再結成はちょっと不思議な感覚です。 ソロのほうがいろんなスタイルの音楽ができるし、FLOWERのような定番ロック... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/09 23:04
ララスイート (EP) ('10)
ララスイートのデビューミニアルバムです。mintpaper project vo.3 「Life」の3曲目に収録されていた「good bye」という曲を気に入ってこの作品もチェックしてみました。 ヴォーカル&アコースティック・ギターのキム・ヒョナと、キーボード(ピアノ、メロディオン)のパク・ビョルの女性二人組ユニットです。 女性二人組のアコースティック・ユニットというとなんとなく、ほんわかした可愛らしいサウンドを思い浮かべそうですが、けっこう重厚感のある深い音楽をやってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/06 22:41
TODAY & UNCOLLECTED / Galaxie 500
僕らの青春、ギャラクシー500、'88年のファーストに当時のアルバム未収録曲、未発表曲を集めたボーナスディスクをプラスした二枚組です。 3タイトルが3月に発売して「買おうかな、どうしようかな?」と悩んでたら、あっという間に完売したらしく、困ってたら、そろそろ中古で出回りだしたようで、中古で買いました。よかった。買えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/18 23:13
Day off / verandah PROJECT (キム・ドンリュル&イ・サンスン) ('10)
キム・ドンリュルと、(ローラーコースターのギターの)イ・サンスンの二人によるアコースティック・プロジェクトです。 ヴェランダの名のとおり、ボサノヴァ・タッチの曲もあり、ゆるい夏の午後の雰囲気を出してます。 ローラーコースターからはチョ・ウォンソンも2曲友情参加。 二人の双頭プロジェクトということで、キム・ドンリュルのストリングスなどの大作風味、ポップ風味と、イ・サンスンのアコースティックギター一本の手作り風味、ロック風味がミックスされ、面白い味わいになっています。 たしかにいつも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/18 00:35
G.P.F. (8) CASKER
TARUのライブが終わり17:30、大満足のまま、次に見る予定の18:40のCASKERまでは一時間近くあった。とくにこの時間見たいステージもなかったので、軽くぶらつくことにする。 と言うか、18:00からTARUのサイン会というのが行われるということでちらっと覗きに行くことにしました。 よく知らなかったので、サイン会の事前受付というのが行われていたのを知らず申し込みはしていませんでした。ちょっと残念・・・。 ライブ終了から間もなくだったので、ずいぶん慌しいことで、ファンたちもまだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/15 22:41
INNOCENCE / DAVICHI ('10)
ますます美しさに磨きをかけているカン・ミンギョンとイ・ヘリのお二人のニューミニアルバムです。 タイトル曲の「時間よ止まれ」は前回の「8282」と同じパターン、静かなパートと盛り上がるパートが急激なギアチェンジで行ったり来たりする曲ですね。 「8282」がダンス曲的だったのに対して「時間よ止まれ」はロック的なアレンジになっている違いはありますが、もうこれがDAVICHIの黄金パターンになっているのかもしれないですね。 きわめて表現力が広い歌い手が、二人いて、その二人を3分間という短い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/15 00:01
Emotion / jb ('10)
去年のシングル「1987」のMVがmnetでへヴィローテーションだったのではまっていた超美系歌手jbの'10年新曲です。 「1987」のMVでは、ナチュラルメイクにきれいなストレートロングヘアーのjbをソフトフォーカスでずっと撮り続けただけの、ほとんどイメージビデオというくらいナチュラルなjbのルックスを前に出した作品で、歌以上にそのルックスに惹かれたものでしたが、歌謡番組に出演して歌うときはメイクが濃いし、衣装もいまいちなドレスだったので、マイナーな歌手だとこういう状態になるものなん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 22:06
I am me / RUMBLE FISH ('10)
ランブルフィッシュのミニアルバムです。ランブルフィッシュもいつのまにか完全にチェ・ジニのひとりグループになってしまっているようですね。 もともとほかのメンバーはいてもいなくても演奏してるのが誰でもいいようなものだったとは思いますが、音楽も以前のランブルフィッシュとは違って、もうロックではないですね。 前回、チェ・ジニがソロとして出したシングルはポップソングでしたが、「ロックよりのバラード歌手」みたいな活動の時は、チェ・ジニ、としてではなく、ランブルフィッシュとして発表するんですね。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 21:25
GALNERYUS + 小野正利
ガルネリウスに小野正利が加入というニュースを見た時には「なんのこっちゃ?」と思いましたが、うーん、かなりいけるじゃないですか? いよいよアルバム発売一週間前、期待に胸が高鳴ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 20:20
school food punishment in liquidroom
目下、僕が日本の音楽の中で一番好きで大切に思ってるグループ、school food punishmentのライブ、リキッドルームで見てきました。 前回の2月の渋谷のクワトロでのライブに続いて二回目です。 前回のライブは5枚目のシングル「future nova」発売前、そしてメジャー1stアルバムも出てなかったので、半分くらいインディーズのアルバムの曲をやっていたのに対して、今回はEPICからのメジャーデビューアルバム「amp-reflection」のツアーということでアルバムからほぼ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/12 01:16
Heima / SIGUR ROS (DVD) ('07)
ポストロックバンドの代表格のシガー・ロスのDVDです。 ポストロック系の音楽って実は僕はとっつきにくい感じがしてなかなか聴いていく機会がなかったのですが、このシガー・ロスは前からいろんなところで名前が出てきていたので気になっていたグループでした。 たまたま検索してたらDVDがすごい安い値段で買えるのを知り、入手しました。 2枚組で一枚で地元アイスランドでの凱旋ツアーのドキュメンタリー映画、もう一枚はその映画で使われた各地でのライブシーンの完全版で収められているという、シガー・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/07 23:58
NU ABO / f(x) ('10)
韓国ガールズグループの頂点で活躍しつづける少女時代が、韓国ミュージックシーンの主流音楽で常に頂点をキープするための商品づくりをされているのに対して、妹分のこのf(x)は常に革新的で、新しい次世代のガールズグループの姿を提示し続けています。 活動曲は、一聴してぱっと入り込める曲ではなく、「変わった曲だなあ」と思いながら聴いているといつのまにかはまっていく、という曲。 そして、ダンスもこれまでにあったどんなガールズグループとも違った変則的な動きを見せてくれます。 とにかく「新しい!」と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/06 23:59
メイン・ストリートのならず者
ストーンズの「メイン・ストリートのならず者」デラックスエディションを買いました。 国内盤はSHM-CD仕様な上に、ボーナスディスクのDISC2の曲が一曲多いということで少し値段は高いのですが国内盤を選びました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/05 22:02
RAW POWER / IGGY AND THE STOOGES (LEGACY EDITION)
4月に発売された「RAW POWER」のLEGACY EDITIONです。 PUNKはここから始まったと言われる'73年の作品ですね。 PISTOLSのスティーブ・ジョーンズも、DAMNEDのブライアン・ジェイムスも、CLASHのミック・ジョーンズもこのアルバムを聴いてギターの弾きかたを覚えたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/01 22:50
the early albums / THE MIRACLES
先日ジョン・レノン・ミュージアムに行ったときに気になってしまったのが、ジョンが持ち歩いていたという携帯型ジュークボックス。7インチシングルが40枚ほど入るというもの。 旅行などで持っていくということで、今で言えば ipodみたいなものですね。時代が変わるとこうも違うか、という。 ともかく、ジョン・レノン・ミュージアムではその携帯型ジュークボックスが展示してあり、中に入っていたシングルも同じものを揃えて展示してました。 このジョンの選曲、そのままでCD化したら売れるのでは?... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/31 21:12
315360 / キム・ユナ ('10)
ジャウリム(紫雨林)のキム・ユナの三枚目のソロ・アルバムです。 ジャウリムでの活動も大部分キム・ユナが作っているわけですが、あくまでロックグループとして、いくばかの大衆性、ポップ性も考慮に入れた作品作りをしているのに対して、自身名義のソロアルバムではアーティスト性全開で思い切りアート感覚に溢れた、そしてキム・ユナにしかできない内面世界を描いた作品を作ってきます。 一曲めのタイトルも「おかしな世界のリリス」。描いている手法が一筋縄では行かないような。 僕はジャウリムも好きですが、どち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/30 23:11
2 DIFFERENT TEARS / WONDER GIRLS ('10)
2週間限定の韓国での活動を終えアメリカに戻ってしまったワンダーガールズですが、やっぱり、韓国最強の女性アイドル、ソヒはあいかわらずむちゃなレベルでかわいかったですね。 ソンミの脱退でワンダーガールズの魅力もかなり減少しているのでは?と危惧してましたが、ソヒがいればやっぱりワンダーガールズはトップクラスでした。 新メンバーのヘリムは正直、ソンミには比べられないと僕は思うのでなんとも言いようがないです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/30 16:44
訃報 GURU (GANG STARR)死去
TOWERレコのメルマガ読んでたらGURU死去のニュースが! ? http://amebreak.ameba.jp/news/2010/04/001431.html いやあ、久しぶりにショックです。 マイケル・ジャクソンが亡くなったときも世間一般と同じようにショックだったものだけど、とくに僕が直接ファンだったわけでもないので、どこか他人事のようなところもあった。 けど、GANG STARRのGURUはもう当時(20年くらい前か?)の僕のヒーローのうちのひとりだったのでかなりずっしりきて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/24 01:06
GREEN PLUGGED FESTIVAL HP
いちおう僕も見に行くつもりなのですが、 韓国のロックアーティストたちが一堂に会する最大規模のロックフェスティバル、「GREEN PLUGGED FESTIVAL」のホームページがオープンしたようです。 http://www.greenpluggedfestival.com/index.asp もう一ヶ月前なんですが・・・。 現在テストアップ状態みたいでほぼユーザー書き込みは白紙みたいな。 でも参加アーティストのインタビュー映像が見られ気分が高まってきますね。 まだ最終参加アー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/21 23:11
lamb of god japan tour 2010 liquidroom
恵比寿リキッドルームで、lamb of god見てきました。 最強(凶)のライブでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/20 23:36
ハン・スンヨン骨折?
今日のm countdownはイ・ヒョリのカムバック・ステージでしたが、それよりもKARAのスンヨンが右腕を吊っている姿が心配で見てられませんでした。大丈夫なのかな?。 しかし、今回の「ルパン」の活動はスンヨンは、足をもつれさせて思いっきりこける回があったり、ちょっと散々な活動だったのでは?。髪型をショートにしたのが殺人的にかわいく、ルックス的には大成功だったのに。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/04/15 22:09
LIVE AT THE PERSHING LOUNGE / AHMAD JAMAL TRIO
中山康樹の「マイルス・デイヴィス 青の時代」を読んでいて、「そういえばアーマッド・ジャマルって聴いたことなかったな」と思って取り寄せてみました。 「アット・ザ・パーシング・ラウンジ 1958」です。 なるほど、ソフトなタッチと柔らかなセンスがたしかに「カクテル・ピアノ」と揶揄もされそうな聴きやすい音色ですね。 そしてたしかにマイルスが曲に音をのせていくのと似たような感覚で、ピアノの音を乗せていっています。 たしかに「卵の殻の上を歩く」スタイルです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/12 23:58
D-LOOP ('97-'98)
D-LOOP大好きでした。 ニュースにショックを受け、めったに開けない8CMシングルコーナーを探り、'97-'98年当時のシングル3枚引っ張り出してきました。 改めて聴くと、やっぱり名曲です。どれも。 MINAMIも少女とも少年とも聞こえる本当にいい声してます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/06 23:11
激震!TVXQ活動休止!
とうとうこの日が来てしまいましたね。 ここまで巨大なグループが止まってしまうと、国家的規模で経済に影響してしまいます。 これからどういう動きになっていくのか? エイベックスにしてもSMにしてもこの巨大な売り上げを埋めるための次の手を打たなければいけないわけだから、なにかまた別の大きな波を起こさないといけないですからね。 女性グループ(少女時代)投入?、スーパージュニア、シャイニーなど弟格にしてもTVXQの再現は不可能だろうから、なにか根本的に違う動きが行われるはずです。 楽しみというか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/04 11:59
SLASH ('10)
SLASHの(ファースト!)ソロアルバムの登場! 参加メンバーが凄いですね。ドラムが元(NINE INCH NAILS)の(現在最高のドラマーのひとり)ジョシュ・フリース。ベースはよく知らない人だけど、すでにジョシュ・フリースが叩いている時点で最高のリズムセクションなのは決定していますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/02 23:29
パク・ギヨン結婚おめでとう
パク・ギヨンが五月に結婚とのニュースが。 だいたい結婚のニュースがあると「え!結婚しちゃうの?」と反応してしまうものと、「それはよかった」と反応するものと二通りあると思うのだけど、こちらは友人の結婚の話のように普通に「よかったね」とうれしくなったニュースでした。 パク・ギヨンはなんかそういうキャラクターですね。 安定した実力でいい音楽を作り続けてくれるパク・ギヨン。 7集が準備中という消息もあり、どんどん幸せになって、幸せなアルバムを届けてくれ、と思いました。 おめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/01 22:28
KARA first showcase in JAPAN 2010
赤坂BLITZ行ってきました。しかも昼夜二回とも見てしまいました。とくに用事もないのでいいか、と思ってどちらも見たのですがさすがに疲れましたね。と言っても見ている間はあっという間という感じの楽しい時間でしたが。 まずは客層に驚きました。どちらの回も半分以上女性ファン、しかも10代くらいのKARAと同年代のようなファンがかなり多かったこと。SS501ファンから来ているんでしょうか? よく考えてみるとなるほど、という感じなんですが、やっぱりK-POPブームは女性ファンが中心だし、KARAみたいな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/07 22:27
ABINGDON ROAD / ABINGDON BOYS SCHOOL ('10)
(Japanese Side) 01. STRENGTH. (music: Toshiyuki Kishi) 02. JAP (music: Shibasaki Hiroshi) 03. キミノウタ (music: Shibasaki Hiroshi) 04. From Dusk Till Dawn (music: Shibasaki Hiroshi) 05. PINEAPPLE ARMY (music: Shibasaki Hiroshi) 06. 潮騒 (music: Toshi... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/30 23:57
(SHM-CD) NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL / ALCATRAZZ
アルカトラスのデビューアルバム、SHM-CDで再発したのが届きました。 さて、音はどう違うかな?と半信半疑でかけてみましたが、「おおっ!」 これは違います確かに。 もともと持っていた'96年発売のCDと聞き比べてみましたが、音の分離、ドラムの音、ギターの音、だいぶ違います。予想以上。いい仕事してるじゃないですか。ハピネットさん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/27 23:14
ソンミ脱退!
ワンダーガールズからソンミが脱退したようです。 ついにこんな日が来てしまいました。予想されていたことですが、ものすごくショックです。 たしかにただの韓国の一アイドルグループで終わるのではなく、アメリカでアーティストとして成功することは目標としては素晴らしいことでしょうし、実際ビルボードにランクインという足がかりもつけて、可能性も見えているのでしょうが、同じ年くらいの「少女時代」のメンバーが大学に入学したりと学業と芸能活動を両立させているのを見れば、アメリカでの活動のために、高校を中退してまで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/24 21:04
パク・ヒョシン・コンサート 中野サンプラザ
パク・ヒョシンのコンサート行ってきました。 まず、本当に席が近くて、ちょっと他の熱心なファンのかたがたには申し訳ないくらいでした。 顔もはっきり見えて、男性客がかなり珍しい比率のせいか、何回か目が合った気がしました。 中野サンプラザは二階までほとんど満員というくらい入ってたようです。凄かったです。 日本での初コンサートなのに、こんなに人気があるんだと驚きました。 前半はバンドもいいし、歌もいいし、本当にいいコンサートが始まったな、と思ったんですが、 風邪をひいていてコンディショ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/23 23:26
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (17-20)
17. HEARTBREAK HOTEL (4TH ALBUM SIDE A) / GAVY NJ 去年から手堅いヒットを飛ばし続ける三人組女性バラードグループ、GAVY NJの9月に出た4集(半分)。活動曲「やつれたって」はまたまたいい曲でした。 黄金パターンを発見したというか、メジャーアーティストの仲間入りすると作品作りもAクラスのものになるように動いていくものなのか、どの曲も安心して聴ける感じです。 歌い上げるヴォーカルスタイルのヒヨンのクライマックスに向けて他の二人が他の部分をバト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 23:58
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (14-16)
14. GLOWING UP (1ST ALBUM) / IU...IM (2ND MINI) / IU ソロ・アーティストとして今年のガールズグループ・ブームの中をひとりでソロ・アイドルとして泳ぎきっていったアイユー若干16歳。 「BOO」、「イッチャナ」を中心としたフル・アルバムに「マシュマロ」を活動曲としたミニアルバムの他にもドラマ主題歌のバラードを数曲発表とどれだけ働いてるんだろう?というくらいの動きぶり。しかもどの曲も恐ろしく完成度の高い歌唱。声の使い方や表現の仕方のパターンが本当... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/12 23:59
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (11-13)
11. SOUND G / BROWN EYED GIRLS どこまで行くんだ?ガイン、というくらいのR指定パフォーマンスで、以前は想像も出来ないくらいのセクシーグループになってしまったブラウンアイドガールズ。 どうもこの方向性は僕はなんとなく嫌でその音楽性とは別に評価を低くしてしまってました。 でも「ABRACADABRA」のブレードランナーをイメージした衣装、近未来グラムサウンドはたしかにカッコよかったです。 ガインのエロイメージはこの作品の活動が終わったら離れてほしいと思ってるだけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/11 23:55
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (7-10)
7. ATOMOS (8TH) / SEOTAIJI 個人的に2009年最も期待していたソテジのアルバムでしたが、意外にあっさり「朝の雪」の発表を最後に8集活動を終了させてしまい、すっかり肩すかしされた感じがしました。「MOAI」、「SECRET」と先行シングルで発表済みの6曲に「朝の雪」を含む新曲2曲にリミックスを加えただけだったので、ちょっと残念でした。リミックスを含めないと8曲入りなんて納得できないですよね。 曲はどれもすごく良く、大好きだったけど、そんな残念感があったためにこの位置で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/10 22:11
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (4-6)
4. (6TH) VOCOLATE / (SINGLE) INSOMNIA / WHEE SUNG 今年は「インソムニア」がむちゃくちゃカッコいい!と思ってフィソンに注目してたところ、10月に出た6集「VOCOLATE」、活動曲の「チュルル」がこれまた本当に名曲、名盤で、このアルバムにどっぷりはまってました。全曲活動曲になるレベルの充実した曲が並んでます。 それぞれの曲も、ジャケットやタイトルのように、ちょっとビターでちょっとスイートなチョコレートのような味わいのソフトなR&B。 基本的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/05 23:42
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (1-3)
2009年のK-POPは本当にとてつもない年でした。思い返すと「これ全部2009年にあったことだっけ?」と驚くほどの状況で。 アメリカで活動中のワンダーガールズの不在を埋めて余りある無数に活躍するガールズグループたち。 その中心にいた2NE1の爆発っぷりが凄まじかったです。 年初から「Gee」で無敵状態で飛ばしていた少女時代の活躍をすっかり忘れさせるほどの2009年後半の2NE1劇場でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/04 22:14
SLOW ATTACK / BRETT ANDERSON ('09)
ブレット・アンダーソン(ex スウェード)のソロ名義三作目となる新作「スロー・アタック」。 ソロ名義になってからの作品はブレットがいつでもまとっている「美意識」、「美」というものをとっぱらってしまったかのような「裸」、素顔のブレット個人をそのまま写し取ったような作品で、僕はいまいちな気がしてました。 「大人」のアーティストであることよりも、まだまだ「ロック」的な美学の中でブレット様には活動していてほしかったからです。 「ロック」をつくれる人間などそんなに多くはいないのですから、巨匠ブレット... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/22 22:58
2NE1 ! ! MNET MUSIC AWARDS
SMエンタテイメントの不参加などでどことなく盛り上がりにかけるような今年のMNET MUSIC AWARDSでしたが、 「今年の歌」賞は2NE1!。今年は本当に2NE1の年だったので、ここだけとれば満足できるようなショーだったですね。 そして「今年の歌手」賞は2PM。ジェボムの事件で本当に大変だった2PM。コメントでも絶えずジェボムの名前を出し、戻ってくるのを待っているという言葉に感動します。本当に、来年には戻ってきてもらいたいですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/21 23:14
COLLECTION / SS501 ('09)
SS501のアルバムを初めて買いました。お目当てはジョンミンの(元LOVEHOLIC)チソンとのデュエット曲「ハミョヌン アンデ」。名バラードです。 リーダー・キム・ヒョンジュンは花男でのジフでの美男ぶりやバラエティ(結婚しました)などでの独特の間のとりかたの面白さで、(普通にだれでもと同じように)好きですが、実は僕はSS501の5人の中ではジョンミンが一番好きです。 ヒョンジュンが遊びでつくるという自作の小説でジョンミンに迫られるという設定をするなどが納得できるような、いかにもBLなルック... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/26 00:07
CLAZZIQUAI at 赤坂BLITZ
行ってきました。 クレジクワイ・プロジェクト、赤坂BLITZ。 ホランはキュートだし、アレックスはカッコよく、面白かった。 レーザー光線、や背面モニターの映像などの演出が決まっていて、 静かめの曲も、ややムズカシメのマニアックな曲も退屈させることなく、というか逆に神秘的に聴かせていて、しびれました。 MCは韓国語、英語、日本語のチャンポンでしたが、韓国語もさほど難しいことは言ってなかったので聴き取れましたが、本人たちも、いいステージでリラックスして楽しんでいるような雰囲気で、こちらも気... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/19 23:02
チェボム!
2PMといえば、チェボムでしょう。 脱退?マジですか?本当にショックですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/08 22:52
ハン・フィジョン / ひも ('09)
THE THEのヴォーカルだったハン・フィジョンのソロ・ミニアルバム。こちらもPASTEL MUSICから発売。 目玉はNELLのキム・ジョンワンの参加です。 全曲彼女の作詞作曲、基本的に全曲アコースティックギターの弾き語りで、アレンジ、演奏もすべて彼女ひとりでやっているらしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/19 23:59
FIRE VS GENIE
2NE1の「FIRE」「I DON'T CARE」を中心としたミニアルバムと、GIRLS GENERATIONの「GENIE」「ETUDE」を中心としたミニアルバムの対決が6-7月に行われてましたが、僕はどちらかというと2NE1のほうが上でした。 というより、2NE1最高!と思って活躍を期待してたのに、突然ソニョシデがCOMEBACKしてきて「邪魔された」みたいな感触を受けてしまいました。 「早いよ」「もうちょっと2NE1の活躍を見せてよ」と。もともとは少女時代ファンなのに・・・。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/29 00:36
FIRE / 2NE1
スーパーカッコいいですね。2NE1「FIRE」。 女子版BIG BANGということで実力は半端ないようです。 RAPもヴォーカルも「ちょっと待て・・・」というくらい呆れるほど上手い。YGエンタテイメントが確信を持って送り出す最高のガールズグループ、ということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/11 00:55
DREAMS COME TRUE / BIURET ('09)
女性ヴォーカルのムン・ヘウォンを中心とした3人組ロックグループBIURETの2集です。 1集がダーク&メランコリックなイメージだったのに比べて、なんかフツーのグループになったなあ、とやや拍子抜けしたのは僕の好みがダーク系だから、というだけかもしれないです。 活動曲の「DREAMS COME TRUE」なんか元気いっぱいで「浅」、という感じでちょっと引いたんですが、韓国ロックの主流という音でストレートにやることに方向転換したんでしょう。 難しいことなしに誰にでもわかるような「フツー」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/03 00:23
7 / イ・ソラ ('08)
極めてアーティスト性の高い女性ヴォーカル、イ・ソラの7集です。 「ユン・ドヒョンのラブレター」や「イ・ハナのペパーミント」出演時でのステージを見てその圧倒的なカリスマ、見るものをひきつける歌唱にうちのめされ、「凄いな、この人」と本物の芸術としての音楽を表現しているアーティストとしてみてました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/02 00:21
T-ara
以前からふらふら抜ける抜けないとやっていたけどついに泥沼の破局となった(サボタージュ)脱退のSEEYAナム・ギュリの穴を埋めるべく急遽召集されたのがT-araのジヨン。 で、T-ara(ティアラ)って? と思っていたら映像見れました。 5人組美少女バラードグループT-ara。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/30 23:20
Type "B" BACK TO 80'S / DAMB'S 1ST ('09)
というわけで「土曜日の夜」 ソン・ダムビです。ついに頂点に到達!を宣言するかのようにファースト・フル・アルバムを名乗っています。実際、「土曜日の夜」のほかの曲もいつにも増して曲がよく、(いつも以上にお金がかかってそうな)いいプロダクションになってる気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/28 00:23
BIG SHOW / BAE SEULKI ('09)
「ペ・スルギ、君も・・・」と言われそうなニューシングル。 ソン・ダムビの一連のヒット曲で一躍、もっともHOTな制作チームとなった「勇敢な兄弟」。 ソン・ダムビと同じ事務所のAFTER SCHOOLの全曲もこの「勇敢な兄弟」制作なのはいいとして、このペ・スルギのカムバック・シングルも「勇敢な兄弟」制作でした。 すごい。 現在のチャートにはこれでソン・ダムビ「土曜日の夜」、AFTER SCHOOL「DIVA」、AJ「DANCING SHOES」、そしてこのペ・スルギの「チギョウォ」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/26 22:21
wrath / lamb of god ('09)
僕は「現在のアメリカ最高のヘヴィメタルバンド」として友人に紹介しているラム・オブ・ゴッドの5作目です。 3月4日の赤坂BLITZ、見に行きました。 会場がどうノッていいのかよくわからない雰囲気のようでイマイチ一体感にかける気がして、ランディ(vo)も戸惑っていたように見えました。 でも、クリス・アドラー(dr)、神の如し。 凄すぎて、見ているだけで死ぬかと思いました。 アルバムで聴いててもこのドラムプレイに戦慄しますが、ライブでも期待通り、「凄すぎる」。 バスドラの使いかた、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/25 23:33
C'MON C'MON / SHERYL CROW ('02)
2002年発表のシェリル・クロウの最大のヒット作です。第4作にあたります。 シングルの「SOAK UP THE SUN」をはじめ、難しくない、ものすごくポップな聴きやすく楽しい曲が並びます。 シェリル・クロウはアメリカン・ロックの太いところ、伝統的なところなどをしっかりと引き継いだ本格派なので、ポップスター、というようなサウンドよりも、もっと「真剣」な切れ味が本当だと思いますが、このアルバムはそんな難しいところは置いておいて、 「とにかく楽しんでください!」 みたいな作りかたをし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/16 23:05
STRAY / AZTEC CAMERA ('90)
なぜか僕の中の個人的 「永遠の名盤100選」 みたいな紹介をします。 そしてなぜかまずアズテック・カメラ。不思議。僕はロディ・フレイム名義になってからも買い続けているファンですがだからといってアズテック・カメラのこのアルバムが思い浮かぶというのは不思議な気もしました。が、いってみましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/14 22:51
NOW / WONDER GIRLS
FIN.K.Lの最大の名曲「NOW」をWONDER GIRLSがカバー!。小品とはいえこれはやばいですね。 MVも完全コピー!面白い企画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/13 23:29
CIRCLE / MY AUNT MARY ('08)
'08年発表のMY AUNT MARYの第5集です。('08年年末発表だったので入手が今年になってからだったため、僕の'08年極私的ベストに入ってませんが、いつもどおりMY AUNT MARYは最高にいいアルバムをつくってました。) 3人組のスタイリッシュ、都会的な雰囲気のロックグループです。 日本にはこのスタイルのグループがないので例えるのが難しいですが、ミスチルの曲の良さ、とスガシカオのスタイリッシュをあわせたような・・・とでも言えばいいでしょうか。 4集の紹介もこのブログ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/29 22:17
恋愛小説 / gavy nj ('09)
ほぼバラード専門の三人組女性ヴォーカルグループgavy nj。このCDはちょっと困ったことに「恋愛小説」というシングルCDと'08年発表の3集「the beginning」の二枚をくっつけて、LIMITED EDITIONとして発売されています。 おかげでわが家には「the beginning」が二枚あるということに・・・。 たしかに値段で考えると「恋愛小説」のシングルだけで高い値段で買うよりも、アルバムがついてくるほうがお得ではあるけれど。すでにアルバムを持っている人間にとって... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/27 23:59
LIP / SORI ('09)
SUPER OVERBLOW REVOLUTIONARY ICON。SORI。・・・(笑) 最近はセクシー系女性ヴォーカルものは手を出さない、(出す必要がない?)状態だったのだけど、これは手を出してしまいました。 「唇は本当に」 この曲はいいです。 音からすると一見打ち込みダンス系に聞こえるけど、ベースとなっている曲、リズムはロック。 僕の耳からすると、GARBAGEみたいな打ち込み系ロック、それを全部コンピューターで安い音でつくるとこうなる、みたいに聴こえます。 ちょっと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/26 23:54
Harp song & Sentimentalism / Sentimental Scenery
(コーヒープリンスOSTで有名な)Pastel musicから、TARUのデビューMINIのプロデュースをしていたSentimental Sceneryのファーストアルバムです。('09年1月発売) 説明を読むとデジタルシングルとして発表していた曲やミニアルバムをまとめてCD化した作品ということです。 ロマンティックなメロディを洗練されたデジタルビートにのせて。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/18 23:29
KEEPER OF THE SEVEN KEYS / HELLOWEEN ('87)('88)
「KEEPER OF THE SEVEN KEYS」のパート1とパート2といえばハロウィンの最高傑作の二枚、と同時にロック、メタルの歴史の中でも特別な名盤、というのは常識(どこの?)ですが、なぜか最近(二十年ぶりに)はまりなおしていて、2006年に出たボーナストラック満載のリマスター盤を買ってしまいました。 で、その二枚をいちいちかわるがわる引っ張り出してしまってを繰り返すのが面倒なので、例のごとく、手作りベストをつくってみました。 ボーナストラックもけっこういい曲だったので、ハロウィン好き... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/17 23:58
in Wonderland / DAVICHI ('09)
活動曲「8282(パリパリ)」を中心としたダビチの6曲入りミニアルバムです。 なにより、これまでルックス面はカン・ミンギョン、歌の実力ではイ・ヘリ、と役割分けがされていたダビチのうち、イ・ヘリがダイエット(その他)に成功し突然かわいくなった、と話題沸騰中(らしい)。 このCDのブックレットの写真集(!)も「何をしたの?」というくらいのものになっていて驚き。 ともあれ自信に溢れた女性の美しさはいいものです。 イ・ヘリは歌唱力に関してはもう「無敵」みたいな凄さなので、今後(〜ソロ)へ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/16 22:32
KEEP LEAVES (3RD SIDE II) / SHIN HYE SUNG ('09)
去年のサイド1に続いて、ようやく待望のサイド2の発売です。 シン・ヘソン、活動曲「なぜ電話したの・・?」を中心としたバラード集。 ギター、ベース、ドラムなどちゃんと生楽器の音を活かした「大人のロックサウンド」でアレンジされたバラードをやってくれていて、僕のようなロックファンが聴いて本当にカッコいい歌手「シン・ヘソン」に成長してくれているようで拍手喝さいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/15 22:22
m-countdown KARA一位おめでとう!の週
m-countdownには少女時代は今年まだ出演なし。どういう事情なんだか。 3月第一週はそういうわけで、少女時代「Gee」 vs KARA「HONEY」という対決。 少女時代不在のm-countdownだから、まさかKARAがついに一位取っちゃうんだろうか?と思いつつ見てたら本当に取ってしまいましたね。すごい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/05 23:54
THE TRACE / NELL ('08)
去年発売されたNELLのライブDVD+ミニアルバム(+写真集+ノート)のセットです。 ミニアルバムには 「Part 1.」 「Part 2.」 「Act 5.」 「Part 2. (Acoustic Ver)」 の4曲、 プラス、track4の6分あたりからのボーナストラック入り。 かなり、なんというか格調が高いというか、落ち着いた高みのあるロックを聴かせてくれてます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/11 16:04
ロマンティック・アイランド / OST ('08)
イ・ソンギュン、イ・スギョン、イ・ミンギ、そしてユジン主演の映画「ロマンティック・アイランド」のサントラです。 こちらも「コーヒープリンス」と同じく、PASTEL MUSIC制作です。 ほんとにひさびさですが、ユジンの歌が(2曲)聴ける!というので買ってみました。 それに加え、最近大注目のTARUも1曲参加。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/10 23:12
CONTROLLER / MISERY SIGNALS ('08)
刹那い。UKロック+メタル+ハードコア。 アメリカ、ウィスコンシン州出身、ミゼリー・シグナルズの三枚目です。 メタルとハードコアの合いの子でメタルコアと呼ばれるシーンがあるそうで、このミゼリー・シグナルズはジャンル的にはその中にあるようです。 でもこのミゼリー・シグナルズ、リフの硬さ、ツーバスの粒放射などはメタルだけど、「これはメタルじゃないでしょう」と僕は思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/06 23:22
SUPER 100 (MNET WIDE NEWS)
mnetのWIDE NEWSで1月は「SUPER 100」といってアイドルの人気ベスト100を紹介してました。 けっこう「なるほど」という内容で、かなり「そうだよな」とうなずいてました。 「100位から76位」までの回は正月ごろに放送してたようでうっかり録画し忘れてたので見れませんでしたので、75位からをそのままここに掲載してみます。 (都合により11位以下の男性アイドルは省略します・・・) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/06 00:14
Pretty Girl /KaRa ('08)
もっとも歌がうまかったソンヒの脱退という最大の危機を、2人の10代、ク・ハラ(加入当時17歳)、カン・チヨン(加入当時14歳!?)の追加加入で乗り越えた、どころかさらにパワーアップして現在怒涛の活躍中のKaRaですが、正直、僕にはこれを「かわいい」と言ってしまえる度胸はないです。(いや、かわいいんですが・・) ここまで「甘甘」、ブリブリのアイドル路線だと少し敬遠ぎみになってしまってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/30 22:43
(極私的) 2008 METAL CD ベスト10
2008年はやたらと(主にデス)メタルを聴きまくってたので、なぜかメタルだけで10枚ピックアップしてみました。 アーク・エネミーにムチャクチャはまって以来、2008年に続けてどんどん買っていったので実はデス系はほとんど初めて知ったグループばかりです。 オーペスとかメシュガーとか、「嘘だろ?」というくらい今まで知らなかったのがもったいなすぎるくらい凄いグループでした。猛反省です。 というわけであわてて全作品揃えてしまうという、そんな一年でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/26 23:52
(極私的) 2008 K-POP 円盤 ベスト40 (31-40)
31. 「mini album」/ RoomMate ジェシカ、ティファニー&ソヒョンです。2009年はないかもしれないけど、これはこれで続けてもらいたいような。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/25 18:45
(極私的) 2008 K-POP 円盤 ベスト40 (21-30)
21. 「AMARANTH」/ DAVICHI いわゆる韓国的バラードでデビューしたのに、後半180度反転のポップ変身でおかしな爆発をとげたDAVICHI。 (僕は逆に冷めてしまったですが)この成功で2009年もきっといい作品をつくってくれるでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/25 18:02
(極私的) 2008 K-POP 円盤 ベスト40 (11-20)
11. 「IT'S HYORISH」/ イ・ヒョリ 年末の初ソロ・コンサートがDVD発売決定!(楽しみ)。そのコンサートで過労で倒れ、年末恒例の各局の歌謡祭を直前ですべてキャンセルしてしまったイ・ヒョリ。むちゃくちゃ心配(体も、今後の活動も)ですが、それくらい全てをかけてつくりあげた初コンサート、どんなものか楽しみです。 やっぱりなんだかんだ言っても、K-POP界の女王はイ・ヒョリなのは不動ですから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/25 17:31
(極私的) 2008 K-POP 円盤 ベスト40 (1-10)
恒例でやっているベスト選びです。2008年はなにせミニアルバムが多かったので、正規アルバムとミニアルバムと混合にしたら、ベスト「40」になってしまいました。 K-POPベスト、といいながら、いわゆる「韓流」とはまったく違う聴きかたをしてますので、日本でも大人気の男性アイドルグループなどが入ってません。 完全に個人的趣味なのであしからず、です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/25 16:42
R.A.I.N.B.O.W. / TARU ('08)
「コーヒープリンス一号店」のOSTはPASTEL MUSICというレーベルが手がけていたわけですが、そのPASTEL MUSICの看板アーティストがヨジョ(YOZOH)と、このTARUのいるTHE MELODY、のようです。 ドラマのメインテーマの「ラララ, IT'S LOVE」はもう誰でも知ってる曲のはずですが、そのTHE MELODYのヴォーカルがTARUです。 高音の響きが素晴らしい、なんとも不思議な声、と完璧な音感の持ち主。 THE MELODYのアルバム('07年発表)を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/19 23:32
Memory For You / Rumble Fish ('08)
韓国のロックグループは古い曲のカバー集というものを(最近ではほぼ必ず)出すようになってきているようだけど、ランブルフィッシュの'08年のこのアルバムもそのカバー曲集でした。そのためこれまでよりもロック色は薄く、「歌」を聴かせるような抑え目の演奏になってます。 ヴォーカルのチェ・ジニは夏にはソロでのポップなシングルを出していたけど、こうしてランブルフィッシュ本体としてアルバムを出しても「ロック」という感じにはなってないようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 23:58
manifest /deadlock ('08)
'08年はスウェーデン系メロデスばかり聴いてたのですが、これもそのうちの一枚。 deadlockの4thアルバムです。 in flamesのようなかなりポップの要素の強い音楽性にエヴァネッセンスのようなきれいなガールヴォーカルがのってくる哀愁調のメロデスです。(ここまでポップメロディ^が強いとkilswitch engageなんかにも近くなってくるようです) デス声担当の男性ヴォーカルときれいなガールヴォーカルが交互に出てくるんですが、これが凄く合う。不思議なことに。 ツインギタ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/12 00:21
RoomMate mini album ('08)
「ルームメイト」というプロジェクト・アルバムです。 少女時代のジェシカ、ティファニー、ソヒョンの三人が歌った「オッパナッパ」を目当てで購入、という人がほぼ全部だと思いますが、なかなかどうしてけっこう他の曲もいい、意外にお買い得な内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/09 23:21
「Gee」発売!
祝発売日!ということでオフィシャルHPでもビデオがアップされてますね。 いやあ本当最高です。2009年最初から猛ダッシュ!という感じですね。 E-TRIBE作ということで、「U-GO-GIRL」やここのところのエレクトロK-POPの音ですが、やっぱり少女時代がやるとまったくフレッシュな魅力であふれてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/01/07 23:39
Magic Time / 中川翔子 ('09)
Vo:中川翔子、Guitars:加藤大祐、Bass:黒須克彦、Drums:渡辺豊、Keyboards:nishi-ken。 このグループは本当にカッコいいロックグループだと思ってます。とくに黒須克彦のベース、もう大好きです。(僕もベースを弾くのでよくコピーしてます) そして「続く世界」を代表とするnishi-kenのアレンジ、キーボードのフレーズ、音使い。「続く世界」のイントロを聴いて「中川翔子」という名前を伏せて聴かせると、ロックファンがそろってみんな「ムチャクチャカッコいい」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/31 21:56
abingdon boys school ('07)
忘年会シーズンということでカラオケなんぞにもつい行ってしまう今日この頃。 そんな場所ではなぜか、というかやっぱりというか盛り上がるのがTM REVOLUTION。それで盛り上がってると、「いまはabingdon boys schoolってグループやってるらしいね。聴いてみたいんだけど・・・」なんていう人がいて、僕はライブDVDも買ってるほどのフリークなので、「今度聴かせてあげます」と応えます。 そんなわけで、「それならいっそ曲順を変えて」と、昔からこうしたかった「英語曲と日本語曲... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/12/14 00:44
M RIZING (4th) / M ('08)
イ・ミヌの4枚目ですが、僕は前回の「野性味」を振りまいていた3枚目があまり好きでなかったのに比べると、以前のセンシティヴで優しい雰囲気のミヌのイメージに戻ったようでわりと好きなアルバムになってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/04 23:10
DISILLUSION 撃剣霊化/ LOUDNESS ('84)
今日は世界中のあちらこちらで男たちが涙して、世界中のあちらこちらで爆音でラウドネスをかけていることだと思います。 本当に偉大な人が逝ってしまいましたね。樋口宗孝。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/12/01 22:47
Acoustic+ Best / PARK KIYOUNG ('08)
親友のホランも在籍するFLUXUS MUSICから発売されたパク・キヨンの最新作品であるアコースティックアルバム。 タイトルの「ベスト」というように新曲とともに過去の曲たちのアコースティックバージョンでの再録が収録されてます。 このアルバムはレコーディングがワンテイク、つまりスタジオライブのような状態で作られたそう。MTVのアンプラグドみたいなアルバムということですね。 以下は収録曲です。横に[ 数字 ]と収録アルバムをつけてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/30 22:31
MY STYLE / BROWN EYED GIRLS ('08)
「オッチョダ」に続いて「MY STYLE」の活動が始まって初めて気づきました。このミニアルバム「MY STYLE」のシークレットトラックとしてこの「MY STYLE」という曲が収録されていたことに・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/11/28 23:57
MY VINTAGE ROMANCE / ALEX ('08)
クラジクワイのアレックスのソロ・アルバムです。 甘いルックス、甘い歌声。上質なシティポップス。 クラジクワイの二人、女性ヴォーカルのホランと男性ヴォーカルのアレックス、正直、スーパーに歌が上手いホランに比べるとアレックスは声質のよさ、(ルックスのよさ)だけでヴォーカルはそう特別なものではないと思っていたのでアレックスのヴォーカルでアルバム一枚聴くに堪えるものになるんだろうか?(ファンに殺されかねない暴言)とさえ思ってましたが、いやいややっぱり特別な歌声ですよ。特にジャジーな曲では... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/23 20:10
ZERO ORDER PHASE / JEFF LOOMIS ('08)
NEVERMOREというグループのギタリストのソロアルバム。MYSPACEで聴く限り僕が入り込むような音ではないみたい(意外に正統的なHM)なのでNEVERMORE本体はまだ買ってませんが、ヘヴィメタルのギターインストアルバムというものが好きな僕はこのアルバムを買ってみました。 このジェフ・ルーミスはアメリカのギター系マガジンでベストプレイヤーに推されるほどの超絶テクニックの人らしいですが、たしかに凄まじい。まあそれくらいでなければギターインストアルバムなど作れないはずですが。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/22 19:23
2008 MKMF つづき
女性グループ賞  WONDER GIRLS / NOBODY ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/17 01:00
2008 MKMF
今年ももうそんな時期ですか。早いですね。 今年は去年に引き続いての少女時代活動が終わったあとはかなり寂しい感じのK-POP界だった気がしましたが後半に入ってビッグネームのあいついでのカムバックで音楽番組も驚くような豪華メンバーの出演が続いてました。 TVXQとRAINが同時に見れる、しかもWONDER GIRLSはそれよりも上位に行ってしまう、という凄さでしたね。 BIG BANGは微妙に活動時期をずらしてたのはやはりそれぞれちゃんと重ならないように調整していたのでしょうが・・。 そんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/16 23:14
LIVE AND LET LIVE / SHIN HYE SUNG (3rd SIDE1)('08)
シン・ヘソンの三枚目は比較的ロック度高め。一曲目の「AWAKEN」はハードロック(!)。 なにかのインタビューでも言っていたけど、サブタイトルの[SIDE 1]どおり、ロックを含むハードな面をコンセプトにしたこのアルバムに対して、もう一枚ソフトなアルバムを用意しているのかもしれないですね。 アルバムと言っても10曲中2曲がインストで実質8曲入りはやや物足りないヴォリュームだし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/04 22:22
STAND UP (3RD MINI ALBUM) / BIG BANG ('08)
今年のBIG BANGの活動はこのピリオドだけなんだろうか?あともう一曲用意してあるんだろうか? もう一曲期待したいところですが、とりあえず夏に出たこの「ハルハル」での活動は終わりのようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/11 23:28
ワーキング・ママ(ドラマOST)
少女時代のユリとスヨンの二人がトロットに挑戦。その二曲が収録ということで買ってみました。 「コッ(必ず)」、「サラヌルモラヨ(愛をわかってない)」 チャン・ユンジョンの曲みたいな曲を二人で可愛らしく歌ってます。 (ひそかに)安定的な歌唱力を持つユリ、そしてキャラクター的にトロットもちょっとはまりすぎなところのあるスヨン、所詮ちょっとした冗談みたいな企画ですが、少女時代のファンには充分に楽しめるものですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/03 22:46
ジルベルト・ジル(GILBERTO GIL)
01.MISERERE NOBIS [TROPICALIA('69)] 02.BAT MACUMBA [TROPICALIA('69)] 03.LOUVACAO [LOUVACAO('67)] 04.ENSAIO GERAL [LOUVACAO('67)] 05.RODA [LOUVACAO('67)] 06.FREVO RASGADO [DOMINGO NO PARQUE('68)] 07.ELE FALAVA NISSO TODO DIA [DOMINGO NO PARQUE('... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/23 18:39
DEATH MAGNETIC / METALLICA ('08)
たしかに・・・。 現代のメタリカがすっかり過去の名作「マスター」や「ジャスティス」を振り返った・・・という内容で。 いろんな感想がありますが、単純に言ってこれはけっこう僕は「聴けます」。 どちらかというとやはり、(いまさら)メタリカ?という僕のような初期オンリーのメタリカファンにとってはどんなに当時の音を再登場させたところであのアグレッシブさとは別種のものになってる、と思ってしまうのだけど、これはこれで「あり」かなと。 なんか逆に「メタリカ(五枚目)」でニュータイプのメタリカを見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/19 00:16
MUSIC BANK 上半期決算スペシャル
ミュージック・バンクの上半期決算スペシャルというのが昨日放送されました。(本国放送7月4日分) かなり衝撃(笑撃)の内容でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/09 00:19
THE SLIP / NINE INCH NAILS ('08)
やばいYやばいYやばい// これは凄い。 '08年はインストアルバム「GHOSTS」に続いてのNINとしての新作「THE SLIP」。「GHOSTS」を聴いて、今年のトレント・レズナーの創作力の満ち溢れかたが半端じゃないというのは分かっていたけど、この「THE SLIP」は並のNINの作品ではないですね。 「DOWNWARD SPIRAL」当時のパワーにひけをとらない怪物作品だと思います。 こんなもう20周年、くらいになるような時を経て、この時代にいきなりどうしたんだろう?トレン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/02 23:56
JOHNNY GRIFFIN SEXTET / JOHNNY GRIFFIN ('58)
「リトル・ジャイアント」、ジョニー・グリフィン氏死去。享年80歳。 モダン・ジャズの巨人たち、正直、誰が生きてて誰が死んでるかはわからないので、ニュースを知っても、どちらかというと「まだ生きてたんだ?」という反応になってしまいますが、僕の好きなアーティストのひとり、亡くなったと聞けば、追悼、という気分になります。ご冥福を。 というわけでこのアルバムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 22:46
本日のM COUNTDOWN
今日は随分もりだくさん。うじゃーっと出てきましたね。 LPGを脱退してソロになったハニョンがオープニングに登場、 SEEYAを一時的にこちらも脱退してソロ活動を始めたナム・ギュリも登場。 どちらもグループでもソロでもやってることまったく同じですが・・・、と思いましたが。 どちらのグループも「ハニョンとその他のひとたち」、「ナム・ギュリとあと二人」、みたいなグループでそのメインの存在がそれぞれソロ活動なんて、ちょっとずるい、とさえ思ってしまいますが、やっぱりソロ歌手の道は厳しい。 グルー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/24 23:42
COSMOSCAPE / SUGIZO (BEST) ('08)
01. COSMOSCAPE [New Recording] 02. TELL ME WHY? [Parallel Side of Soundtrack] 03. THE CAGE [TRUTH?] 04. KANON [TRUTH?] 05. EUROPA [TRUTH?] 06. Le Fou [TRUTH?] 07. DELIVER... [TRUTH?] 08. Elan Vital [New Recording] 09. Rest in Peace & Fly ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/23 23:04
IT'S HYORISH / E HYORI (3RD) ('08)
来ました、イ・ヒョリの新作。期待半分、不安半分という感じでしたが、杞憂でした。けっこういい、というかグレイト!な作品じゃないでしょうか。 やる時はやる、気合充分な感じですね。 失敗のないように、自信を持って送り出せる曲を厳選して完成させたアルバムという印象を受けます。 このアルバムの活動のために、春から改編したばかりの「想像プラス・シーズン2」のメイン司会を降板したそうです。 KBSWORLDでやっているので、ゲストがよく知らない人の場合でもけっこうイ・ヒョリのMCの面白さで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/22 23:07
RIOT GIRL / Aya Hirano ('08)
今日はこんなのが届いてました。 声優アイドルにして、アニ・ロック・シンガー、平野綾の待望のファースト・フル・アルバム。 さすがにこのジャンルは深く聴く気にはならないのだけど、ちょっと聴けばわかりますが、この平野綾はとても声優の片手間というレベルではないくらいのヴォーカル力ですね。 カンがいい、ということでしょうか、なんでも飲み込みが早く器用にこなせる能力がある、という感じです。 そして「ロック」のヴォーカルがどういうふうに歌えばいいものなのかも「解ってる」という感じがします。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/16 23:42
NO END IN SIGHT / FOREIGNER ('08)
今日はこんなのが届いてました。 フォリナーのベストです。 「FOREINER」から5曲、「DOUBLE VISION」から3曲、「HEAD GAMES」から3曲、「4」から5曲、「AGENT PROVOCATEUR」から5曲、「INSIDE INFORMATION」から4曲、その他・・・諸々、という内容の2枚組です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 22:36
made in korea? / cherry filter (2nd) ('02)
韓国のロックバンド、チェリーフィルターの2ndアルバムです。 と言っても音の質は完全に日本の一級のロックバンドと同じなので、ことさら「韓国の」なんて言葉をつける必要はなさそうです。 曲も本当にJ-ROCKそのもの。ハードロックの味付けの歌謡ロックです。 この方向性はモロに僕の好み、です。曲もすごくいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/07 23:29
My true style... / eugene (1st) ('03)
最近は女優業が好調なユジン。先日、映画フェスティバルの広報キャラクターに選ばれたみたいなニュースで現在は女優業に専念していて、アルバム制作の予定は今のところないと本人が語ってました。 女優として成功しているのはファンとして嬉しいけど、音楽活動に戻る予定がないというのを聞いてかなり残念でした。 そんなユジンの'03年のファーストアルバム。 タイトル曲の「THE BEST」。「You're the best thing in my life」。ユジン、本当に「ユー・アー・ザ・ベスト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/06 23:15
FILLMORE : THE LAST DAYS ('72)
"AT THE RIGHT TIME-AT THE RIGHT PLACE" よくまあそんなタイミングでフィルモアという箱をつくったものだなあ、と感心します。 1965年にビル・グレアムがサンフランシスコにフィルモア・オーディトリアム(のちに移転、フィルモア・ウェストとなる)をオープン。ちょうどその時期にはサンフランシスコはカウンター・カルチャーのメッカとなっていき、音楽ではサイケデリックミュージックが今にも絢爛たるその花を咲かせようとしていた。 グレイトフル・デッド、クイック... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/05 23:31
東京日和 / 伴都美子 ('08)
ここのところカバー作品ばかり出していた伴都美子。ようやくオリジナル曲でカムバックです。 東京日和 作詞 伴都美子 作曲 財津和夫 message. 作詞・作曲 伴都美子 Hum a Tune 作詞・作曲 田島貴男 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/04 23:09
HOLD YOUR FIRE / RUSH ('87)
ライブアルバムに続いて。RUSHの全CDを棚からひっぱり出してきたついでに、'87年の「HOLD YOUR FIRE」です。 僕はRUSHを「GRACE UNDER PRESSURE」からリアルタイムで聴いている世代ですが、この「HOLD YOUR FIRE」には本当に感動しました。 ちょうどアナログレコードからCDへ移行する時期でこの「HOLD YOUR FIRE」は、初めてCDというメディアの凄さを感じたアルバムのうちの一枚でした。 この前の「POWER WINDOWS」も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 23:31
SNAKES & ARROWS LIVE / RUSH ('08)
DISC 1 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/02 23:53
TWO FOR THE SHOW / KANSAS ('78)('08)
今日はこんなCDが届いてました。 アメリカのポップ・プログレ・ハードロック・グループ、カンサスの’78年のライブアルバム。30周年記念ということでCD一枚分の未発表ライブ音源を追加しての再発売ということです。 僕はKANSASは'86年の「POWER」は当時かなり好きで聴いてましたが、実はそこから遡って聴いてませんでした。 KANSASはアメリカ産で、プログレ・ロック・グループとしてはかなり珍しいようなポジションだったので、評価もどうもはっきりしないようなものが多かった気がしま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/01 22:59
セルフ・セレクション / カン・スージー ('95)
韓国の往年のアイドル、カン・スージー(スージー・カン)の95年の日本デビューにともなって発売されたというベストアルバムです。 韓国でのヒット曲を新しい日本のファンに紹介するという趣旨のアルバムですね。 (でもスミマセン。日本で活動してたのまったく知りませんでした。というか当時まったく気にかけてませんでした。) 昔のステージを見せるような番組で、当時のビッグ・アイドルとして紹介されているのを見てこんなアルバムにも手をのばしてみたというわけでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/30 23:55
PIECES, PART ONE / EPIK HIGH ('08)
昨日のKBS WORLDの「ユン・ドヒョンのラブレター」(本国4/25放送分)にEPIK HIGH登場。 そこにスーパー(!)サプライズ・ゲスト登場(「うわー」)チソン!。 LOVEHOLIC電撃脱退の後の最初の仕事は以前「PARIS」でも共演したEPIK HIGHでのフィーチャリング・ヴォーカル。 EPIK HIGHの新作のタイトル曲「ONE」。最近のK-POPはエレクトロ・ブームなのかEPIK HIGHもエレクトロ・ポップ度を増したような。 前作の大成功からのタブロの絶え... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/29 22:42
ここ、僕の心の中に・・・ / ソン・シギョン (6集) ('08)
いよいよ・・・、いよいよ7月1日の入隊を間近に控えたソン・シギョンの置土産、第六集です。 世界中からしばらくの別れを惜しむ涙声が聴こえてくるようです。 実際、このアルバム、一曲目から涙を流しながら聴いているという方も大勢いらっしゃることでしょう。 各方面から「最高傑作」の声が聞かれる新作です。 本人も心の込めかたがとりわけ違う、のかもしれないですが、実際、これを聴くと、いま現在脂がのりにのっている、最高の状態のアーティストを本当に連れていってしまうのですか?と聞いてみたくなり... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/28 22:54
SO HOT / WONDER GIRLS (3RD PROJECT) ('08)
韓国最高の女性アイドルグループ(←そう、実は、少女時代ではなく・・・)ワンダーガールズの新曲、「SO HOT」。 意外に早いインターバルでのカムバックでした。というか「TELL ME」が超ロングヒットだった、ということでしょうか? 今回の「SO HOT」は、「TELL ME」の延長線にあるようで、また全然違う方法でもあるようで、こちらも最高にカッコいいですね。 またまた今回もユビンのラップ・パートが凄くいい。効いてます。 ユビンのラップといえば、今回のミニアルバムには、前回の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/06/27 23:45
BAD BOY / SON DAM BI (Mini Album Vol.1) ('08)
ワンダーガールズや少女時代、それに続いてブラウンアイドガールズと盛り上がり続けたK-POP界も、その波がこの春には途絶えて突然寂しいシーズンに入ってました。 音楽番組見ても(僕は)けっこうつまらないシーズンという感じでした。 そんな中だからか、目立って気をはいていたのがソン・ダンビ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/26 23:41
equi-vocal / Flower / コ・ユジン (3rd)('08)
Flower = コ・ユジンの三作目です。 ピンクのジャケットに「誰?」という可愛らしい写真のコ・ユジン。いったいどんな内容か心配しましたが、聴いてみればわりと普通にコ・ユジンでした。むしろちゃんとロックロックしてます。 最近はクイーン、フレディ・マーキュリーがお気に入りだったのか、(ユン・ドヒョンのラブレターでクイーンをメドレーでカバーしてました)クイーンを思い起こさせるようなハードロック・アレンジの曲が結構入ってて僕はかなり嬉しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/25 22:56
Ruby * Saphire * Diamond / Jaurim (7th) ('08)
ジャウリムの7枚目です。ヴォーカルのキム・ユナが結婚、続けて出産とおめでた続きの休止期間を経て、戻ってきました。 どうもジャウリムは奇数枚めを明るくキッチュな味付け、偶数枚めをダークでシリアスな味付けにしているようだけど、今回7枚目ということで、ライトサイドです。 どっちのカラーも捨てがたい良さがあります。どちらにしても、一般的なセンスは外してつくってあるので、正直、この音楽性でなぜそれほどの人気を得ているのか僕には謎です。韓国の人のセンスはよくわからないですね。 かなり前衛的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/24 23:20
REMIND / OCK JOO HYUN (3RD)('08)
さて、今月はわりとK-POPの新譜が充実してます。 まずはとるものもとりあえず、ジュヒョンお姉さまの新譜を。本当に待ち焦がれてましたよ。 (ファンの人には怒られるかもしれないけど、ひょっとして本人のダイエット待ち?ですか、とも思ってました。) 今回も、前作ほどではないけれど、見事なプロポーションになって帰ってきてくれました。 ジャケットやブックレットの写真に「うわー、キレイな人だなあ」と誰もが思うことでしょう。 最近でもよくピンクルの映像を見てるので「本当に同一人物?」とい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/23 23:20
SUPER FUZZ BIGMUFF / MUDHONEY ('88)('08)
MUDHONEYの「SUPER FUZZ BIGMUFF」の20周年の2CD DELUXE EDITION。 リマスター、そして、同時期のシングルをすべて収録、2枚目には同時期のライブをコンプリート収録というSUB POP総決算みたいな重要カタログです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/22 19:36
THE COMPLETE PEEL SESSIONS / THE WEDDING PRESENT
買ってしまいましたよ。6枚組ボックス。ザ・ウェディング・プレゼントのジョン・ピール・セッションのコンプリートです。 去年出てたらしいですね。 やっぱりもう凄すぎです。当時(全盛期)もザ・ウェディング・プレゼントのジョン・ピール・セッションはよく聴いてたものですが、もちろん聴いたことのない音源も大量に入っていて、しかも、音質も今の技術でマスタリングされているので、当時のCDと比べて格段によくなってます。 ドラムの音、ベースの音(当時大好きだったベースです)、そして超高速カッティン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/21 23:36
OMAR AND JEREMY ('08)('01)
OMAR RODRIGUEZ LOPEZ AND JEREMY MICHAEL WARD ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/20 23:01
present from you / BUMP OF CHICKEN ('08)
01. ラフ・メイカー [c/w ダイヤモンド] 02. バイバイサンキュー [c/w 天体観測] 03. 彼女と星の椅子 [c/w ハルジオン] 04. ホリデイ [c/w スノースマイル] 05. Ever lasting lie (Acoustic version) [c/w アルエ] 06. 睡眠時間 [c/w オンリーロンリーグローリー] 07. 夢の飼い主 [c/w 車輪の唄] 08. スノースマイル 〜ringing version〜 [c/w 車輪の唄]... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/19 22:51
STORY OF US / Ibadi ('08)
今年はクラジクワイはソロ活動のようで、ホランは三人組のアコースティック・ユニットIbadiをスタート、アレックスもソロアルバムを発表ですね。 Ibadiのほうは春から夏にかけて最高のBGMになるアルバム。 日本でいうとゴンチチあたりの音になるんでしょうか?ボサノヴァ、ジャズを少しずつブレンドしたとにかく爽やかで気持ちのいい音。 そこにクラジクワイで独特のブランドイメージを確立している、ホランのおシャレな歌唱がのる。 クラジクワイがカフェ的というか、ある種、俗的なものを徹底的に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/18 23:44
眩しい日 / チェ・ジニ ('08)
ランブルフィッシュのリードヴォーカル、チェ・ジニのソロデビューシングル「眩しい日(ヌンブシンナル)」(ほか4曲入り)。 少女時代の熱波が過ぎ去ったあとの凪のように、4月、5月はなぜかK-POPの女性ヴォーカルがかなり寂しい状況になった。 音楽番組を見てもほとんど見るところがない、というような状況の中、このチェ・ジニの「眩しい日」は気に入って何度も聴くことになりました。 すごくいい曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/17 23:08
RECREATION / ACID BLACK CHERRY ('08)
01. 恋一夜 / 工藤静香 02. スローモーション / 中森明菜 03. あなた / 小坂明子 04. シャイニン・オン君が哀しい / LOOK 05. モノクローム・ヴィーナス / 池田聡 06. 異邦人 / 久保田早紀 07. 心の色 / 中村雅俊 08. 待つわ / あみん 09. 初恋 / 村下孝蔵 10. BEAUTIFUL NAME / タケカワユキヒデ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/16 22:44
WAGES OF SIN / ARCH ENEMY ('02)
何年か前にHM好きの友人に頼んでアーク・エネミーのアルバムを借りた。オススメは3枚目と4枚目ということだったので、その時に借りたのがこの4枚目だった。 それ以来はまってしまって気づけば今ではほぼ全作購入。逆にまだ聴いてない人に勧めまくってるという状況。 リーダーのマイケル・アモットは誰もが憧れるようなスーパー・ギター・ヒーローという感じだし、弟のクリスとのリードギターも、僕らの世代には嬉しい、マイケル・シェンカー、ランディ・ローズなんかも思い起こさせるような美メロ、美フレーズのオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/14 23:57
ゴリアテの混乱〜大混乱ライブ / マーズ・ヴォルタ in STUDIO COAST
凄かった。最高を通り越して夢のようなライブでした。 こんなライブが観れるなら2008年もわりと悪くないかな、と思えるほど。 前回はzepp tokyoで客席がブロックになっていたのとあまりデザイン的には面白さもない箱だったのに比べると、今回のstudio coastはまず箱のデザインがカッコよかった。 収容人数的には結局同じくらいだったんじゃないか?と思ったけど、客席の構造、ステージ、照明、音響などの箱としての演出が素晴らしく良く、初めて行ったけど、ライブハウスとしては最高だと思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/13 23:49
ゴリアテの混乱〜大混乱エディション / マーズ・ヴォルタ ('08)
いよいよ明日です。マーズ・ヴォルタ、新木場スタジオコースト。どんなライブになるんでしょうか?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/12 23:42
生命力 / CHATMONCHY ('07)
最新シングル「風吹けば 恋」などもう「カッコよすぎだろ!」というくらいスゴいグループになってきたチャットモンチーの去年のアルバムです。 「シャングリラ」「とび魚のバタフライ」「世界が終わる夜に」「橙」「女子たちに明日はない」といった誰もがいつの間にか覚えてしまっているはずのヒットシングルが満載。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/11 23:17
STATE OF MIND / RAUL MIDON ('06)
「ユン・ドヒョンのラブレター」を見ていたらこの盲目のシンガー、ラウル・ミドンのパフォーマンスがあった。 ギター一本をかかえ、パーカッシブな独特の演奏法の伴奏に素晴らしい歌声。一気に引き込まれた。 さらに口でトランペットの音色を完全に再現するスキャットを見せたり、ジャズの演奏法のギターに合わせて、メロディをインプロヴィゼーションでユニゾンさせていったり、と短い時間で「ラウル・ミドン」というアーティストを見せつけていった。 これは凄い、と、あわててこのアルバムを購入。 名前はどこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/10 23:17
AXIS: BOLD AS LOVE / JIMI HENDRIX ('67)
今日は6月9日、ロックの日、ということでジミ・ヘンドリックスの「IF 6 WAS 9」を聴きたくなった。 ジミ・ヘンドリックスは初めて「アクシス・ボールド・アズ・ラヴ」を聴いたときには本当に頭がぶっ飛んだ。 ジミ・ヘンドリックスは僕はこの二枚目、と三枚目があまりに凄すぎて、もうほとんどそれで充分じゃないか?という感覚がある。 ファーストはどちらかというとデビュー前の試作品みたいな感じがあると思っていて、やっぱりジミ・ヘンドリックスという怪物が作り上げた完璧な「アルバム」というこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/09 23:57
THE BEST OF SPARKS
今日友人に、あるアナログレコードを借りたのでレコードプレイヤーを久しぶりに接続した。 せっかくつないだのでついでに何かかけようと思って棚を漁っていてこんなものを発見、何年ぶりかに聴いてみました。 スパークス。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/27 23:50
ソン・シギョン・コンサート(日テレプラス放送)
2月11日のソン・シギョンのコンサートがCS・日テレプラスで放送されたのを録画してあったのをようやく見ました。 僕も観に行ったコンサートですが、二時間以上のコンサートが一時間半に編集されていたので5〜6曲くらいはカットされているようでした。 以下はその放送分の曲目です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/11 23:01
YB(ユン・ドヒョン・バンド)コンサート
熱い熱い。暑い暑い。 今日は東京は夏日となる暑さでどんなカッコして出かけるか考えてしまいました。 温度的には完全に半袖な日でしたね。 というわけで(なぜかマーズ・ヴォルタの)Tシャツにジャケットはおって出かけました。そしてライブ前に会場で買ったYBの東京コンサート特別Tシャツに着替えました。 このTシャツ、すごくデザインが良くて普通にセンスのいいTシャツでした。黒と赤の二種類で、黒のほうだけ買ったのだけど、ロックバンドTシャツとしてではなく普通に着れますね。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/30 23:44
SEPARATION ANXIETY / NELL ('08)
NELLの'07年のアコースティックアルバムに続いてのメジャー第4集、(インディーズ含めて6作目)です。 僕もこのグループは本当に好きで、K-POPの中でこんないいバンドに出会えたことは僕がK-POPを深く聴きつづけていくことの原動力のひとつになっています。 韓国版COLDPLAYと呼ばれる叙情的モダンロックグループですが、たしかにリズムの音の作り方などその影響は見られます。 とは言ってもバックのサウンドがそういう音になっているというだけで、やっぱり世界観、根本的な歌、曲のつく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2008/04/20 22:29
BLACK LIST / ACID BLACK CHERRY ('08)
JANNE DA ARCのヴォーカルYASUのソロ・プロジェクト、ACID BLACK CHERRYのファーストアルバム。 ジャンヌ・ダルクよりもダークでハードエッジなものになってます。 僕はこっちのほうが好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/12 23:51
GHOSTS I-IV / NIN ('08)
BRAND NEW 36 TRACK INSTRUMENTAL COLLECTION ON 2CDS NEARLY TWO HOURS OF ALL NEW MUSIC "SOUNDTRACKS FOR DAYDREAMS" ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/10 23:41
LIVE III after 10 years / YB ('07)
WELCOME TO JAPAN !! ユン・ドヒョン・バンド来日!。中野サンプラザ観に行きます!。今から興奮を抑えられません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/09 00:29
リパッケージ
12. Love Melody (2007 WINTER SMTOWNより) 13. Touch The Sky (「愛をさがして三千里」より) 14. もしも (「怪刀ホン・ギルドン」より) 15. 小さな舟 (「怪刀ホン・ギルドン」より) 16. Beginning (「THE FIRST SINGLE EP」より) 17. Only Love (2007 WINTER SMTOWNより) 18. Kissing You (skool rock mix) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 00:52
AMARANTH / DAVICHI ('08)
2008年の最初の話題の新人グループDAVICHI。 ダビチはイ・ヘリ、カン・ミンギョンから成るユニットで、デビュー曲「憎くても愛しているから」と後続曲「悲しい誓い」の二曲が、イ・ミヨンとイ・ヒョリというビッグネームを起用したミュージック・ビデオでその力の入れ方がわかる、という強力にプッシュされてデビューした二人組です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 00:32
THE APOCALYPSE INSIDE OF AN ORANGE
THE APOCALYPSE INSIDE OF AN ORANGE / OMAR RODRIGUEZ LOPEZ QUINTET ('08) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/03 22:53
DRINK IT DOWN / L'Arc-en-Ciel
THE MARS VOLTA また来日してくれるようで、6月13日(金) 新木場スタジオコースト、チケット買いました。 13日の金曜日。楽しみだなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/01 23:31
TOTO THE COLLECTION
TOTOのアルバム7作にDVD一枚(ライブ)の入ったボックスセットが出たようで、これを機会に購入しました。 懐かしい。中学、高校の頃はよく聴いてたなあ、と。 TOTOは好きな人は本当に好きなんでしょうけど、僕はそれほどの思いいれはなく、先日の来日ライブもとくに観に行きたい衝動は感じませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/31 00:06
7989
今週のM COUNTDOWNではカンタが出演、入隊前の最後の出演ということでカムバックとお別れと同時にするというものでした。 ファンの人は泣いていることでしょう。 ムン・ヒジュンは除隊後のカムバックで先週に続いてヒット曲を聴かせて健在さを見せていましたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 22:31
LUNA SEA COMPLETE BEST
僕がもっとも好きなバンドLUNA SEA ですが、今週AVEX TRAXからは去年末の再結成ライブのDVD「GOD BLESS YOU-ONE NIGHT DEJAVU」が発売され、そして、LUNA SEAの所属事務所であるSWEET CHILDが権利を持つようになったのか、去年にはアルバム全てをリマスター盤として再発売したのに続いて、SWEET CHILD RECORDSから「COMPLETE BEST」と題した二枚組アルバムが発売されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 20:03
トニーニョ・オルタ4枚と本城未沙子
夢の再発。 絶対に手に入ることはないと思っていたトニーニョ・オルタの作品群4作がCD化!。凄い。 興奮しつつ予約してたものが届きました。 聴いてみて、むちゃくちゃ名盤じゃないですか。 これを埋もれさせておくのはたしかにおかしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/18 22:37
Propose / イ・スンチョル
最近は少女時代のことばかり書いてるような気がしますが・・・。 なんと少女時代はやくもアルバムをスペシャル・パッケージで再リリースですか?。 いやあ、驚きですが、もう何やっても許される状態でしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/10 23:57
MONOLOGUE / KIM DONGRYUL ('08)
K-POPのチャートで1位を独走中というのでチェック、たしかにこれはいいアーティストだと思い購入してみました。キム・ドンリュルの5集。 アコースティックの音を大事にしている、シンガーソングライターのようです。 声が厚みがあり、優しく、暖かく響いてきます。 「これはいい!」 みんなに愛されるのもよくわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/08 23:30
JAPAN HEAVY METAL FANTASY 2008
友人に誘ってもらって中野サンプラザで行われた「JAPAN HEAVY METAL FANTASY 2008」、出演MARINO、EARTH SHAKER、そして44MAGNUM!!へ行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/02 23:23
THEY CAME FROM THE SUN / YOURCODENAMEIS:MILO ('07)
YOURCODENAMEIS:MILOの2NDです。 最近レコード屋にほとんど行かないので出てるの知りませんでした。 たまたま検索してて出てたのを発見、いそいで取り寄せました。 うーむ、やっぱり最高です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/14 21:36
怪刀 ホン・ギルドン OST
KBSで放送がはじまったという「怪刀ホン・ギルドン」。 韓国では有名な古典娯楽作品のドラマ化ということですが、とりあえずソン・ユリが主役のひとり、ということではやく見たいなあ、と思っています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/13 23:57
ソン・シギョン コンサート
2月11日 NHKホール  本当に、素晴らしいコンサートでした。ありがとう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/11 22:46
K-POP 2007ベストセレクション PART2
連休で時間があったのでしょう。ちょっとしたお遊びのように、11位から20位までのを使ってパート2をつくってみました。 これはこれでけっこう面白いメンツです。ユンナが二枚ぶんなので四曲も入ってますが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 23:49
K-POP 2007ベストセレクション
アルバムベスト30を選んだところで、それを利用して2007年のK-POPベストセレクションCDをつくってみました。 シングルのみのソン・シギョンなどが含まれず、曲単位でのベストとはなっていないのですが、僕がこうやって振り返って聴いてみたかった、というものです。 つくってみて改めて、これだけあればもう「お腹いっぱい」という感じですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/09 20:15
2007 K-POPアルバム ベスト30
さて、2006年のも発表しましたが、2007年分もK-POPのベスト30アルバムを選んでみました。 今年はしかし振り返ると大爆発してましたね。いろいろ。 こうやって2007年発売のアルバムを振り返ってみるとちょっと驚きました。たいした一年でした。 では。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/26 23:41
2007年ベストアルバム(J-ROCK編)
続いて邦楽編です。 では。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/24 21:58
2007年ベストアルバム(ロック編)
2007年を振り返るには少し遅いようですが、とりあえず今のうちにやっておきます。いまでも大量にCDを買ってるのだけど、気づけば「新譜」というものをほとんど買っていなかった。 復刻ものばかりじゃん。 これは本当に「オジん」なのかもしれない、と気づいてしまった。 そんな中僕にとっての2007年の「新譜」ベストアルバム5枚を紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/23 00:32
MUSIC IS ALLAROUND / TENSI LOVE ('07)
TENSI LOVE。二人組ユニットのようです。 コ・ジフという女の子をヴォーカルに、ハン・イェジュンという人が音楽を制作、というチーム。 音楽性は日本でいえばいまではアユセコズエ、というかんじの「渋谷系」おしゃれロックポップです。 ぼくはこのタイプの音楽がやっぱりかなり好きらしく、ちょっと聴いただけですぐ「満足」「高得点」にいってしまいました。 韓国でも「渋谷系」はかなり聴かれているらしく、こういう音楽性を指向するアーティストも珍しくないようですが、このジャケットやブックレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/20 23:57
Remapping the Human Soul ('07) / Epik High
IVYのアルバムは別にして、個人的にも、K-POP的にも、2007年最高のアルバム、エピック・ハイの4集。 ヒップホップグループでMCが二人ということで、OUTKASTなんかを感じさせますが、音は本場のR&B、ソウルミュージックの感覚をしっかり再現しながらも、同時にK-POPならではの情感、憂いみたいなものが底辺に流れ続けてます。そこにはまります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/12/06 23:58
THE WONDER YEARS! / WONDER GIRLS ('07)
9月に発売されたときには「なんだこれは?」と思いました。 一番ダンスの切れが良く、ひとりパンクっぽいイメージのラップ担当ヒュナが体調不良とかいう理由で脱退。一番のイメージリーダーが抜けるというのでかなりの戦力ダウンだと思ってました。 このアルバムからはもっとブラックぽくてちょっと垢抜けない感じのユビンが参加。 デビューシングルのちょっとトゲトゲした雰囲気から、がらっと雰囲気が変わりすごく庶民的な雰囲気に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 23:54
mnet km music festival 2007
先週のmnet km music festival 2007の結果がちょっと探しても見つからなかったので、自分で見直して書き出してみました。 (ノミネートも合わせて) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/28 23:55
SUPER STAR / JEWELRY ('05)
最近、ソニンと大沢あかねのユニットtomboyがこの曲のカバーをしているので懐かしいので聴きなおしてみることにしました。 僕は日本盤で買いました。日本ではビーイング系のGIZA MUSICからの発売。日本でも日本語で活動していてそちらは日本でのプロダクション、ビーイング系制作者が名を連ねるものでしたが、韓国での韓国語のこのアルバムも日本ではGIZAから発売ということでした。 ジャケットは韓国盤よりいいんじゃないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/11/23 23:50
LUV CLOUD / MayBee ('07)
最近僕の頭の中でよくかかるK-POPの曲、イ・スヨン「短い髪」、ワンダーガールズ「テル・ミー」、少女時代「少女時代」、そしてMayBee「モーンナニ(馬鹿な私)」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/22 23:56
The Beginning, New Days... / SHIN HYE SUNG ('07)
神話ではイ・ミヌが好きな僕ですが、やっぱり「歌」の魅力ではシン・へソンですね。「アイドル」というジャンルに囲めない天性の歌唱力、上手すぎてほんとに「舌を巻く」という感じです。 ソロでは「バラード歌手」として活躍するシン・へソン、この2集は僕もかなり好きな音楽性になってます。 ちょっとAORっぽい、少し力強さ、を感じさせるアレンジ。 こちらは三曲追加されたスペシャル・エディションですが、こちらのブックレット(分厚い!40ページ?)の写真では無精ひげでちょっと汚いようにしていて「男... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 23:47
flying / Bae seul ki ('07)
一集では完全に「アイドル!」というノリの活動だったペ・スルギがこの二集では方向転換。かわいさを封印して、ハードなイメージに行こうとしている。 キャラクターをもう一集で作ってたからこうやって突然ハードなイメージで来てもけっこう不自然なんだけど。 HIP HOPと無関係な人がHIP HOPをやろうとするとちょっと「かくし芸大会」みたいな微妙な出来になる。 その微妙さが支配してるかも。 顔がキレイなのでどんなファッションしてもちょっとしたコスプレ感覚で楽しめることは楽しめるのだけど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/15 23:52
ANYBAND
タブロ、やっぱ天才ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/13 23:57
a sweet moment 東京物語 / IVY ('07)
今年の前半はまさしく「IVY旋風」という感じで、今年の女性アーティストの中では圧倒的な活躍だった。それが今度の事件で全ての活動を休止。いいことがあれば同じくらい悪いこともある、ということなのか?。それにしてもかわいそ過ぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/12 23:58
SWERVEDRIVER
[ SON OF MUSTANG FORD EP ] (1ST SINGLE) ('90) SON OF MUSTANG FORD VOLCANO TRASH KILL THE SUPERHEROES JUGGERNAUT RIDES ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/08 23:18
Something Like Beige vol.1 / Beige ('07)
さほど印象の残る歌唱ではないけれどもいい歌唱、さほど印象の残るルックスではないけれども、そこそこキレイなルックス、さほど印象の残る曲ではないけれども少し惹きつけられる曲。 女性バラード歌手は本当にありふれているのでデビューするのをすべて買っていく気にはならない。このBeigeもしばらくは飛ばすつもり、買わない区分に入れていたのだけど、なにかの番組でインタビューと紹介をやっていたのを見て「けっこういいかも」と思い、買いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/05 22:52
M COUNTDOWN
少女時代は「タシマンナンセゲ」は本当に良くてまさにまったく活動から目が離せない状態だったのだけど、なんともうアルバム発売。 速い。 もう作ってあったんだろうか?。 それで今日のM COUNTDOWNでそのアルバムのタイトル曲、その名も「少女時代」でCOMEBACK。 いやあ、これが。 今度はモーニング娘風で来ましたか?という曲。 これだけはまってる僕でもちょっと首をかしげてしまう微妙な曲ですね。 まんまパクってる感じはないのだけど、なんとなくモーニング娘の要素が散りばめられていて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/01 23:27
the Snow Queen LOVE THEME / OST ('07)
ヒョンビン、ソン・ユリ主演の「雪の女王」のオリジナルサウンドトラックです。 こちらはドラマ終了後に発売されたパート2のほうです。 目玉はLOVEHOLICの「メアリ(こだま)」ですね。ドラマ後半で流れまくって切ない空気を演出するのに使われていた名曲です。というか本当に凄い名曲です。 LOVEHOLICの曲すべての中でも屈指の名曲ではないでしょうか。 この曲一曲のためにでもこのアルバムを買う価値は充分あると思えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/09 23:54
Another Day / SAT ('07)
イ・ミヌ(M)とのデュエットでデビューし、最近ではトニー・アンの曲にフィーチャリングで参加するというかなり破格の扱いをされているような新人、SATのデビューアルバム。 破格といえば、このCD、ジャケットがアナログレコードのジャケットのサイズででかい。 CD屋泣かせの商品。泣かせるどころか、店頭に置くのが邪魔になるので逆に置きたくないタイプの商品じゃないか。こんなジャケットで発売してなにかいいところがあるのかどうか制作者に訊いてみたくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/22 23:36
少女時代 THE FIRST SINGLE ALBUM ('07)
これはやばいです。今年最高のインパクト、という感じでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/08/21 23:35
The 1st Album もう一度OK? / 天上智喜 the grace
女性アイドルグループ、というよりむしろ「元アイドル」グループ?天上智喜の、デビューからほとんど二年近くたってようやくのファーストアルバム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 15

2007/07/31 23:58
the First Bloooooming / kara ('07)
FIN.K.L.を育てたDSPエンタテイメントが送り出す女性アイドルグループということでデビュー前から話題にもなった4人組、kara。 近頃ではアイドルグループも、ダンスも歌唱もどれも優れた人材を揃えてデビューさせる、なんていうふうに言われているけど、このkaraはそういうレベルには達していない、ルックスで揃えてる、という感じのグループ。 グラビアアイドルを四人集めた、というように思えてしまう。 といっても他のK-POPのアイドルの高い歌唱力と比較するからそう思ってしまうだけで、「... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/30 23:59
1st album / CATS ('07)
女性アイドルグループ。続けて4人組のCATS。 メンバーの一人のスンシムが本名がアヤカという日本人で、日本でもいちおうデビューしていたというようなニュースがあった。四人でヴォーカルをとっているのだけど、ヴォーカル面でリードしているのがこのスンシム。アイドル的歌唱のなかでひとりだけ完璧なテクニックでこなして、のびのあるヴォーカルで締めるところを締めている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/29 23:41
The wonder begins / Wonder Girls ('07)
今年はいったいどれだけ?というくらい女性アイドルグループが出てきているのだけど、その中でも一番人気がこのWONDER GIRLSのようだ。ピ(RAIN)を生んだJYPエンタテイメント(パク・チニョン)のプロデュースということで、その方法なのか、いわゆるアイドル的な媚びはまったくなく、とにかくカッコいい。 長身で細身で「スタイルがいい」5人を揃えて強烈なイメージのダンス、そして曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/28 23:46
she / JANG NARA ('07)
チャン・ナラの5集。タイトル曲の「愛を歌う」という曲がすごく好きになってしまって、おかげでアルバム全体もよく聴こえるものになってしまった。やっぱりタイトル曲、しかも一曲目、がいいというのは重要だなと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/27 23:58
BEAUTIFUL VIOLET / BIURET ('07)
女性ヴォーカル、女性ベース、男性ギター、という編成の三人組ロックユニット、BIURET(ビューレッ)のファーストアルバム。 クレジットを見るとヴォーカルのムン・ヘウォンが全曲作詞・作曲をしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/26 23:59
ORANGE / RYUICHI KAWAMURA ('07)
6月20日に出た河村隆一のアルバム「ORANGE」。 ソロ名義で、そしてオリジナルアルバムとなると約三年ぶりの作品。実は先行シングルの「誰のためでもなく君に」が(予想どおり)がっかりの内容だったので、どうせアルバムもぜんぜん良くないんだろうな、と思いつつも、根本的なところからどっぷりLUNA SEAファンの僕はアルバムを買わないわけにはいかなかった。 そんな感じで聴きはじめたアルバムだったわけだけど、ところがどっこい、「え?」けっこういいじゃん!。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/29 23:47
ALMAH / ALMAH (EDU FALASCHI) ('06)
さて、ここのところANGRAにはまりまくっていたのですが、結局のところ、ANGRAだけが飛び抜けて良いということを友人から教えてもらったので ヴォーカルのエドゥ・ファラスキのソロ・プロジェクト「ALMAH」のアルバムを買いました。 これが激・・・いい!。 やっぱりこれですよ。 このエドゥ・ファラスキ、ヴォーカリストとしての能力とともに作曲能力、アレンジ能力も驚異的な才能の持ち主じゃないですか。 ANGRAはギタリストのラファエルがほとんど考えてるのかと思ってましたが、半分くらいはこのエ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/14 23:38
heart tuned to D.E.A.D. / SWITCHES ('07)
最近のUKポップ・ロックは随分盛り上がっていてipodのCMなんかで使われたりするなどで一般的にはいいバンドがたくさん出てきていい時代、なのかもしれない。 でもどうも僕にとってはどれもイマイチ骨がない、ような感じで「いいのかもしれないけどオレは聴かないな」というところだった。 そんな僕ですが、これは気に入りました。 SWITCHES / HEART TUNED TO DEAD。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 22:02
K-POP 2006ベストセレクション
というわけで80分というCDの時間でこんなベストアルバムをつくってみました。 先日の2006年ベスト30のうちのベスト10からそれぞれ二曲ずつ。 僕個人は「まさにオールスターズだなあ」と思う凄いメンツ、なのだけど、はたしてまったくはじめて聴くひとにとってはどう思われるのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/27 01:55
2006 K-POPアルバム ベスト30
たとえばK-POPを聴いたことのない人にK-POPを紹介するとして、自分で選曲することを考えてみる。 まず、たとえば2006年に自分が好きになった曲たちを入れるとする。そうするとまずはアルバムを好きな順に並べていく必要が出てくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/24 23:56
まちのレコード屋さん
僕が小学生の頃からそこでレコードを買っていたレコード屋さん。 YMOや松田聖子のレコードなどを当時は宝物を買うようにして一枚一枚を大事に買っていた。 時代がCDの時代になった頃、場所が移転して最寄り駅の駅ビルの中に入った。その僕が高校の頃には行動範囲が広くなり、都内にまで買いに出ることも多かったのだけど、手軽なのもあってその時代にもその古なじみのCD屋さんでも多く買っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/14 23:45
誘惑のソナタ
前項の終わりで少し書いたのですが、そのIVYの「誘惑のソナタ」のミュージック・ビデオが盗作、放送禁止になったというニュースをKBS WORLD RADIOのページで今読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/10 23:22
メタル度の高くないANGRAベスト
あまりヘヴィメタルを好んで聴かない友人B君のために、 「メタル度のあまり高くないANGRAベスト」 というものをつくってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/05 23:13
a brand new / BOEUN ('06)
日本で言えばbirdあたりのようなサウンドというところでしょうか?。お洒落でハウスやジャズの要素の入ったかなり高級なサウンドをバックにソウルフルなヴォーカルを聴かせる女性ヴォーカリスト、BOEUNのデビューアルバム。MVの「セロウン・サラヌン」を見てかなり曲を気に入ったので買ったアルバムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/22 23:59
PURPLE ROOM / SAM LEE ('06)
K-POPのアルバムの多くの(ほとんどの)アルバムでギターを弾いているように思える、SAM LEE。 「超売れっ子スタジオ・ギタリスト」といったところでしょうか。 そんな彼のアルバムが出ているのを見つけて買ってみました。もちろん期待半分、面白半分で。 ところがうーむ、これが想像を超えた良さでした。 スムーズ・ジャズのコーナーに置かれるべき作品ですね。かなり気持ちのいい、お洒落で、それでいて音楽的なレベルの高い、「大人の音楽」です。アダルト・オリエンテッドです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/17 22:32
YOUR STORY / BROWNEYED GIRLS ('06)
2006年の最優秀新人グループ、BROWNEYED GIRLSのデビューアルバムです。 発売当初はメンバーの写真などが公表されない、というプロモーションだったのだけど、次第に明らかにしはじめ、実はその歌の実力からは想像できないほどに若い、しかもルックスも充分アイドルとして通用するくらい良いのがわかった、というグループ。 2006年の新人グループとしてはSEEYAとこのBROWNEYED GIRLSが一年を通していろんな形で活躍していたように思える。 女性アイドルグループも、「ア... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/02/13 23:58
別れが残す12の涙 / as one ('06)
POPでほんの少しR&B寄りのサウンドのバラード、というある種典型的なK-POPを聞かせる女性二人組ユニット、AS ONEの5作目。 K-POPはアーティストの入れ替わり、浮き沈みが激しいようで以前K-POPをよく聴いていた時期(2000年頃)にいたアーティストというのが今時点でも残っているというケースがほとんどないようなのだけど、このAS ONEはその数少ない例。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/06 22:33
Who / Marry M ('05)
さまざまなドラマや映画のサントラに参加してサントラご用達アーティストのような活動をしていたらしい「Marry M」という女性ヴォーカル、男性プロデューサーの二人組のユニットのファーストアルバム。 ロック風のイメージ、とはいってもほとんど「ロック」的ななにかがあるわけではなく、基本的には宅録みたいな音作りにロック的な使い方のギターが入れてある、という程度のもの。 悪く言えば「安いつくりの音」なのだけど、良く言えば「気負わずに聴ける軽音楽ロックポップ」となる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/04 22:50
why be? / YB ('06)
韓国の最高のロックバンド。YBの7作目。 音楽性はかなりストレートなハードロック。「ハードロック」をやっていて、一番人気のあるグループ、ということで日本で言えばやはり「B'z」にあたるのでしょうか。 韓国ではそのままずばり「BUZZ」というアイドルハードロックグループがいて、それが「B'z」にあたるかなとも思えるのだけど、やっぱり存在感、演奏、曲、そしてヴォーカルなどで考えるとこのYBのほうがそのポジションと呼ぶに相応しいかと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/01 22:51
美女ヒップホップ / チャプター・トゥー ('06)
(タイトルそのまま)美女二人組によるヒップホップユニット、チャプター・トゥーのファーストアルバム。 ジャケットのとおり、R&Bっぽさ、黒さはまったくなく、思い切り力の抜けた感じのラップを聴かせていく。日本で言えばHALCALIってところか。 かなりすっとぼけたノリの、雲にのったような不思議なラップの曲が並んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/23 21:56
DRIFT / My Aunt Mary ('06)
先日MVで流れていた「WITH」という曲でこのグループを知った。MyAuntMary。(メアリー叔母さん?) その曲を含むこの最新アルバム(第4集)を取り寄せてみたところ、これがとてもいい。 ビートルズ的とでもいうか、基本的な堅いロックサウンドで聴かせる男性三人のグループ。 日本で言えばミスチルみたいな感じか。ミスチルよりはもう少し軽く、雑みのないポップだけれど。 凄くキュートにポップなところから、落ち着いた雰囲気のバラードまで。対象年齢は少し高めだと思う。ちょっといい車を運転し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/20 21:56
the BEST / Seo Jin Young ('04)
ドラマ「夏の香り」のサントラに6曲も参加していて、あのドラマの色彩のひとつにもなっていた女性ヴォーカル。そのソ・ジニョンのアルバム。 サントラを聴けば自然にこの人の歌をもっと聴きたくなると思うけど、とりあえずこのアルバムしか出ていないようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/16 23:26
A Gentle Breeze / Sneaker Bird ('06)
心地の良いクラブ系、ボッサ・ミュージック。 CDに張ってあるジャンル紹介には「URBAN CHILL OUT LOUNGE MUSIC」とされている。 イ・ジョンハンというプロデューサーが詞曲を手がけた、ソン・ジヒという女性ヴォーカリストのユニットのデビューアルバム。 ソン・ジヒはまだ高校生と書いてありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 22:47
seotaiji VIIth / Seo Tai Ji ('04)
vanilla unityのところでは、「韓国にロックはないと思っていた」などと思い切り怒られそうなことを書きましたが、つづいて、韓国最高のロック(アイドル)スター、ソテジの2004年のアルバムです。 2004年の韓国で一番売れたアルバムだそうですが、このアルバムにはぶっ飛びます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/04 23:03
LoV.e / Vanilla Unity ('06)
韓国にはまともなロックバンドなんていないと思っていたけど、ごめんなさいでした。かなりいいバンドを見つけてしまいました。 ちょっと前にm-netで本当に珍しいことに、韓国の夏のロックフェスティバルの模様を放送していて、実はけっこう韓国にもカッコいいロックバンドがいるじゃんと思いつつ見てたら、このvanilla unityがいた。曲も演奏も素晴らしかったので即注文。 そして届いたアルバムを聴いてやはり大満足。期待以上の内容でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 23:50
Bohemian / PARK KI YOUNG ('06)
2006年の僕にとってのK-POP最高の曲、アルバム、選ぶのは難しいのだけど、このパク・ギヨンの「Bohemian」というアルバム、そして、「クデテムネ(あなたのせいで)」という曲はその候補に入ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/01/01 00:57
Get Up / Jessica H.o. ('05)
K-POPの女性歌手のアルバムも外れも多く、当たりがたまに出ると嬉しいとはいえ、もうほとんどかなり「次も外れだろう」と覚悟して買うものだけど、久しぶりに出ました。「当たり」。 '05年のジェシカ・H・oのデビュー・ミニアルバム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/26 21:20
3RD ALBUM / JANG YOON JEONG ('06)
ビデオの「イタイタヨ」や、過去のステージの映像を見て、「やっぱりいいな」と思ってついにチャン・ユンジョンのアルバムを買ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/19 22:26
HIGHER SELF / KYOSUKE HIMURO ('91)
「CRIME OF LOVE」。当時ぼくはこの曲にむちゃくちゃ惚れこんでいたのを覚えてる。 複雑なリズムになまめかしいメロディーがのり、サビ(一般的には単純化されたアレンジにわかりやすいメロディがくるのが常套手段)は、逆により複雑な展開の中で、最高に歌いにくい歌がくる。 「ついに凄いのを一発やってくれた」とぼくは感涙にむせんだ。ぼくの価値観のなかでももっとも高い得点を取るウルトラCをふんだんに盛り込んだ演技(曲)だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/10 23:26
SAHARA BLUE / HECTOR ZAZOU ('92)
フランスの音響詩人、エクトール・ザズーの'92年のアルバム。 シンセサイザー、コンピュータを駆使し、独特の音空間を作り上げるエクトール・ザズー。 日本では坂本龍一などが系統として近いのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/09 23:52
NEO FASCIO / KYOSUKE HIMURO ('89)
ファーストとはうってかわって、セカンドは佐久間正英のプロデュースで、全編佐久間正英の音世界の服を氷室はまとった。ファーストがばらばらだったことへの反動か、みずから「コンセプトアルバムみたいなものとして作った」というように、色はその色に統一されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/08 23:21
THE BALLADS / SUNG SI KYUNG ('06)
ソン・シギョンの5集。稀にしか男性アーティストには手を出さないのだけど、このアルバムはビデオクリップになったタイトル曲「通りで」があまりに良かったために注文してみた。 10月発売で、韓国のチャートでもトップになるくらいの評判のアルバムみたいだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/07 22:59
FLOWERS for ALGERNON / KYOSUKE HIMURO ('88)
氷室京介のソロデビューアルバム。 BOOWYが終わって、氷室はどういう活動をしていくのか誰もが期待するなかで、最初のシングルは、まったく意味のない歌詞ののった、BOOWY時代にもなかったような、あるいは、BOOWYのなかではできなかったような、ストレートすぎるポップな曲、「ANGEL」だった。 ある意味それは逆に爆弾のように思えた。徹底したポップへの追求。ポップ・スターを演じきる宣言。その姿勢が、BOOWY以降を期待した人たちへの解答だったことに、潔さ、かっこよさを感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/06 23:20
PARANOID / BLACK SABBATH ('70)
一枚目と同じように、二枚目も一曲目の「WAR PIGS」という重い曲を耐えると、二曲目にはこれまた超有名曲かつ超名曲の「PARANOID」が現れる。 そしてさらに「IRON MAN」。 オジーがソロでも定番としてライブでやっていたのでかなりなじみがあるのだけど、このアルバムの本家の演奏ははるかにかっこいい。 ちょうどZEPの「コミュニケーション・ブレイクダウン」のリフが微妙にタイトでない刻み方が逆にスリルを上げる効果を生むのと同じで、微妙な「ズレ」「タメ」が不思議な効果をあげている... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/03 22:53
photograph / INORAN ('06)
九月に出たINORANの久々のソロアルバム。三枚目。 FAKEを終了し、RYUICHIと葉山拓亮との三人のユニット、TOURBILLONで活動中。TOURBILLONは二枚目を今月発表する。 TOURBILLONがAVEXである関係か、このアルバムは、BELLWOOD RECORDというインディーズ・レーベルでの発売、ディストリビュートはAVEX、ということになっているらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/02 23:45
THE PAVILION OF DREAMS / HAROLD BUDD ('78)
現代音楽、あるいはアンビエント・ミュージックとカテゴライズされるピアニスト、ハロルド・バッドのアルバム。ブライアン・イーノ監修。 透明でそこに広がる音の粒がキラキラと舞い散る様子が見えるかのような、幻想的な音たちが繰り広げられる魔法のような作品。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/01 23:39
'ROUND ABOUT MIDNIGHT / MILES DAVIS ('55)
マイルスのCBSでの最初の一枚は、プレスティッジ時代終わりのマラソンセッションのメンバー、ジョン・コルトレーン、レッド・ガーランド、ポール・チェンバース、フィリー・ジョー・ジョーンズというメンバーによるもので、マイルスにとっては、移籍先のCBSではじめる様々な新しい挑戦の前に、その時点でのベストショットを記念しておく、というような意味のアルバムになるんだろうけど、もっと大きく「ジャズ」の歴史みたいなものの上から言っても、大きな転機の中の重要な位置にあるアルバムになっていて、要するに、「必... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/31 23:17
THANKS / LIM JEONGHEE ('06)
これは極上。 マライア・キャリーを100パーセントコピーしてそうなパワフルで太い低音から高い音まで自由に駆使するヴォーカル。かなり本格的にR&Bのファッションで固めたルックス。それでいてこの手のシンガーには稀有なことに、「美人」。 いやあ、揃えてる。凄い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/30 23:31
VOW WOW III / VOW WOW ('86)
ジャパメタ史上、最高のアルバム。まさに頂点に存在する名盤。 全曲鳥肌が立つほどの爆裂。衝撃に吹き飛ばされる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/27 23:30
KISS AND TELL / MARTIN TAYLOR ('00)
たまたま買ったSONYのジャズのコンピレーション・アルバムに入っていて気に入ったギタリストのアルバム。 詳しい人の評を見ると、どうも、「本格的なジャズ・ギタリストなのに、このアルバムのようにスムース・ジャズをやってるのは減点だ」みたいなことらしいんだけど、僕はこのあたりの音が逆にわりと好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/26 22:48
TEENAGE SUPERSTAR / MI:NE ('06)
K-POPの中でもこれは(僕にとって)ひさびさの大ヒット。これは凄い。 ジャケットのとおり、おそらく女子高生くらいの年齢のアイドル・ロッカー。 タイトル曲はアヴリル・ラヴィーンの「Sk8er Boi」を連想させる元気度満点のポップ・パンクソングだった。このビデオ・クリップを見てあまりのカッコよさにすぐ注文。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/25 22:40
As long as you love me / HAL ('02)
つづいてHALの2NDアルバム、そしてラストアルバム。 あまりに短い活動期間。 その後もサウンドプロダクションチームとしてのHALは浜崎あゆみのアルバムで音を作り続けていたけれども、単独での「HAL」というプロジェクトは終わってしまった。 物凄く残念だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/10/24 23:50
Violation of the rules / HAL ('01)
2001年頃によく聞いたアルバム。当時の日本の音楽で一番いい音をつくってるのは?と訊かれたら、すぐに「HAL」とこたえていた。実は現在、この2006年に聴いても最高の音だ。凄い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/23 23:39
EIGHT ARMS TO HOLD YOU / VERUCA SALT ('97)
「グランジ」と呼ばれたムーブメントがあった。当時も今も「変な名前つけたもんだ」と思うけど、 このヴェルーカ・ソルトも「グランジ」として紹介されていた。 ニナ・ゴードンといういまの美少女ロックヴォーカリストのはしりみたいなヴォーカルと女の子のギターのふたりを、ベースとドラムの男性ふたりが支える構図の四人組。 音楽性はチープトリックのようなストレートでポップなハードロック。コーラスワークはバングルスを思わせる。 このあたりはどんな解説にも書かれていることで、聴けば確かにそのとおりです... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/20 23:04
BLACK SABBATH / BLACK SABBATH ('70)
この上なく陰鬱な曲ではじまるこのアルバム。 タイトル曲の「BLACK SABBATH」はかなり聴くのがつらいタイプの曲。気の利かした曲順を考えるならばA面の最後かB面の最後に入れるはずだ。 それが、寂しさと暗さの中をウィッチの森へと導く雨の音に続きこの曲が始まる、というのはあきらかにBLACK SABBATHの祝祭に入るにふさわしい人間かどうかを試すのに必要な門という役割に思える。 まずはこの曲をじっと耐える。祝祭はその後だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/19 22:27
THE AUTUMN STONE / STONE FACES ('69)
実は、ということもないが、僕はフェイセスの大ファンで、ロッド(スチュアート、ヴォーカル)のアルバムをほぼ全部持っているのはもちろん、ロン・ウッド(ギター)も、ロニー・レイン(ベース)のアルバムもほぼ全部持ってるし、さらにイアン・マクレガン(オルガン)のアルバムまで持ってたりする。 ドラムのケニー・ジョーンズはのちにはキース・ムーンの後釜としてザ・フーに加入することになるのだけど、実は僕はケニー・ジョーンズのほうがはるかに好きだし、最高のドラマーの一人だと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/18 22:03
BACK TO BASICS / CHRISTINA AGUILERA ('06)
今回のクリスティーナ・アギレラの活動の正しさはずば抜けている。ついに出た、彼女の力を存分に発揮できるプロダクション、という感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/17 22:40
YOUNG LOUD AND SNOTTY / DEAD BOYS ('77)
'73年にニューヨーク・ドールズがいて、'81年にハノイ・ロックスがいる。 その間に歴史としてどんなバンドがいたのかを考えると、たとえばこのDEAD BOYSがいるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/16 22:50
western skies / roddy frame ('06)
ミュージック・マガジンかなにかでネオアコ特集、アズテック・カメラ特集をやっていて、ロディ・フレイムの新作が出ていたことに気づいた。あわてて購入。 僕はアズテック・カメラはネオアコとかうんぬん関係なく、単純に大好きなので聴き続けてます。 だから特集のネオアコのほかのグループはそんなに興味ないし、だいたい「ネオアコ」とかいって80年代の一種の流行だった動き、それは逆になんか遠ざけたいものでもあった。 アズテック・カメラはもっとずっとわかりやすく、もっとずっとロックのスピリットを持ち、は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/13 22:49
ELECTRIC / THE CULT ('87)
当時アナログで買っていたアルバムはほとんど売ってしまってるので、今頃になって懐かしくなり、CDで買いなおしているのだけれど、だいたいにおいてこの手のB級バンドはデジタル・リマスターなんてことはされておらず、CDはアナログ以下の音質のまま。聴けるだけで満足しとけ、ってとこなんでしょう。 制作自体も当時はアナログレコードを念頭に、アナログ録音が当たり前だったので、CD化にあたってデジタル・リマスターを行っていないアルバムはレコードに比べて、明らかにCDのほうが落ちます。だからアナログで買い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/12 23:05
SHOT IN THE DARK / GREAT WHITE ('86)
KINGDOM COMEの文でも書いている通り、グレイト・ホワイトも突然の70年代ロック再評価の動きにしっかり乗っかり、それまでDOKKENのような普通のLAメタルだったのに、70年代ロック指向にシフトし、それで大成功したというグループですね。 イアン・ハンターのカバーとか実に渋い取り入れ方をしていてこれもかなりツボにはまりました。 当時アナログで揃えてましたが、全部売っぱらってしまって今は手元になく、CDで昔買いなおしたセカンドアルバム「SHOT IN THE DARK」が残っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/10/11 20:54
KINGDOM COME / KINGDOM COME ('88)
最近、アナログレコードで持っていたアルバムをCDで買いなおすということをしていると何回か書いてるけど、これもその一枚。 これもかなり聴きまくった超好きなアルバム。 さて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/10 21:43
BIG LIFE / NIGHT RANGER ('87)
このアルバムはCDで買った。まだCDプレイヤーというものも買ったばかりで、最初に買ったCDのたぶんまだ10枚目とかそんなあたりだと思う。CDの便利さ、音のクリアさの中で聴いて、新鮮な気分、言ってみれば、それまでビデオで見てた映画をDVDで見た、という感覚だろう。まだまだCDというメディアが新鮮だった。 でも同時にレコードの良さ、アナログならではの感覚がないのが寂しく、ちょっと戸惑うところがあったのを覚えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/09 20:07
BREAKER / ACCEPT ('81)
さて、アクセプトのアルバムの中でも当時の僕がもっとも好んで聴いていたのがこの「BREAKER」です。 その後ガチガチのヘビメタになるのだけど、この時期はまだハードロックをやっていて、AC/DCをもっとポップにしたようなむしろチープ・トリック?というくらいの曲もやっていて、飾らないありのままハードロックを楽しむ姿、いろんなバラエティの曲を提供する「ハードロックバンド」としてのアクセプトがいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/06 21:02
METAL HEART / ACCEPT ('85)
実は僕は高校の頃、このアクセプトの大ファンだった。 中学の頃、はじめて聴いたヘヴィメタ群の中にこのアクセプトのアルバムがあり、高校に入ってすぐの頃、この「メタルハート」が出た。 アクセプトにとっても全盛期であり、ヘヴィメタという音楽にとっても全盛期であり、まさに「ヘヴィメタ」というムーブメントを集約した、中心にして最高傑作のアルバム、それがこの「メタルハート」だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/05 20:24
SILVERHEAD'S FIRST / SILVERHEAD ('72)
グラム全盛の頃、イギリスと日本だけで限定的に売れたシルバーヘッドのファーストアルバム。 僕の持ってるこのCDは'87年に出たドイツのLINE RECORDSというところから発売されたもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/04 20:39
refreshing / MIYOUN ('06)
またひとり元BABY VOXからソロデビュー。 BABY VOXは結局メンバー総入れ替えをしたそうで、次のメンバーもほぼ選び終わっているそう。 メンバー全員変わってもBABY VOX?。意味わからないな。韓国人のセンスは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/10/03 20:55
Yeah / Park Jung Ah ('06)
JEWELRYのパク・チョンアのファースト・ソロアルバムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 21:08
5:55 / CHARLOTTE GAINSBOURG ('06)
シャルロット・ゲンスブールのアルバムです。 セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンの娘、という説明は必要でしょうか?。 「なまいきシャルロット」という映画など。 最近の映画ではぼくは2000年の「フェリックスとローラ」がかなりよかった記憶があります。「髪結いの亭主」のパトリス・ルコント監督ということでわりと話題になった作品ですが。 僕は彼女のようなタイプ、憂いのある表情、どこに視線の先があるのか不思議、という存在に惹かれる。 そんな彼女のアルバムが出るというので予約して買っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/01 21:27
THE ERASER / THOM YORKE ('06)
RADIOHEADとこのソロとどこが違うのか?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/14 21:48
SWEET IS THE MELODY / ASELIN DEBISON ('02)
M-NETで放送していた「四月のキス」がとうとう今週で最終回を迎えてしまった。 第23話、第24話(最終話)。 ほんとうに素晴らしく面白いドラマだった。 今週の最後の2話は泣きスポット満載。4人で二組の男女のそれぞれのエンディングで二回泣かせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/29 23:59
OU PANIS ET CIRCENCIS / TROPICALIA (V.A.) ('69)
OU PANIS ET CIRCENCIS / TROPICALIA (V.A.) ('69) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/26 11:22
HOT FUSS / THE KILLERS ('04)
ピンキーと、のほうでもなく、クイーンでもないほうのキラーズ。 先日たまたまグラストンバリー・フェスティバル2005の再放送を見てたらとんでもなくかっこいいグループを発見。「えっ!なにこいつら?」 すっかりロック事情に疎くなってしまった今、ぜんぜん知らなかったけど、デビュー前からすごい話題で、この2004年のデビューアルバムは全世界で200万枚を売り上げ、グラミー賞にもノミネートされたという。 そういえばジャケットだけは見たことあった。そうか、こんなグループが出てきてたんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 22:37
キミヘ ムカウ ヒカリ
現在テレビ東京でアナログヴァージョン、そしてBS JAPANではデジタルヴァージョンが放映されているサンライズの最新作「ゼーガペイン」。 これがまたほんとに素晴らしい作品で、大絶賛したい作品なのだけれども、いかんせん内容が難しすぎて説明が非常に困難。うまく紹介しようと思っているうちにすでに二ヶ月、8回ぶんを放映している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/11 22:49
Reach the Beach / the FIXX ('83)
the FIXXのセカンドアルバム。 '83年当時、世の中ではデュラン・デュラン、カジャ・グーグーなどのイギリスの新しいタイプのロック・ポップ(アイドル)グループが続々登場し、アメリカのチャートをにぎわせ、ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれる現象を起こしていた。 ちょうどその頃に僕は洋楽を聴き始めたわけだけど、実はそれらの中でももっともはまっていたのが、このthe FIXXのこのアルバムだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/14 22:11
Archives / Qlair ('05)
amazonでつらつら検索してたら驚くべきものがひっかかった。 なんとクレアのコンプリートが去年の11月に発売されていた。しばらく呆然としたあと、我に返り、即購入。こんなことがあるのか?こういう仕事をする人間がいることに驚き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/07 23:22
IInd WINDs / M (lee Minwoo) ('05)
さてたまには男子をいってみます。 韓国男子アイドルグループの中でもダントツの人気で、CD屋のK-POPのコーナーの大部分を占拠している「神話」、そのなかのひとりがこのM、イミヌ。 去年出したこのアルバムからシングルがすでに三曲カットされ、どれもヒットしているようで、そのビデオクリップを見てあまりのカッコよさにいっきにファンになってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/06 23:50
810303 / eugene (2nd) ('04)
(続いて)元S.E.S.のユージンの2NDアルバム。 タイトルは生年月日らしいから、昨日だったわけですね。(昨日あげとけばよかった。) パダがマドンナのようなポップ・スター的な存在だとすると、このユージンはもっとナチュラルな風合いのシンガー。 かための「アーティスト」的なイメージと女性的な「色気」のある表情の歌声を併せ持っている。。 このアルバムではその声は軽やかでアコースティックなフュージョンタッチの「シティ・ポップ」と呼ぶような音にのせてある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/03/04 23:09
Made in Sea / BADA (3rd) ('06)
元S.E.S.のパダの三枚目。目玉は中島美嘉の「FIND THE WAY」のカバー。 声の質が中島美嘉の低く湿り気のあるものとは全く違う、透明で高い声域のもののためだいぶ違って聴こえるので、こちらもとてもいいカバーになってると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/03/03 22:17
DARK ANGEL / E. HYOLEE (2ND) ('06)
この2月に発売されたばかりのイ・ヒョリのセカンドアルバム。 4人組の女性アイドルグループ、FIN.K.L.(ピンクル)は、かつての日本でいえば、例えばSPEEDあたりだろうか? 1998年にデビューした頃はまだまだ子供のアイドルという感じだったのが、いったいどんな成長をしたのか、2001年くらいからデスティニーズチャイルド並みに超セクシーで本格的なR&Bグループのようなイメージをも持つようなグループへと変わっていた。 そのピンクルのなかでも、ほんとに黒人との混血なんじゃ?と思うくら... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/03/02 22:32
it's my time / chae yeon ('03)
韓国の、「エロかわいい」じゃないけれどもかなり色気よりによったアーティスト、このチェ・ヨンもその代表格ということです。 05年に出た最新作は三枚目となるのだけど、こちらはそのデビューアルバム。 「色気より」といっても全然きれいな範囲だし、エロというよりはちょっと日本でいえばお水系のルックスで、ちょっとフェロモンをふりまくセクシーな表情、衣装、というところで、日本人が見れば、「別に。すごくかっこいいよ」で終わるくらいだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/02/28 23:30
ONE / U;Nee ('06)
既に本国では二枚のアルバムを出しているユニの日本でのデビューシングル。三曲入り。DVDつき。2月22日発売。 アルバムは持っていたけれども、今回付属のDVDで、韓国でのシングル「CALL CALL CALL」の扇情的すぎるとクレームが来たというビデオクリップを初めて見た。 さらにこのDVDには、この日本向けシングルのジャケット用の写真を日本で(撮影は萩庭慶太氏)撮ってもらうために来日している様子が見れるメイキングが入っている。 シングルはともかく、この付属のDVDだけで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2006/02/26 21:59
Zeeny's / SHIM EUN JIN ('05)
韓国最高の女性アイドルグループのひとつ、BABY VOXから脱退してソロ活動をはじめたシム・ウンジンのファーストアルバム。 まったくアイドル性を排除して、高いアーティスト性をまとう音楽にしてある。 驚いたことに、このあいだまでアイドルグループで活動し、そのヴィジュアルで人気を得ていたようなタイプの人なのに、ジャケットにも、ブックレット内部にも、一枚もアーティスト写真がない!。 「脱アイドル」も随分徹底しているようだ。 そしてそれがなんかとてもカッコいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/02/25 20:57

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

musyt.blog 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる