アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ROCK」のブログ記事

みんなの「ROCK」ブログ

タイトル 日 時
Following The River / The Rolling Stones
Following The River / The Rolling Stones 2010年にデラックス・エディションで出た「Exile on Main St.」のボーナス・ディスクに収録されていた「Following The River」のミュージック・ビデオです。 映像から見ると、アメリカの50年代くらい?戦前、戦後あたりの映像、映画の断片にカラーをつけて編集したもののようだけど、あまりに美しい。 このビデオだけでも素晴らしい短編映画のよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/03 23:27
by a thread / DEVIN TOWNSEND PROJECT
by a thread / DEVIN TOWNSEND PROJECT 現在のミュージシャンの中で僕がもっとも好きなアーティストの一人、デヴィン・タウゼンドのライブ・ボックスセット発売。 最近のアルバム4枚、(4部作) 「KI」 「ADDICTED」 「DECONSTRUCTION」 「GHOST」 のライブ・コンサートがフル・プログラムでDVD4枚、CD5枚に収録。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/24 21:41
loveless / mybloodyvalentine
loveless / mybloodyvalentine さて、mybloodyvalentineの再発2発ですが、こちらは「loveless」。 二枚組のうち、disc1はリマスター、そしてdisc2はオリジナルテープからの新たにマスタリングしなおしたもののようです。 (少しだけ音が違う同じアルバムが二枚入っている、ということです。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/16 22:41
The Aristocrats
The Aristocrats ギターを中心としたスリーピースのインスト・グループ、The Aristocratsの約30分のライブ映像。 楽しい。 ジョー・サトリアーニのような演奏もあり、ブルースあり、ジャズ・フュージョンあり。 ジャズより聴きやすいポップな感覚、ユーモア感覚もあるのですごく聴きやすいし、「アメリカ!」というサウンドですね。 アルバムは10月に出たばかりのようですが、人気出そうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/29 22:16
SCHOOL'S OUT / ALICE COOPER
SCHOOL'S OUT / ALICE COOPER アリス・クーパー紙ジャケットシリーズ、12月発売分から、「キラー」、「スクールズ・アウト」、「ビリオン・ダラー・ベイビーズ」が届きました。 凄すぎる出来上がり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/24 14:06
SECTOR 2 / RUSH
SECTOR 2 / RUSH RUSHのマーキュリー時代の全作品を収めたボックスセット全3巻、届きました。前回のリマスターCD化から10年なので、まあ節目ということで。(全部持ってるのに買いなおしました。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 19:27
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION) (3)
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION) (3) 「GISH」。僕だけの個人的な意見ではこのアルバムは失敗作だと思う。名曲が怒涛のように連続するアルバムが?という感じだけど、どこか間違ってるような。SMASHING PUMPKINSの魅力をつかみきれてないプロデューサーが従来の価値観のまま録音してしまったような・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 19:21
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION) (2)
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION) (2) SMASHING PUMPKINSといえば。初来日公演'92年2月24日クラブチッタ。26日クラブクワトロ。 友人に誘われたにかもかかわらず、行きませんでした。 '92年2月19日、中野サンプラザでNIRVANA。'92年2月20日、東京ドームでガンズ。だったかな?。 観に行ってます。ともかく、来日ラッシュだったらしい。 経済的な理由でスマパンは行かなかったらしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 19:16
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION) (1)
GISH / SMASHING PUMPKINS (DELUXE EDITION)  (1) SMASHING PUMPKINS、「GISH」、「SIAMESE DREAM」、DELUXE EDITION発売。リマスター盤、当時のデモ、未発表曲集、そして、ライブDVD、の三枚組。20年か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 19:03
いっしょに、ねっ。 / 種ともこ
いっしょに、ねっ。 / 種ともこ うーん。種ともこの1stを中古で買いました。おそらく初版の’86年盤。わー、'86年のCDの音だ。ほとんどデータの軽いモワッとした音。懐かしい。技術の進歩、驚く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/25 23:00
蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ / SCORPIONS (2)
蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ / SCORPIONS (2) さて'78年のスコーピオンズは「TAKEN BY FORCE」とライブアルバム「TOKYO TAPES」を発表。ここでウリ・ロートが脱退。(同'78年、VAN HALENがデビュー)。'79年マティアス・ヤプスを迎えた新体制での「LOVEDRIVE」からは全く新しい音楽性に変化します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/16 20:39
蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ / SCORPIONS (1)
蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ / SCORPIONS (1) Scorpions「Sting in the Tail」。スコーピオンズのラストアルバムかと思ったら「セルフカバー&カバー・アルバム」の「Come Black」が今月発売。予約しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/15 20:54
X JAPAN Live 超強行突破 七転八起〜世界に向かって〜 / 再会の夜
X JAPAN Live 超強行突破 七転八起〜世界に向かって〜 / 再会の夜 8月13日にWOWOWで再放送された、2010年8月14日の「X JAPAN WORLD TOUR Live in YOKOHAMA 超強行突破 七転八起〜世界に向かって〜 / 再会の夜」を今日見ました。 正直、今のX JAPANにはほとんど興味がなかったりするのですが、やっぱり昔の曲を聴くと燃えます。 TOSHIも音が不安定だし、YOSHIKIも微妙だったりするし、いまだにHIDEの音源を使ってたりしたりするのが僕としては「どうかな?」と思いつつ見るのだけど、やっぱりSUGIZ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 22:17
Imagine / Chris Cornell
Imagine / Chris Cornell クリス・コーネル大好きな僕が見るからだろうか? こんな素晴らしいイマジン、なかなかない! と思いました。 やっぱ最高のヴォーカリストだわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/12 00:49
The Court Of The Crimson King / KING CRIMSON
The Court Of The Crimson King / KING CRIMSON BS-TBSのSONG TO SOUL再放送、今週はキング・クリムゾンの「The Court Of The Crimson King」。 やっぱすげえなこの番組。 このファーストだけに参加、しかしながら、実際のところ、このアルバム制作においてメインのメンバーと言っていい、キーボードのイアン・マクドナルドの自宅まで行って実際にキーボード、アコースティックギターで演奏してもらいながら、曲解説してもらう。 作詞家であり、コンセプトリーダー、そしてグループ名の名付け親のピート・シンフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/11 21:29
プリンセス・ジブリ / Imaginary Flying Machines
プリンセス・ジブリ / Imaginary Flying Machines Disarmoniamundiのメンバーを中心としたスペシャル・グループ Imaginary Flying Machinesによるスタジオ・ジブリ・カバーアルバム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/03 14:35
LAYLA (DELUXE EDITION) / DEREK AND THE DOMINOS
LAYLA (DELUXE EDITION) / DEREK AND THE DOMINOS この世で一番好きなアルバムのうちの一枚、デレク&ザ・ドミノスの「レイラ」、40周年、ボーナスディスク付きデラックス・エディション発売。 高校の頃買ったのから数えて3枚目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/29 22:22
TWENITY BOX / L'Arc〜en〜ciel
TWENITY BOX / L'Arc〜en〜ciel 震災前(3月9日)に発売されたラルクの3枚組ベストBOX。 またベスト?と思うなかれ、です。 聴いて驚きました。 音がまったく違う! なんだこの音のよさは! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/04 22:19
Virus Jones / DEADLOCK
Virus Jones / DEADLOCK デスメタルとガールロックの理想的な融合、ドイツのメロディック・デス・メタル・グループ、DEADLOCKの新作「Bizarro World」発売。 タイトルトラックの「Virus Jones」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/24 22:58
Eyes That Never Lie / Petr Elfimov
Eyes That Never Lie / Petr Elfimov らばQではカメラワークの凄さでとりあげられていたビデオですが、ここはあえて、本編の映像で楽しんでみます。 ベラルーシのロックヴォーカリスト、Petr Elfimov。(なんて読むんだろう?そもそもベラルーシってどこ?みたいな) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/26 21:56
WE WANT MOORE! / GARY MOORE
WE WANT MOORE! / GARY MOORE 突然の訃報。詳しい情報はまだ出ていないようですが、58歳、まだまだ現役という年齢でまたひとり偉大なミュージシャンが亡くなってしまいましたね。悲しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/02/08 00:22
The Chevalier / SERENITY
The Chevalier / SERENITY オーストリアのシンフォニック・プログレッシブ・メロディック・メタル・グループ、SERENITYの新作「DEATH AND LEGACY」からの先行MV「THE CHEVALIER」です。 なんかなんでもありというか、いまのメタルの要素を丁寧にいろいろ詰め込んだ(なかなかしっかりした)音楽性でカッコいいです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/06 17:48
これがビートルズだ
これがビートルズだ この週末は中山康樹のビートルズの全曲解説本「これがビートルズだ」(講談社現代新書)を読みながら、ビートルズ全曲聴きをやりました。 全曲といっても、アルバム15枚だし、曲もビートルズは(とくに初期)短い曲が多いのでさほどの時間はかかりません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/01 21:34
QUEEN GREATEST HITS
QUEEN GREATEST HITS QUEEN40周年、フレディ・マーキュリーが亡くなって20年、という2011年はQUEEN YEAR!。QUEENのカタログがユニバーサルに移籍、新リマスターで順に再発されるということで、第一弾としてベスト二枚が発売されました。 さて、そのリマスターSHM-CDの出来のほどは?ということで…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/22 22:34
RUSH IN RIO
RUSH IN RIO 今晩はRUSHのLIVE DVD「RUSH IN RIO」を見てます。2003年作品。 RUSHのLIVE DVDは発売されてるものはほとんど全部見てるのですが、一番熱狂的なファンにサポートされたという「IN RIO」はまだ見てませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/15 23:15
Animals As Leaders
Tosin AbasiというギタリストのプロジェクトグループAnimals As Leaders 。 8弦ギターによる超絶ギター・インスト・メタル。 サイドギターも8弦ギターで激太のリフの上にきらびやかでセンスの際立つリードギターが乗っていきます。 打ち込みも入っているようですが、タッピングによるサウンドがキーボード的、宇宙的ですね。 ドラムもウルトラです。 2009年発表のファーストアルバムから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/16 00:35
THE ULTIMATE COLLECTION / BON JOVI
THE ULTIMATE COLLECTION / BON JOVI 僕は輸入盤で買いました。二枚組で1000円台は安い!ので。 歌詞カードはなくても、いまどきLYLICSで見れるしね。 ただ国内盤はSHM-CD。すごく気になるのはたしかです。 この輸入盤でさえ、昔の曲の音のクリアさに驚き。 20年前の曲も最近の曲も、音のミックス的にはほとんど違和感を感じないで聴けるのがすごい。 このベストを作るにあたって、音もしっかりこだわり抜いてますね。半端な仕事はしてません、BON JOVI。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/11 23:56
Grand Mint Festival 2010 / (4) TIAGO IORC
Grand Mint Festival 2010 / (4) TIAGO IORC パク・セビョルを見終わった後、そのまま10CMを少し見て、club midnight sunsetステージに移動してオ・ジウンを少し見た。でも、あまり面白いと思わなかったので、mint breeze ステージに移動、Tiago Iorcを見ることにしました。 韓国に韓国のアーティストのライブを観に来たんですが、なぜか、ブラジル出身のアーティストのライブを見ることになりました。 「Nothing But a Song 」。名前とか顔とか知らなくても、誰でも知っているヒット曲。ティアゴ・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/09 23:17
Deep Exceed / ALDIOUS
Deep Exceed / ALDIOUS ジャパメタ、ヴィジュアル系ロック、アゲハ嬢、と21世紀の日本にある文化をいいとこ取りしてできたような奇跡のグループ、アルディアス、デビューアルバム登場!です。 予想していたよりもゴリゴリのスピードメタルが大部分を占める、かなり本格的に「METAL」したアルバムで「たるい」ところはないですね。 ど派手にツーバスかましてるナンバーが続いてアゲアゲ、という感じです。(しかし本当にこのArutoのドラム、巧い。「どこまで本当に叩いてるの?」と疑いたくもなるほどに巧すぎる完璧なドラミング) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/13 22:35
LIVE ON THE EDGE OF FOREVER / SYMPHONY X ('01)
LIVE ON THE EDGE OF FOREVER / SYMPHONY X ('01) SYMPHONY Xのライブ盤、「LIVE ON THE EDGE OF FOREVER」 ちょいプレミア価格なのですが、輸入盤が(ある程度)安くAMAZONに出たので、 ようやく入手しました。 2001年発表の、今から見れば初期の、ライブアルバム二枚組ですが、 想像以上に素晴らしかったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/16 22:41
PRECIOUS / MISERY SIGNALS
PRECIOUS / MISERY SIGNALS つづけて、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 22:08
宇宙飛行士への手紙 / GREAT WHITE
宇宙飛行士への手紙 / GREAT WHITE バンプの新曲のジャケット、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/14 22:05
JURIAN BEAT CRISIS / JURIAN BEAT CRISIS ('10)
JURIAN BEAT CRISIS / JURIAN BEAT CRISIS ('10) 全作詞・渡瀬マキ、全編曲およびギター・平川達也、と、LINDBERGチーム完全バックアップによる新人(川上ジュリア)JURIAN BEAT CRISISのデビューアルバム。 こんなべたな'90年代J-POPロック、2010年にやって許されるの?というくらい、当時のままのサウンドですね。 実を言うと僕は布袋(BOOWY)のギターと同じくらい平川達也(LINDBERG)のギターをコピーしていた世代なのでむちゃくちゃ懐かしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/06 21:41
スマパン in STUDIO COAST
スマパン in STUDIO COAST スマッシング・パンプキンズ見てきました。 僕は15年ぶり?懐かしい。 前座でユッキーのACID ANDROIDと、凛として時雨が出演。 だったのだけど、仕事終わってから行ったので、ついた時間にはACID ANDROIDは終わってました。残念。 しかし、前から見たかった凛として時雨のライブをついに見れました。 というかむしろ、スマパンより、凛として時雨のライブのほうが目当て?という話も。Tシャツも凛として時雨のは買いましたが、スマパンのは買ってないし。 というか今で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/12 01:49
こっち向いてBaby / ryo (supercell)feat. 初音ミク
こっち向いてBaby / ryo (supercell)feat. 初音ミク 既にsupercellとしての活動でも大ブレイクしているryo (supercell)の原点に帰るというか、アンコールというか、デビューアルバムに続いて、一年ぶりにもう一度初音ミクvocalでシングル発表したようです。 supercellだったら迷わず買うのですが、初音ミクvocalは迷うところです。 でもジャケットが宇木敦哉のイラストと知り、急いで買いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/08 15:04
20ten / prince ('10)
20ten / prince ('10) princeのニューアルバムが出るというので頼んでおいたものが今日届きました。 なんか思い切り安い紙に入った雑誌のおまけみたいなパッケージのCDが来たので、最近のプリンスはエコだなあ、と思いつつ、よく調べたら、これはヨーロッパのみでフリーで限定配布したCDなんだそうです。 amazon.com、アメリカでは買えないらしい。ヨーロッパから輸入したらしいamazon.co.jpも予約数だけで既に完売していたよう。 何も考えないでいつもどおりprinceなので注文しておいただけなのに意外... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/06 21:34
yet / naru ('10)
yet / naru ('10) naruの2集です。去年'09年のMINTのコンピレーションアルバム「男と女・・・そして話」収録の「君と僕のプロローグ」を聴いて、「わ、天才だ!」と思ってすぐに1集を購入、いっきにファンになってしまったnaruです。 先日のグリーン・プラグド・フェスティバルではうっかり復活(ブファル)のライブを最後までみてしまったおかげで、同時間に行われていたnaruのステージはラストの一曲のみ見れた、ということになってしまいました。 こうして2集のサウンドを聴くと、微妙に「惜しいことをした... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/25 21:53
山田のこと / 上條淳士
山田のこと / 上條淳士 上條淳士の初期('80年代、デビューからTO-Y前後の時代)の作品集がいきなりこの'10年に発売。驚き。 タイトルの「山田のこと」はTO-Yのニヤを主人公とした今で言うスピンオフ作品。'86年。当時も上條淳士の大ファンだった僕はこの作品もよく覚えてました。 そうか、これ単行本未収録の幻の作品だったんだね、気づいてなかった。 巻末の上條淳士インタビューでは当時の裏話が詳しく話をされていてファンとしてはものすごく嬉しかったです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/20 00:02
TODAY & UNCOLLECTED / Galaxie 500
TODAY & UNCOLLECTED / Galaxie 500 僕らの青春、ギャラクシー500、'88年のファーストに当時のアルバム未収録曲、未発表曲を集めたボーナスディスクをプラスした二枚組です。 3タイトルが3月に発売して「買おうかな、どうしようかな?」と悩んでたら、あっという間に完売したらしく、困ってたら、そろそろ中古で出回りだしたようで、中古で買いました。よかった。買えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/18 23:13
GALNERYUS + 小野正利
ガルネリウスに小野正利が加入というニュースを見た時には「なんのこっちゃ?」と思いましたが、うーん、かなりいけるじゃないですか? いよいよアルバム発売一週間前、期待に胸が高鳴ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 20:20
school food punishment in liquidroom
school food punishment in liquidroom 目下、僕が日本の音楽の中で一番好きで大切に思ってるグループ、school food punishmentのライブ、リキッドルームで見てきました。 前回の2月の渋谷のクワトロでのライブに続いて二回目です。 前回のライブは5枚目のシングル「future nova」発売前、そしてメジャー1stアルバムも出てなかったので、半分くらいインディーズのアルバムの曲をやっていたのに対して、今回はEPICからのメジャーデビューアルバム「amp-reflection」のツアーということでアルバムからほぼ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/12 01:16
Heima / SIGUR ROS (DVD) ('07)
Heima / SIGUR ROS (DVD) ('07) ポストロックバンドの代表格のシガー・ロスのDVDです。 ポストロック系の音楽って実は僕はとっつきにくい感じがしてなかなか聴いていく機会がなかったのですが、このシガー・ロスは前からいろんなところで名前が出てきていたので気になっていたグループでした。 たまたま検索してたらDVDがすごい安い値段で買えるのを知り、入手しました。 2枚組で一枚で地元アイスランドでの凱旋ツアーのドキュメンタリー映画、もう一枚はその映画で使われた各地でのライブシーンの完全版で収められているという、シガー・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/07 23:58
メイン・ストリートのならず者
メイン・ストリートのならず者 ストーンズの「メイン・ストリートのならず者」デラックスエディションを買いました。 国内盤はSHM-CD仕様な上に、ボーナスディスクのDISC2の曲が一曲多いということで少し値段は高いのですが国内盤を選びました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/05 22:02
RAW POWER / IGGY AND THE STOOGES (LEGACY EDITION)
RAW POWER / IGGY AND THE STOOGES (LEGACY EDITION) 4月に発売された「RAW POWER」のLEGACY EDITIONです。 PUNKはここから始まったと言われる'73年の作品ですね。 PISTOLSのスティーブ・ジョーンズも、DAMNEDのブライアン・ジェイムスも、CLASHのミック・ジョーンズもこのアルバムを聴いてギターの弾きかたを覚えたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/01 22:50
the early albums / THE MIRACLES
the early albums / THE MIRACLES 先日ジョン・レノン・ミュージアムに行ったときに気になってしまったのが、ジョンが持ち歩いていたという携帯型ジュークボックス。7インチシングルが40枚ほど入るというもの。 旅行などで持っていくということで、今で言えば ipodみたいなものですね。時代が変わるとこうも違うか、という。 ともかく、ジョン・レノン・ミュージアムではその携帯型ジュークボックスが展示してあり、中に入っていたシングルも同じものを揃えて展示してました。 このジョンの選曲、そのままでCD化したら売れるのでは?... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/31 21:12
lamb of god japan tour 2010 liquidroom
lamb of god japan tour 2010 liquidroom 恵比寿リキッドルームで、lamb of god見てきました。 最強(凶)のライブでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/20 23:36
D-LOOP ('97-'98)
D-LOOP ('97-'98) D-LOOP大好きでした。 ニュースにショックを受け、めったに開けない8CMシングルコーナーを探り、'97-'98年当時のシングル3枚引っ張り出してきました。 改めて聴くと、やっぱり名曲です。どれも。 MINAMIも少女とも少年とも聞こえる本当にいい声してます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/06 23:11
SLASH ('10)
SLASHの(ファースト!)ソロアルバムの登場! 参加メンバーが凄いですね。ドラムが元(NINE INCH NAILS)の(現在最高のドラマーのひとり)ジョシュ・フリース。ベースはよく知らない人だけど、すでにジョシュ・フリースが叩いている時点で最高のリズムセクションなのは決定していますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/02 23:29
ABINGDON ROAD / ABINGDON BOYS SCHOOL ('10)
(Japanese Side) 01. STRENGTH. (music: Toshiyuki Kishi) 02. JAP (music: Shibasaki Hiroshi) 03. キミノウタ (music: Shibasaki Hiroshi) 04. From Dusk Till Dawn (music: Shibasaki Hiroshi) 05. PINEAPPLE ARMY (music: Shibasaki Hiroshi) 06. 潮騒 (music: Toshi... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/30 23:57
(SHM-CD) NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL / ALCATRAZZ
アルカトラスのデビューアルバム、SHM-CDで再発したのが届きました。 さて、音はどう違うかな?と半信半疑でかけてみましたが、「おおっ!」 これは違います確かに。 もともと持っていた'96年発売のCDと聞き比べてみましたが、音の分離、ドラムの音、ギターの音、だいぶ違います。予想以上。いい仕事してるじゃないですか。ハピネットさん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/27 23:14
SLOW ATTACK / BRETT ANDERSON ('09)
ブレット・アンダーソン(ex スウェード)のソロ名義三作目となる新作「スロー・アタック」。 ソロ名義になってからの作品はブレットがいつでもまとっている「美意識」、「美」というものをとっぱらってしまったかのような「裸」、素顔のブレット個人をそのまま写し取ったような作品で、僕はいまいちな気がしてました。 「大人」のアーティストであることよりも、まだまだ「ロック」的な美学の中でブレット様には活動していてほしかったからです。 「ロック」をつくれる人間などそんなに多くはいないのですから、巨匠ブレット... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/22 22:58
wrath / lamb of god ('09)
僕は「現在のアメリカ最高のヘヴィメタルバンド」として友人に紹介しているラム・オブ・ゴッドの5作目です。 3月4日の赤坂BLITZ、見に行きました。 会場がどうノッていいのかよくわからない雰囲気のようでイマイチ一体感にかける気がして、ランディ(vo)も戸惑っていたように見えました。 でも、クリス・アドラー(dr)、神の如し。 凄すぎて、見ているだけで死ぬかと思いました。 アルバムで聴いててもこのドラムプレイに戦慄しますが、ライブでも期待通り、「凄すぎる」。 バスドラの使いかた、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/25 23:33
C'MON C'MON / SHERYL CROW ('02)
2002年発表のシェリル・クロウの最大のヒット作です。第4作にあたります。 シングルの「SOAK UP THE SUN」をはじめ、難しくない、ものすごくポップな聴きやすく楽しい曲が並びます。 シェリル・クロウはアメリカン・ロックの太いところ、伝統的なところなどをしっかりと引き継いだ本格派なので、ポップスター、というようなサウンドよりも、もっと「真剣」な切れ味が本当だと思いますが、このアルバムはそんな難しいところは置いておいて、 「とにかく楽しんでください!」 みたいな作りかたをし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/16 23:05
STRAY / AZTEC CAMERA ('90)
なぜか僕の中の個人的 「永遠の名盤100選」 みたいな紹介をします。 そしてなぜかまずアズテック・カメラ。不思議。僕はロディ・フレイム名義になってからも買い続けているファンですがだからといってアズテック・カメラのこのアルバムが思い浮かぶというのは不思議な気もしました。が、いってみましょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/14 22:51
共存 coexistence / YB (ユン・ドヒョン・バンド) (8th) ('09)
YB(ユン・ドヒョン・バンド)の8集。前作がわかりやすいハードロックで全曲捨て曲なし、という内容だったのに比べると、今作はかなり実験作という感じです。 ユン・ドヒョンも髪が伸び放題の長髪になって、(ちょっと汚い)とこの僕でさえ思ってしまいます。 まあカッコいいですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/07 22:40
8TH ATOMOS PART SECRET / SEOTAIJI ('09)
ソテジの8集バラ売り第二弾「SECRET」が'09年早くも登場。 01. BERMUDA [TRIANGLE] 02. JULIET 03. COMA 04. BERMUDA [TRIANGLE] RMX ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/25 22:43
CONTROLLER / MISERY SIGNALS ('08)
刹那い。UKロック+メタル+ハードコア。 アメリカ、ウィスコンシン州出身、ミゼリー・シグナルズの三枚目です。 メタルとハードコアの合いの子でメタルコアと呼ばれるシーンがあるそうで、このミゼリー・シグナルズはジャンル的にはその中にあるようです。 でもこのミゼリー・シグナルズ、リフの硬さ、ツーバスの粒放射などはメタルだけど、「これはメタルじゃないでしょう」と僕は思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/06 23:22
abingdon boys school ('07)
忘年会シーズンということでカラオケなんぞにもつい行ってしまう今日この頃。 そんな場所ではなぜか、というかやっぱりというか盛り上がるのがTM REVOLUTION。それで盛り上がってると、「いまはabingdon boys schoolってグループやってるらしいね。聴いてみたいんだけど・・・」なんていう人がいて、僕はライブDVDも買ってるほどのフリークなので、「今度聴かせてあげます」と応えます。 そんなわけで、「それならいっそ曲順を変えて」と、昔からこうしたかった「英語曲と日本語曲... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/12/14 00:44
ZERO ORDER PHASE / JEFF LOOMIS ('08)
NEVERMOREというグループのギタリストのソロアルバム。MYSPACEで聴く限り僕が入り込むような音ではないみたい(意外に正統的なHM)なのでNEVERMORE本体はまだ買ってませんが、ヘヴィメタルのギターインストアルバムというものが好きな僕はこのアルバムを買ってみました。 このジェフ・ルーミスはアメリカのギター系マガジンでベストプレイヤーに推されるほどの超絶テクニックの人らしいですが、たしかに凄まじい。まあそれくらいでなければギターインストアルバムなど作れないはずですが。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/22 19:23
ジルベルト・ジル(GILBERTO GIL)
01.MISERERE NOBIS [TROPICALIA('69)] 02.BAT MACUMBA [TROPICALIA('69)] 03.LOUVACAO [LOUVACAO('67)] 04.ENSAIO GERAL [LOUVACAO('67)] 05.RODA [LOUVACAO('67)] 06.FREVO RASGADO [DOMINGO NO PARQUE('68)] 07.ELE FALAVA NISSO TODO DIA [DOMINGO NO PARQUE('... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/23 18:39
DEATH MAGNETIC / METALLICA ('08)
たしかに・・・。 現代のメタリカがすっかり過去の名作「マスター」や「ジャスティス」を振り返った・・・という内容で。 いろんな感想がありますが、単純に言ってこれはけっこう僕は「聴けます」。 どちらかというとやはり、(いまさら)メタリカ?という僕のような初期オンリーのメタリカファンにとってはどんなに当時の音を再登場させたところであのアグレッシブさとは別種のものになってる、と思ってしまうのだけど、これはこれで「あり」かなと。 なんか逆に「メタリカ(五枚目)」でニュータイプのメタリカを見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/19 00:16
THE SLIP / NINE INCH NAILS ('08)
やばいYやばいYやばい// これは凄い。 '08年はインストアルバム「GHOSTS」に続いてのNINとしての新作「THE SLIP」。「GHOSTS」を聴いて、今年のトレント・レズナーの創作力の満ち溢れかたが半端じゃないというのは分かっていたけど、この「THE SLIP」は並のNINの作品ではないですね。 「DOWNWARD SPIRAL」当時のパワーにひけをとらない怪物作品だと思います。 こんなもう20周年、くらいになるような時を経て、この時代にいきなりどうしたんだろう?トレン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/02 23:56
NO END IN SIGHT / FOREIGNER ('08)
今日はこんなのが届いてました。 フォリナーのベストです。 「FOREINER」から5曲、「DOUBLE VISION」から3曲、「HEAD GAMES」から3曲、「4」から5曲、「AGENT PROVOCATEUR」から5曲、「INSIDE INFORMATION」から4曲、その他・・・諸々、という内容の2枚組です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 22:36
FILLMORE : THE LAST DAYS ('72)
"AT THE RIGHT TIME-AT THE RIGHT PLACE" よくまあそんなタイミングでフィルモアという箱をつくったものだなあ、と感心します。 1965年にビル・グレアムがサンフランシスコにフィルモア・オーディトリアム(のちに移転、フィルモア・ウェストとなる)をオープン。ちょうどその時期にはサンフランシスコはカウンター・カルチャーのメッカとなっていき、音楽ではサイケデリックミュージックが今にも絢爛たるその花を咲かせようとしていた。 グレイトフル・デッド、クイック... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/05 23:31
HOLD YOUR FIRE / RUSH ('87)
ライブアルバムに続いて。RUSHの全CDを棚からひっぱり出してきたついでに、'87年の「HOLD YOUR FIRE」です。 僕はRUSHを「GRACE UNDER PRESSURE」からリアルタイムで聴いている世代ですが、この「HOLD YOUR FIRE」には本当に感動しました。 ちょうどアナログレコードからCDへ移行する時期でこの「HOLD YOUR FIRE」は、初めてCDというメディアの凄さを感じたアルバムのうちの一枚でした。 この前の「POWER WINDOWS」も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/03 23:31
SNAKES & ARROWS LIVE / RUSH ('08)
DISC 1 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/02 23:53
TWO FOR THE SHOW / KANSAS ('78)('08)
今日はこんなCDが届いてました。 アメリカのポップ・プログレ・ハードロック・グループ、カンサスの’78年のライブアルバム。30周年記念ということでCD一枚分の未発表ライブ音源を追加しての再発売ということです。 僕はKANSASは'86年の「POWER」は当時かなり好きで聴いてましたが、実はそこから遡って聴いてませんでした。 KANSASはアメリカ産で、プログレ・ロック・グループとしてはかなり珍しいようなポジションだったので、評価もどうもはっきりしないようなものが多かった気がしま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/07/01 22:59
SUPER FUZZ BIGMUFF / MUDHONEY ('88)('08)
MUDHONEYの「SUPER FUZZ BIGMUFF」の20周年の2CD DELUXE EDITION。 リマスター、そして、同時期のシングルをすべて収録、2枚目には同時期のライブをコンプリート収録というSUB POP総決算みたいな重要カタログです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/22 19:36
THE COMPLETE PEEL SESSIONS / THE WEDDING PRESENT
買ってしまいましたよ。6枚組ボックス。ザ・ウェディング・プレゼントのジョン・ピール・セッションのコンプリートです。 去年出てたらしいですね。 やっぱりもう凄すぎです。当時(全盛期)もザ・ウェディング・プレゼントのジョン・ピール・セッションはよく聴いてたものですが、もちろん聴いたことのない音源も大量に入っていて、しかも、音質も今の技術でマスタリングされているので、当時のCDと比べて格段によくなってます。 ドラムの音、ベースの音(当時大好きだったベースです)、そして超高速カッティン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/21 23:36
OMAR AND JEREMY ('08)('01)
OMAR RODRIGUEZ LOPEZ AND JEREMY MICHAEL WARD ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/20 23:01
RECREATION / ACID BLACK CHERRY ('08)
01. 恋一夜 / 工藤静香 02. スローモーション / 中森明菜 03. あなた / 小坂明子 04. シャイニン・オン君が哀しい / LOOK 05. モノクローム・ヴィーナス / 池田聡 06. 異邦人 / 久保田早紀 07. 心の色 / 中村雅俊 08. 待つわ / あみん 09. 初恋 / 村下孝蔵 10. BEAUTIFUL NAME / タケカワユキヒデ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/16 22:44
AMIGO! / SANTANA ('76) [ 冒険王・横尾忠則展 ]
今日で最後という世田谷美術館の横尾忠則展に行ってきました。 最終日だからかなのか、かなりの人の多さ。 展示作品は主に最近の作品。 70年代の作品は逆に作品の制作段階の裏側をすべて見せます、というような展示のようだった。 サブタイトルが「初公開!60年代未公開作品から最新絵画まで」なのだけど、まさにその通りすぎて、その大事な70年代の作品自体はほとんど見れないんですか?・・・というのもあったような。 ただそのかわり、その時代に関しては、アーティストがここまで制作段階のものを公... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/15 21:35
WAGES OF SIN / ARCH ENEMY ('02)
何年か前にHM好きの友人に頼んでアーク・エネミーのアルバムを借りた。オススメは3枚目と4枚目ということだったので、その時に借りたのがこの4枚目だった。 それ以来はまってしまって気づけば今ではほぼ全作購入。逆にまだ聴いてない人に勧めまくってるという状況。 リーダーのマイケル・アモットは誰もが憧れるようなスーパー・ギター・ヒーローという感じだし、弟のクリスとのリードギターも、僕らの世代には嬉しい、マイケル・シェンカー、ランディ・ローズなんかも思い起こさせるような美メロ、美フレーズのオ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/14 23:57
ゴリアテの混乱〜大混乱ライブ / マーズ・ヴォルタ in STUDIO COAST
凄かった。最高を通り越して夢のようなライブでした。 こんなライブが観れるなら2008年もわりと悪くないかな、と思えるほど。 前回はzepp tokyoで客席がブロックになっていたのとあまりデザイン的には面白さもない箱だったのに比べると、今回のstudio coastはまず箱のデザインがカッコよかった。 収容人数的には結局同じくらいだったんじゃないか?と思ったけど、客席の構造、ステージ、照明、音響などの箱としての演出が素晴らしく良く、初めて行ったけど、ライブハウスとしては最高だと思い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/13 23:49
ゴリアテの混乱〜大混乱エディション / マーズ・ヴォルタ ('08)
いよいよ明日です。マーズ・ヴォルタ、新木場スタジオコースト。どんなライブになるんでしょうか?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/12 23:42
生命力 / CHATMONCHY ('07)
最新シングル「風吹けば 恋」などもう「カッコよすぎだろ!」というくらいスゴいグループになってきたチャットモンチーの去年のアルバムです。 「シャングリラ」「とび魚のバタフライ」「世界が終わる夜に」「橙」「女子たちに明日はない」といった誰もがいつの間にか覚えてしまっているはずのヒットシングルが満載。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/06/11 23:17
STATE OF MIND / RAUL MIDON ('06)
「ユン・ドヒョンのラブレター」を見ていたらこの盲目のシンガー、ラウル・ミドンのパフォーマンスがあった。 ギター一本をかかえ、パーカッシブな独特の演奏法の伴奏に素晴らしい歌声。一気に引き込まれた。 さらに口でトランペットの音色を完全に再現するスキャットを見せたり、ジャズの演奏法のギターに合わせて、メロディをインプロヴィゼーションでユニゾンさせていったり、と短い時間で「ラウル・ミドン」というアーティストを見せつけていった。 これは凄い、と、あわててこのアルバムを購入。 名前はどこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/10 23:17
AXIS: BOLD AS LOVE / JIMI HENDRIX ('67)
今日は6月9日、ロックの日、ということでジミ・ヘンドリックスの「IF 6 WAS 9」を聴きたくなった。 ジミ・ヘンドリックスは初めて「アクシス・ボールド・アズ・ラヴ」を聴いたときには本当に頭がぶっ飛んだ。 ジミ・ヘンドリックスは僕はこの二枚目、と三枚目があまりに凄すぎて、もうほとんどそれで充分じゃないか?という感覚がある。 ファーストはどちらかというとデビュー前の試作品みたいな感じがあると思っていて、やっぱりジミ・ヘンドリックスという怪物が作り上げた完璧な「アルバム」というこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/09 23:57
THE BEST OF SPARKS
今日友人に、あるアナログレコードを借りたのでレコードプレイヤーを久しぶりに接続した。 せっかくつないだのでついでに何かかけようと思って棚を漁っていてこんなものを発見、何年ぶりかに聴いてみました。 スパークス。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/27 23:50
GHOSTS I-IV / NIN ('08)
BRAND NEW 36 TRACK INSTRUMENTAL COLLECTION ON 2CDS NEARLY TWO HOURS OF ALL NEW MUSIC "SOUNDTRACKS FOR DAYDREAMS" ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/10 23:41
THE APOCALYPSE INSIDE OF AN ORANGE
THE APOCALYPSE INSIDE OF AN ORANGE / OMAR RODRIGUEZ LOPEZ QUINTET ('08) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/03 22:53
TOTO THE COLLECTION
TOTOのアルバム7作にDVD一枚(ライブ)の入ったボックスセットが出たようで、これを機会に購入しました。 懐かしい。中学、高校の頃はよく聴いてたなあ、と。 TOTOは好きな人は本当に好きなんでしょうけど、僕はそれほどの思いいれはなく、先日の来日ライブもとくに観に行きたい衝動は感じませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/31 00:06
THEY CAME FROM THE SUN / YOURCODENAMEIS:MILO ('07)
YOURCODENAMEIS:MILOの2NDです。 最近レコード屋にほとんど行かないので出てるの知りませんでした。 たまたま検索してて出てたのを発見、いそいで取り寄せました。 うーむ、やっぱり最高です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/14 21:36
2007年ベストアルバム(ロック編)
2007年を振り返るには少し遅いようですが、とりあえず今のうちにやっておきます。いまでも大量にCDを買ってるのだけど、気づけば「新譜」というものをほとんど買っていなかった。 復刻ものばかりじゃん。 これは本当に「オジん」なのかもしれない、と気づいてしまった。 そんな中僕にとっての2007年の「新譜」ベストアルバム5枚を紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/23 00:32
SWERVEDRIVER
[ SON OF MUSTANG FORD EP ] (1ST SINGLE) ('90) SON OF MUSTANG FORD VOLCANO TRASH KILL THE SUPERHEROES JUGGERNAUT RIDES ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/08 23:18
ALMAH / ALMAH (EDU FALASCHI) ('06)
さて、ここのところANGRAにはまりまくっていたのですが、結局のところ、ANGRAだけが飛び抜けて良いということを友人から教えてもらったので ヴォーカルのエドゥ・ファラスキのソロ・プロジェクト「ALMAH」のアルバムを買いました。 これが激・・・いい!。 やっぱりこれですよ。 このエドゥ・ファラスキ、ヴォーカリストとしての能力とともに作曲能力、アレンジ能力も驚異的な才能の持ち主じゃないですか。 ANGRAはギタリストのラファエルがほとんど考えてるのかと思ってましたが、半分くらいはこのエ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/14 23:38
heart tuned to D.E.A.D. / SWITCHES ('07)
最近のUKポップ・ロックは随分盛り上がっていてipodのCMなんかで使われたりするなどで一般的にはいいバンドがたくさん出てきていい時代、なのかもしれない。 でもどうも僕にとってはどれもイマイチ骨がない、ような感じで「いいのかもしれないけどオレは聴かないな」というところだった。 そんな僕ですが、これは気に入りました。 SWITCHES / HEART TUNED TO DEAD。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/06 22:02
まちのレコード屋さん
僕が小学生の頃からそこでレコードを買っていたレコード屋さん。 YMOや松田聖子のレコードなどを当時は宝物を買うようにして一枚一枚を大事に買っていた。 時代がCDの時代になった頃、場所が移転して最寄り駅の駅ビルの中に入った。その僕が高校の頃には行動範囲が広くなり、都内にまで買いに出ることも多かったのだけど、手軽なのもあってその時代にもその古なじみのCD屋さんでも多く買っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/14 23:45
FLOWERS for ALGERNON / KYOSUKE HIMURO ('88)
氷室京介のソロデビューアルバム。 BOOWYが終わって、氷室はどういう活動をしていくのか誰もが期待するなかで、最初のシングルは、まったく意味のない歌詞ののった、BOOWY時代にもなかったような、あるいは、BOOWYのなかではできなかったような、ストレートすぎるポップな曲、「ANGEL」だった。 ある意味それは逆に爆弾のように思えた。徹底したポップへの追求。ポップ・スターを演じきる宣言。その姿勢が、BOOWY以降を期待した人たちへの解答だったことに、潔さ、かっこよさを感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/06 23:20
PARANOID / BLACK SABBATH ('70)
一枚目と同じように、二枚目も一曲目の「WAR PIGS」という重い曲を耐えると、二曲目にはこれまた超有名曲かつ超名曲の「PARANOID」が現れる。 そしてさらに「IRON MAN」。 オジーがソロでも定番としてライブでやっていたのでかなりなじみがあるのだけど、このアルバムの本家の演奏ははるかにかっこいい。 ちょうどZEPの「コミュニケーション・ブレイクダウン」のリフが微妙にタイトでない刻み方が逆にスリルを上げる効果を生むのと同じで、微妙な「ズレ」「タメ」が不思議な効果をあげている... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/03 22:53
photograph / INORAN ('06)
九月に出たINORANの久々のソロアルバム。三枚目。 FAKEを終了し、RYUICHIと葉山拓亮との三人のユニット、TOURBILLONで活動中。TOURBILLONは二枚目を今月発表する。 TOURBILLONがAVEXである関係か、このアルバムは、BELLWOOD RECORDというインディーズ・レーベルでの発売、ディストリビュートはAVEX、ということになっているらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/02 23:45
VOW WOW III / VOW WOW ('86)
ジャパメタ史上、最高のアルバム。まさに頂点に存在する名盤。 全曲鳥肌が立つほどの爆裂。衝撃に吹き飛ばされる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/27 23:30
TEENAGE SUPERSTAR / MI:NE ('06)
K-POPの中でもこれは(僕にとって)ひさびさの大ヒット。これは凄い。 ジャケットのとおり、おそらく女子高生くらいの年齢のアイドル・ロッカー。 タイトル曲はアヴリル・ラヴィーンの「Sk8er Boi」を連想させる元気度満点のポップ・パンクソングだった。このビデオ・クリップを見てあまりのカッコよさにすぐ注文。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/25 22:40
As long as you love me / HAL ('02)
つづいてHALの2NDアルバム、そしてラストアルバム。 あまりに短い活動期間。 その後もサウンドプロダクションチームとしてのHALは浜崎あゆみのアルバムで音を作り続けていたけれども、単独での「HAL」というプロジェクトは終わってしまった。 物凄く残念だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/10/24 23:50
Violation of the rules / HAL ('01)
2001年頃によく聞いたアルバム。当時の日本の音楽で一番いい音をつくってるのは?と訊かれたら、すぐに「HAL」とこたえていた。実は現在、この2006年に聴いても最高の音だ。凄い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/10/23 23:39
EIGHT ARMS TO HOLD YOU / VERUCA SALT ('97)
「グランジ」と呼ばれたムーブメントがあった。当時も今も「変な名前つけたもんだ」と思うけど、 このヴェルーカ・ソルトも「グランジ」として紹介されていた。 ニナ・ゴードンといういまの美少女ロックヴォーカリストのはしりみたいなヴォーカルと女の子のギターのふたりを、ベースとドラムの男性ふたりが支える構図の四人組。 音楽性はチープトリックのようなストレートでポップなハードロック。コーラスワークはバングルスを思わせる。 このあたりはどんな解説にも書かれていることで、聴けば確かにそのとおりです... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/20 23:04
BLACK SABBATH / BLACK SABBATH ('70)
この上なく陰鬱な曲ではじまるこのアルバム。 タイトル曲の「BLACK SABBATH」はかなり聴くのがつらいタイプの曲。気の利かした曲順を考えるならばA面の最後かB面の最後に入れるはずだ。 それが、寂しさと暗さの中をウィッチの森へと導く雨の音に続きこの曲が始まる、というのはあきらかにBLACK SABBATHの祝祭に入るにふさわしい人間かどうかを試すのに必要な門という役割に思える。 まずはこの曲をじっと耐える。祝祭はその後だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/19 22:27
THE AUTUMN STONE / STONE FACES ('69)
実は、ということもないが、僕はフェイセスの大ファンで、ロッド(スチュアート、ヴォーカル)のアルバムをほぼ全部持っているのはもちろん、ロン・ウッド(ギター)も、ロニー・レイン(ベース)のアルバムもほぼ全部持ってるし、さらにイアン・マクレガン(オルガン)のアルバムまで持ってたりする。 ドラムのケニー・ジョーンズはのちにはキース・ムーンの後釜としてザ・フーに加入することになるのだけど、実は僕はケニー・ジョーンズのほうがはるかに好きだし、最高のドラマーの一人だと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/18 22:03
YOUNG LOUD AND SNOTTY / DEAD BOYS ('77)
'73年にニューヨーク・ドールズがいて、'81年にハノイ・ロックスがいる。 その間に歴史としてどんなバンドがいたのかを考えると、たとえばこのDEAD BOYSがいるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/16 22:50
western skies / roddy frame ('06)
ミュージック・マガジンかなにかでネオアコ特集、アズテック・カメラ特集をやっていて、ロディ・フレイムの新作が出ていたことに気づいた。あわてて購入。 僕はアズテック・カメラはネオアコとかうんぬん関係なく、単純に大好きなので聴き続けてます。 だから特集のネオアコのほかのグループはそんなに興味ないし、だいたい「ネオアコ」とかいって80年代の一種の流行だった動き、それは逆になんか遠ざけたいものでもあった。 アズテック・カメラはもっとずっとわかりやすく、もっとずっとロックのスピリットを持ち、は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/13 22:49
ELECTRIC / THE CULT ('87)
当時アナログで買っていたアルバムはほとんど売ってしまってるので、今頃になって懐かしくなり、CDで買いなおしているのだけれど、だいたいにおいてこの手のB級バンドはデジタル・リマスターなんてことはされておらず、CDはアナログ以下の音質のまま。聴けるだけで満足しとけ、ってとこなんでしょう。 制作自体も当時はアナログレコードを念頭に、アナログ録音が当たり前だったので、CD化にあたってデジタル・リマスターを行っていないアルバムはレコードに比べて、明らかにCDのほうが落ちます。だからアナログで買い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/12 23:05
SHOT IN THE DARK / GREAT WHITE ('86)
KINGDOM COMEの文でも書いている通り、グレイト・ホワイトも突然の70年代ロック再評価の動きにしっかり乗っかり、それまでDOKKENのような普通のLAメタルだったのに、70年代ロック指向にシフトし、それで大成功したというグループですね。 イアン・ハンターのカバーとか実に渋い取り入れ方をしていてこれもかなりツボにはまりました。 当時アナログで揃えてましたが、全部売っぱらってしまって今は手元になく、CDで昔買いなおしたセカンドアルバム「SHOT IN THE DARK」が残っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/10/11 20:54
KINGDOM COME / KINGDOM COME ('88)
最近、アナログレコードで持っていたアルバムをCDで買いなおすということをしていると何回か書いてるけど、これもその一枚。 これもかなり聴きまくった超好きなアルバム。 さて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/10 21:43
BIG LIFE / NIGHT RANGER ('87)
このアルバムはCDで買った。まだCDプレイヤーというものも買ったばかりで、最初に買ったCDのたぶんまだ10枚目とかそんなあたりだと思う。CDの便利さ、音のクリアさの中で聴いて、新鮮な気分、言ってみれば、それまでビデオで見てた映画をDVDで見た、という感覚だろう。まだまだCDというメディアが新鮮だった。 でも同時にレコードの良さ、アナログならではの感覚がないのが寂しく、ちょっと戸惑うところがあったのを覚えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/09 20:07
BREAKER / ACCEPT ('81)
さて、アクセプトのアルバムの中でも当時の僕がもっとも好んで聴いていたのがこの「BREAKER」です。 その後ガチガチのヘビメタになるのだけど、この時期はまだハードロックをやっていて、AC/DCをもっとポップにしたようなむしろチープ・トリック?というくらいの曲もやっていて、飾らないありのままハードロックを楽しむ姿、いろんなバラエティの曲を提供する「ハードロックバンド」としてのアクセプトがいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/06 21:02
METAL HEART / ACCEPT ('85)
実は僕は高校の頃、このアクセプトの大ファンだった。 中学の頃、はじめて聴いたヘヴィメタ群の中にこのアクセプトのアルバムがあり、高校に入ってすぐの頃、この「メタルハート」が出た。 アクセプトにとっても全盛期であり、ヘヴィメタという音楽にとっても全盛期であり、まさに「ヘヴィメタ」というムーブメントを集約した、中心にして最高傑作のアルバム、それがこの「メタルハート」だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/05 20:24
SILVERHEAD'S FIRST / SILVERHEAD ('72)
グラム全盛の頃、イギリスと日本だけで限定的に売れたシルバーヘッドのファーストアルバム。 僕の持ってるこのCDは'87年に出たドイツのLINE RECORDSというところから発売されたもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/04 20:39
5:55 / CHARLOTTE GAINSBOURG ('06)
シャルロット・ゲンスブールのアルバムです。 セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンの娘、という説明は必要でしょうか?。 「なまいきシャルロット」という映画など。 最近の映画ではぼくは2000年の「フェリックスとローラ」がかなりよかった記憶があります。「髪結いの亭主」のパトリス・ルコント監督ということでわりと話題になった作品ですが。 僕は彼女のようなタイプ、憂いのある表情、どこに視線の先があるのか不思議、という存在に惹かれる。 そんな彼女のアルバムが出るというので予約して買っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/01 21:27
THE ERASER / THOM YORKE ('06)
RADIOHEADとこのソロとどこが違うのか?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/14 21:48
SWEET IS THE MELODY / ASELIN DEBISON ('02)
M-NETで放送していた「四月のキス」がとうとう今週で最終回を迎えてしまった。 第23話、第24話(最終話)。 ほんとうに素晴らしく面白いドラマだった。 今週の最後の2話は泣きスポット満載。4人で二組の男女のそれぞれのエンディングで二回泣かせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/29 23:59
HOT FUSS / THE KILLERS ('04)
ピンキーと、のほうでもなく、クイーンでもないほうのキラーズ。 先日たまたまグラストンバリー・フェスティバル2005の再放送を見てたらとんでもなくかっこいいグループを発見。「えっ!なにこいつら?」 すっかりロック事情に疎くなってしまった今、ぜんぜん知らなかったけど、デビュー前からすごい話題で、この2004年のデビューアルバムは全世界で200万枚を売り上げ、グラミー賞にもノミネートされたという。 そういえばジャケットだけは見たことあった。そうか、こんなグループが出てきてたんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/15 22:37
OPERATION: MINDCRIME (6)
OPERATION: MINDCRIME / QUEENSRYCHE ('88) 最終回 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 14

2006/03/23 23:15
OPERATION: MINDCRIME (5)
OPERATION: MINDCRIME / QUEENSRYCHE ('88) 第五回 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/22 23:02
OPERATION: MINDCRIME (4)
OPERATION: MINDCRIME / QUEENSRYCHE ('88) 第四回 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/03/21 23:09
OPERATION: MINDCRIME (3)
OPERATION: MINDCRIME / QUEENSRYCHE ('88) 第三回 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/03/20 22:19
OPERATION: MINDCRIME (2)
OPERATION: MINDCRIME / QUEENSRYCHE ('88) 第二回 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/19 18:42
OPERATION: MINDCRIME (1)
OPERATION: MINDCRIME / QUEENSRYCHE ('88) 第一回 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/03/18 20:40
Reach the Beach / the FIXX ('83)
the FIXXのセカンドアルバム。 '83年当時、世の中ではデュラン・デュラン、カジャ・グーグーなどのイギリスの新しいタイプのロック・ポップ(アイドル)グループが続々登場し、アメリカのチャートをにぎわせ、ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれる現象を起こしていた。 ちょうどその頃に僕は洋楽を聴き始めたわけだけど、実はそれらの中でももっともはまっていたのが、このthe FIXXのこのアルバムだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/14 22:11

トップへ | みんなの「ROCK」ブログ

musyt.blog ROCKのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる