アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「K-POP」のブログ記事

みんなの「K-POP」ブログ

タイトル 日 時
Whoz That Girl / EXID
Whoz That Girl / EXID BEAST、4MINUTE、T-ARA、A-PINK、などを手がける作曲家「シンサドン・ホレンイ」が直接手がける女性グループ、EXID。 (「勇敢な兄弟」にとってのBRAVE GIRLS、に当たるわけですね。) 2011年最高の名曲とされるBEASTの「FICTION」の作曲家が手がける女性グループなので、やっぱり「女性グループ版BEAST?」と期待されてのデビューだったようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/24 18:30
記憶を使う / VOY (feat. ハン・ヒジョン)
記憶を使う / VOY (feat. ハン・ヒジョン) ミラーボール・ミュージックから、VOYというアーティスト、6曲入りミニアルバム。 それぞれの曲に6人の女性アーティストをヴォーカルに迎えているらしいですが、ハン・ヒジョンも参加。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/21 00:38
GIRL'S DAY first premium Live (SONG LIST)
GIRL'S DAY first premium Live (SONG LIST) GIRL'S DAYのライブ。曲目リストを作ってみました。(途中で挿入されていたダンスコーナーのBGMは不明でしたが) カバーしている曲から、GIRL'S DAYのメンバーの音楽の好み、影響を受けたアーティストがうかがえて、また楽しい気がしますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/11 18:38
ナ・オッテ (私、どう?) / GIRL'S DAY
ナ・オッテ (私、どう?) / GIRL'S DAY 1stデジタルシングル「ナ・オッテ」。ユラとヘリが加入前の曲ですが、これもやってましたよね。 ライブの途中でストリートライブ活動時の様子の映像が挿入されてましたが、「ユラとヘリ加入前の映像だけど、本人たちはどう思うんだろうなあ?」と思って見てました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/11 00:59
CUPID / GIRL'S DAY
CUPID / GIRL'S DAY GIRL'S DAY単独コンサートin渋谷O-EAST、最高でした。 ラスト曲「きらきら輝く」OST収録の「あなたの心をわたしにくれたなら」 ではメンバーみんな涙うかべてましたね。とくにヘリが大泣きで。 こっちもウルウルしてました。感動的でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/11 00:40
bitter sweet / lalasweet
bitter sweet / lalasweet lalasweet(ララスイート)の正規1集アルバム「bitter sweet」がhappy robot レコードより発売。 ビデオクリップの「私たちは今どのへんにいるんだろうか?」の映像。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/07 22:39
Don't Let Your Eyes Wander / Girl's Day
Don't Let Your Eyes Wander / Girl's Day 12月10日、渋谷O-EAST、Girl’s Day ファーストプレミアムライブ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/28 00:12
最高のポニーテール?
最高のポニーテール? 「はずした瞬間を想像!? 男性が「ポニーテール」に惹かれる理由 」 http://escala.jp/jyoshi/2011/08/post_942.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 22:24
WONDER BOY / AFTER SCHOOL BLUE
WONDER BOY / AFTER SCHOOL BLUE そしてこちらはジュヨン、レイナ、リジー、イヨンで構成されたBLUE。 REDがSISTERだとすると、こちらの4人組は、出た、FIN.K.L.(ピンクル)初期。 曲もダンスも、K-POPファンなら誰でもすぐに思い浮かべるピンクル。ほとんどトリビュートみたいなものですね。 伸びのあるヴォーカル、ピンクルでのジュヒョン役はやはりアフタースクールNO.1ヴォーカルのレイナ。 さすがにジュヒョン並みとは行かないまでも、21世紀版ピンクル、立派に再現してます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 23:38
夜空に(Night into the sky) / AFTER SCHOOL RED
夜空に(Night into the sky) / AFTER SCHOOL RED ガヒ、ジョンア、ユイ、ナナ、で構成されたREDチーム。 ひさびさに「勇敢な兄弟」作曲の曲で登場、ですが、最近は「勇敢な兄弟」はSISTERをやっていたので、この「夜空に」もほとんどSISITERの曲(たとえば「ニッカジッケ」)みたいに聴こえますね。 音使い、やさしい音色のキーボードサウンド、ジョンアを中心としたコーラスによってアフタースクールらしくなってますが、なんというかAFTER SISTER、という感触です。4人組だし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 23:01
Let Us Just Love / A Pink
Let Us Just Love / A Pink チェ・ガンヒ、チソン、ジェジュン、という強力ラインナップで(「シティハンター」の後続として)はじまったSBSドラマ「ボスを守れ(Protect the Boss)」。 ドラマは未見ですが、ともかく注目はA Pinkの新曲ということで。 そろそろ「ああ、そうか、これがA Pinkのカラーなんだ」とオリジナリティ、独自の魅力が見えてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 16:25
kiss & cry 決勝 クリスタル編
kiss & cry 決勝 クリスタル編 クリスタル、君は何者だ? SBS「キム・ヨナのキス・アンド・クライ」、決勝はクリスタル VS ソン・ダムビ。(他2チーム)。 韓国芸能界きっての運動神経(と美)を持つ二人の決戦、優勝は(やはり)クリスタルだったようです。 技術も表情も、とても番組がはじまってから練習を始めたとは思えないほどのクウォリティに視聴者もキム・ヨナも驚き、のようですが、決勝の演技も驚きのあまりわれを忘れるほどの凄さでした。 この映像は今後、何度も見直すことになるでしょうね。 凄い、クリスタル。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 15:39
カラカバナ / f(x)
カラカバナ / f(x) f(x)の新音源「カラカバナ」、TAITOのオンラインゲーム「Puzzle Bubble」韓国版のOSTだそうです。 f(x)には珍しいかわいらしいメロディから、展開していってコーラス部分のカッコよさ、エンディングに向かってf(x)らしいカッコよさにつながっていく。 お気に入りに登録で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 15:13
BAD GIRL / GIRLS' GENERATION
BAD GIRL / GIRLS' GENERATION ツアーの興奮も冷めやらぬこのタイミングで、ライブでも中心となっていた曲「BAD GIRL」のMV登場。 ちょっと不思議なダンスが特徴的ですね。少女時代にしては珍しい、体を大きく動かす振り付けが多くて驚きました。 (そのため)背が高い組がおとなしく動くのとは対照的に、テヨンがジャンプっぽく激しく踊っているのが目を引きます。 (というかどんな動きしててもテヨンが目を引くんでしょうが・・・) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/11 21:20
Show Me Love / Linus' Blanket
Show Me Love / Linus' Blanket おー、ライナス・ブランケットの久々の新作アルバムがもうすぐ発売らしい。 期待大大。 アルバムからの曲からMVが先行公開されてました。 いいですね。 ヨンジン、歌とピアノだけでなく、ダンスもうまい。カッコいいビデオですね。 ワンカットでまわしていくという手法(風に)つくられていて、センスがいいなあ、と思わせます。 古い洒落た、カッコいい映画みたいですよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/06 00:29
GOOD LOVE / カン・ミヨン
GOOD LOVE / カン・ミヨン カン・ミヨンの新曲「GOOD LOVE」のMV公開!。あいかわらず美しい。チョンゲチョン(清渓川)などソウルのデートスポットを歩き回る、ちょっとした擬似デートのようなビデオですね。 最近ほっぺたのふくらみを気にしているみたいだけど、いやいや、おキレイです、としか言いようがないです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/01 22:40
goodbye baby / miss A
goodbye baby / miss A f(x)の活動も終わり、現在2NE1が活動中の中、いよいよmiss Aが始動。 1位を取るために準備してきた曲のはずですが、どうなりますか? ニュースによると、スジが高校の勉強のため、活動しないということだけど、それだったらさみしいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/18 03:56
It Girl / A Pink
It Girl / A Pink A Pink の後続曲「It Girl」のMV公開。 5曲入りミニアルバムはどれもいい曲でしたが、「It Girl」が後続曲でした。 このMVではスローバージョンになってますが、Mカウントダウンではミニアルバムと同じバージョンでやっていたようです。 ほとんどKARAみたいな雰囲気の曲ですね。 デビュー当時の少女時代のような清純派(ちょっとださいファッション?)という近年にない、そして実は韓国でも(日本でも)長く待たれていた理想形ガールズグループの再誕に騒然となってますが、順調です... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/23 23:18
Hot Summer / f(x)
Hot Summer / f(x) 日本攻略中の少女時代の替わりに現在まさに天下を取ってるf(x)。 「ピノキオ」に続いて間をおかずに、またまた強力な曲でカムバック。 ビデオにしても曲にしても、あるいはメンバーのキャラクター作りにしても、やっぱり資本力が他の幾多の女性アイドルとはレベルが違うのをひしひしと感じますね。SMすごいです。 miss Aですらf(x)の活動時期なので逃げたような印象。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/17 23:16
Lonely / 2NE1
Lonely / 2NE1 音楽的なレベルが高すぎて、もはや(というか初めから)単なるガールズグループとはまったく違うレベルにいる2NE1。新曲「Lonely」登場。 今回とくに4人が均等にリードヴォーカルをとっているのが印象的でした。CLもミンジも(ボムと同じレベルで)すごいいい歌を歌ってますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/12 23:15
視線を下げて / HAM
視線を下げて / HAM HAMの新曲「눈높이를 낮추고(視線を下げて)」MV公開!。 先日の日本ショーケースライブで初お披露目された曲。ロックとポップがミックスされた、可愛くカッコいいHAMらしい曲ですね。 MVでは明るくカラフルなアイドル調の衣装と、モノトーンでロック調の衣装と2パターンの衣装を着ていますが、日本ショーケースの時にはガヒョンが革ジャンみたいなジャケットを着てるロック調のほうの衣装でしたね。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/22 22:17
親しい仲 / Lady Jane (2nd Single)
親しい仲 / Lady Jane (2nd Single) Lady Janeの2nd Single「親しい仲」MV公開!。 いかにもK-POPらしい主流のバラードですね。 このMVの澄んだ冬の青い空と同じくらいきれいなLady Janeの声。気持ちいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/21 20:22
LIKE A STAR / TAEYEON & THE ONE
LIKE A STAR / TAEYEON & THE ONE  こちらはテヨンと(テヨンの師匠)THE ONEのデュエット「LIKE A STAR」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 22:53
Say You Love Me / G.NA & HyunA
 Say You Love Me / G.NA & HyunA G.NAとHyunA(4MINUTE)による2010年11月発表のデジタル・シングル「Say You Love Me」。 今回発売された正規1集「BLACK & BLUE」には残念ながら収録されてないのですが、 これ、すごくいい曲で、G.Naの声の魅力(愛しさとせつなさと力強さと)が最大限に発揮されている名曲ですよね。 ヒョナも4MINUTE以上にラップにメリハリがあるようで、本業のラッパーのようでムチャクチャカッコいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 22:32
MV2曲 / 5DOLLS
MV2曲 / 5DOLLS 男女共学から女性陣4人と新メンバーのソ・ウンギョを加えた5人で新ユニット「5DOLLS」として活動開始!。 MVはなんとジェボム(!)と共演。 PART1 「입술자국」 (Lip Stains)(唇の跡)、 PART2 「너말이야」 (Your Words)(君のことだよ)。 ジェボムをめぐる2人の女の子のラブストーリー。同じ物語をそれぞれの視点から描き、2本の作... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/20 17:20
You are my everything / Flower
You are my everything / Flower 前回、去年の夏の再結成曲に続いて、フラワーのカムバック!。 ミニアルバムは5.5集になるそうです。 またいいバラードですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 16:06
パパラッチ / カン・ミヨン (ダンスバージョンMV)
パパラッチ / カン・ミヨン (ダンスバージョンMV) カン・ミヨン「パパラッチ」ダンスバージョンMV公開。 何度見ても魅力的なダンスですね。 微妙にけだるい感じのカン・ミヨンのダンスがまたセクシーでいいです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/18 21:00
HAM LIVE@Asia / 1st JAPAN LIVE in clubasia
HAM LIVE@Asia / 1st JAPAN LIVE in clubasia HAMのライブ見てきました。 やっぱりHAM最高ですね。 本国でも単独公演は経験がなく、初めてだそうです。本当の初ステージ。 日本でファンをやっていて、逆に良かった一面だったようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/17 23:15
パパラッチ / カン・ミヨン (Feat.エリック)
パパラッチ / カン・ミヨン (Feat.エリック) カン・ミヨン、新曲「パパラッチ」MVが公開されたようです。 ラップはエリック!MVにはSS501マンネ・ヒョンジュンとまたまた豪華なフィーチャリングで。 現役(男性)アイドルを手玉にとるお姉さん、というイメージが完全に板についてきて、BABY VOX時以上に暴れてくれているようで、ファンはうれしいですね。 さすがです。カン・ミヨン。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/16 20:43
Sunshine / カン・ミヨン (feat ジュンス from 2PM)
Sunshine / カン・ミヨン (feat ジュンス from 2PM) カン・ミヨンのニュー・ミニアルバムから「Sunshine」のMVです。 前回(MBLAQミル)に続いて今度はジュンスをフィーチャリング。若手アイドルとの「きれいなお姉さん」的ポジションを確立した、んでしょうか?。 ともかく、今回のMVのようにほんわかした歌い方、笑顔の多い作品のほうが、カン・ミヨンらしくていいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/09 20:46
Goodbye days / テヨン
Goodbye days / テヨン 去年やっていた、テヨンが主演のミュージカル「タイヨウのうた」(YUI主演の日本映画の韓国版)。その音源がアップされたようです。(うれしい) 映画そのままにYUIのカバーを3曲のようですが、テヨンらしい優しさ、あたたかさのつまった、(そして頂点のような歌唱力)名カバーですね。まさにbeautiful。CD化して欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/06 22:35
ふたつの顔の女 / ハン・ヒジョン
ふたつの顔の女 / ハン・ヒジョン 2011.03.12 ハン・ヒジョン単独コンサートの告知映像。 激カッコいい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/01 21:44
Visual Dreams / SNSD
Visual Dreams / SNSD intelのタイアップ・ソング、「Visual Dreams」MV公開!。 歌うまい組三人のラップ風ヴォーカル、中盤の展開がカッコいいですね。 センターは完全にソヒョンになってるような・・・。ユナの存在感が薄い・・・。 こういうピコピコした音の曲にはサニーの声が似合う気がします。 ロボット風のユニークなダンス、かわいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/18 23:18
Genie (3D Version MV) / SNSD
3Dヴァージョンのニュー・ヴァージョンMV。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/16 22:36
サランヘヨ(愛してます) / テヨン 「アテナ・戦争の女神」OST
サランヘヨ(愛してます) / テヨン 「アテナ・戦争の女神」OST 「アテナ・戦争の女神」OSTより、歌の女神テヨンの3曲目のソロ曲登場! パク・ヒョシンに続いて、テヨンまで!俳優だけでなく、OST参加歌手まで豪華なドラマですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/10 23:50
Don’t Stop The Music / 2NE1
Don’t Stop The Music / 2NE1 結局今年も2NE1の年だったな。やっぱり凄いな2NE1と思ってたら、まだ終わってなかったようですね。 ヤマハのスクーター「フィオレ」のタイアップという曲のMVが公開されたようです。 カッコいい。 ボムの髪が黒くなってます。 たしかに今年のアルバムの活動曲とはエネルギー、タッチが違う曲ですが、それでも充分カッコいいじゃないですか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/02 22:31
A〜ing / Orange Caramel
A〜ing / Orange Caramel 爆発してますね。オレンジ・キャラメル。「アイーン」って・・・。 懐古調メロディに、(日本風?)アイドル・ファッション。ここまで堂々と馬鹿キャラやれるのもAFTER SCHOOLという本体があってこそ、だと思いますが、それにしてもかなりショッキング。 (こんなスタイル、これだけで活動するなんて事務所から宣告されたら辞めたくなるんじゃないかな?と思うくらい馬鹿げたアイドルスタイルですが、見てる側からするとそうとう面白いです。) でもリジーのバラエティ番組でのキャラクターを見ると、リジー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/19 22:04
映画「踊る動物園」12月公開(ハン・ヒジョン、モング主演)
映画「踊る動物園」12月公開(ハン・ヒジョン、モング主演) 映画「踊る動物園」12月公開(ハン・ヒジョン、モング主演) ハン・ヒジョンと(the mongoose、neonsの)モングの二人が主演で「踊る動物園」という映画が公開!。 こうしてトレーラーを見ると、それぞれ役名は本人のままになってますが、ミュージシャンふたりの青春恋愛映画のようです。 半分ドキュメンタリー、(恋愛方面はストーリー)という感じになるんでしょうか?。 ハン・ヒジョン、映画デビューです。こうして映画で見るとやっぱり美人ですね。もともと女優みたいに見えるじゃないですか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 21:59
take the air / dear cloud ('10)
take the air / dear cloud ('10) ブリティッシュ・ロック調サウンドで演奏される韓国ならではの情緒あるメロディ、曲。 ディア・クラウド、8月に発表された最新ミニアルバムです。 先日のGrand Mint Festiva2010lでは、cafe blossom houseステージのトリでしたが、僕はその時間キム・ユナを見ていたため、見れませんでした。 (まあ、しょうがないですね) ユ・ヒヨル、lucid fallなどが一押ししてるインディーズ・グループですが、昨日今日、twitterでヴォーカルのナインとチョ・ウォン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/15 23:39
Daum Screensaver SNSD
テヨン 「週末は映画観ようか?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/13 12:32
#happyDARAday !
#happyDARAday ! #happyDARAday ! 今日は韓国Girls Pop界4大カリスマのうちのひとり、ダラの誕生日!だそうです。 お祭り騒ぎになってますね。 (4大カリスマって、もちろん他はCLとボムとミンジですが・・・) 2NE1フォーエバー! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/12 23:07
Grand Mint Festival 2010 / (5) ララ・スイート
Grand Mint Festival 2010 / (5) ララ・スイート cafe blossom house ステージは、mint breeze ステージとちょうど対面にあって、メインステージであるmint breezeステージの空き時間に交互に演奏されるというサブ・ステージみたいな役割になっていました。 その小さなステージですが、僕としてはかなり重要だと思っている現在急上昇中の新人ユニット、ララ・スイートのライブが行われました。 アコースティック・ギター&ヴォーカルのキム・ヒョナとピアノのパク・ビョルの二人組女性ユニット。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 23:58
Grand Mint Festival 2010 / (3) パク・セビョル
Grand Mint Festival 2010 / (3) パク・セビョル グランド・ミント・フェスティバル2010、続いて、けっこう楽しみにしてました、パク・セビョルのステージ。 パク・セビョルは、LUCID FALL、TOYなどのコンサートにピアノやコーラスで参加し、実力を認められてきたシンガーソングライター。'08年にミニアルバム「DIARY」でデビュー、そして今年ファースト・フル・アルバム「夜明けの星」を発表しています。 キャロル・キングやサラ・マクラクラン、ジュエル、アリシア・キースなどに影響を受けた、ということで、まさにそんな音楽性ですね。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/08 23:35
悲しい予感 / キム・ヨヒ
悲しい予感 / キム・ヨヒ ドラマ「ジャングルフィッシュ・シーズン2」のOSTにはtaruの新曲が3曲も入っていたり、t-araジヨンのバラードが入っていたりと話題が多いのですが、もうひとつ話題なのが、fanny finkの「倦怠その前に立った私たち」をiPhone女、apple girlとして話題になったキム・ヨヒが「悲しい予感」というタイトルでカバー!というニュース。 インディーズ感満点ながらも同時に音楽的に完璧、と言いたくなるような名作だった「倦怠その前に立った私たち」が、注目の新人キム・ヨヒによって、大衆... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/07 15:41
May / Belle Epoque
May / Belle Epoque コーヒープリンス1号店・サウンドトラック2の3曲めです。 Belle Epoque。このユニットは、Misty Blueのチェ・ギョンフンが'06年に結成した別プロジェクト。この「May」という曲の発表時点ではパク・ジヘという女性がヴォーカルを担当しています。 その後、'08年にはヴォーカルがチョ・ウナになった新Belle Epoqueでアルバム「日曜たち」を発表しています。 チェ・ギョンフンは(より主流ポップロックらしい)Misty Blueとこの(フランス映画に出てきそうな音楽... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/06 23:58
ブロッコリーの危険な告白 / シン・セギョン
ブロッコリーの危険な告白 / シン・セギョン 10月28日より韓国で公開されているという映画「アコースティック」、その中で(いま韓国でもっともHOTな女優)シン・セギョンはミュージシャン役を演じているようですが、そこでなんとハン・ヒジョンの「ブロッコリーの危険な告白」(アルバム「お前のドキュメント」収録)を歌っているようです。 すごい。つまり、シン・セギョンはハン・ヒジョンをモデルにしているということですね。 OST、MVも公開されてますが、オケもほとんどそのまんまハン・ヒジョンのものを使っているし、コーラスもハン・ヒジョン本人... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/05 21:05
Grand Mint Festival 2010 / (2) BARD
Grand Mint Festival 2010 / (2) BARD naruを見終わって、次にパク・セビョルを観にLoving Forest Gardenステージに向かうと、BARDというグループが演奏していました。 アイリッシュ・トラッド・ミュージックを専門にやっているグループ。初めて聞くグループ名なのになにか知っているような・・・。 と思って帰ってきてから調べたら、(ドラマ「宮」、「アイルランド」などでも有名な)[二番目の月]、[アリス・イン・ネバーランド]などと名前を変えてますが(メンバーも少しは変わっているらしいですが)要するに同じグループの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/03 00:13
毎日愛してる / LADY JANE
毎日愛してる / LADY JANE 今日発売のようです。LADY JANEのソロ・デビューシングル「毎日愛してる」。RAPでVerbal Jintが参加。 LADY JANEは'06年からAquibirdのヴォーカルとして活動、その後、ティラミスというユニットを結成、今年の9月にはcoin with lady janeとしてミニ・アルバム発表、そしていよいよ今回11月ソロシングルを発売と、ここにきて加速度をつけて飛び出してきた感じの女性ヴォーカルです。 Aquibirdはハン・ジヘのドラマ「憎くても可愛くても」の主題歌... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 22:34
Mr.Romance / fanny fink ('07)
Mr.Romance / fanny fink ('07) 今日はfanny finkのヴォーカル、myoiさんの誕生日だそうです。おめでとうございます。 というわけでfanny finkのファーストアルバム「Mr. Romance」。 今年発売の2nd があまりに素晴らしい出来でひっくりかえったのですが、このファーストアルバムも(2ndに比べると)まだ粗い部分は多いものの、曲やアイデアはfanny fink!素晴らしいです。大好きです。 この時点ではもうひとり、ギターがいて3人組だったんですね。 たしかに音楽性もウイスパーヴォーカル、ギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/01 23:57
It Hurts / 2NE1
It Hurts / 2NE1 2NE1、4曲目の活動曲「アッパ(痛い)」MVです。(TO ANYONE5曲目に収録) これまで披露していたカバー曲などで2NE1のバラードの実力は知られてましたが、オリジナル、活動曲としてははじめてのバラード曲ですね。 ふだんラップ中心のCLもローリン・ヒルに憧れて歌手を目指したというそのR&B感覚あふれたヴォーカル、すごくうまいです。そういえば少しレゲエタッチのこの曲、ローリン・ヒル的?。 天才パク・ボムはもちろん圧倒的。 そしてミンジの(下手すると一番大人びている)ヴォーカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/01 22:53
猫のワルツ / シム・ギュソン
pastel musicから、EPITONE PROJECTでのフィーチャリング・ヴォーカルで活動をはじめていたシム・ギュソンの待望のデビュー(デジタル)シングル「猫のワルツ」です。 本人出演の1300k.com(文具を中心としたオンライン・ショッピング・サイトのようです)のCFソング。 モデル?というルックス。声も、そして歌声も存在感のあるいい声ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/31 22:58
男女共学 Co-Ed MV2曲
「Bbbiribom Bberibbom」 「I Love You A Thousand Times」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/31 00:02
Grand Mint Festival 2010 / (1) naru
Grand Mint Festival のスタートとなる1日目トップバッターはnaru。 ひとり(エレクトリック)オルタナティヴ・ポップロック・バンドとでも呼べそうなnaruはカン・ギョンテのソロ・プロジェクト。 アルバムでは打ち込みでしっかりコーティングした甘いポップ感覚がかわいいのだけど、ライブではキーボードはいるもののほとんど打ち込みサウンドがない、けっこう硬派、ストレートなロックバンドサウンドになってました。 そんなサウンドもライブハウスの雰囲気があってまたよかったです。(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 22:35
カウルパンハク (秋休み) 1集 
Grand Mint Festivalの二日目。前日にLOVING FOREST GARDEN ステージで行われたEPITONE PROJECTのライブが収容人数オーバーで見れなかったという残念な結果を踏まえ、二日目は初めからLFGステージ狙いにするか、それとも絶対に見たかったDAYBREAKのライブが終わった後に向かうかを悩んでいるうちにいつの間にか案の定LFGステージが入場締め切りに・・・。 LFGステージトップバッターのカウルパンハクのライブは会場外に並んで音だけ聴くことになって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/29 23:14
Hoot / 少女時代
世界数十万人(数百万人?)が待っていた一曲が公開されましたね。 スーパージュニア・シウォンが友情出演でスパイものタッチのMV。 衣装が70年代アメリカ・ムービー風で若干WONDER GIRLS的ですね。 曲はリフ主体で少し入りにくい感じですが、中毒性ありそうです。 (リフだけ聴いているとそうとうロックしてます。) テヨンのヴォーカルから入ってティファニーにつなげて、エンディングではまたテヨンのフリーヴォーカルが楽しめ、センターにはユナが立っている、という黄金の構成が帰ってきて(... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/28 21:37
Propose / HAM(Heart & Mind)
HAMが歌うiphoneのCFソングだそうです。 いろんな仕事しますね。3人のかなり素顔に近い状態が見れて新鮮でした。 歌のノリがほとんどKARAみたいになってますね。 HAMらしくない、というか。(でも意外にKARAふうにやっても面白いグループだったりして) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/27 23:00
サボテン / EPITONE PROJECT (vocal シム・ギュソン)
EPITONE PROJECT、この「サボテン」という曲をタイトル曲としたミニアルバムを発表し、本人が歌ったバージョンも収録しているようですが、こちらはPASTEL MUSICでいまもっともデビューが待たれている(と言っていいであろう)女性アーティスト、シム・ギュソンが歌ったバージョン。 EPITONE PROJECT第1集「遺失物保管所」に収録されています。 曲のよさもさることながら、このシム・ギュソンの風のようなやわらかな歌声が気持ちいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/26 23:55
Where are you? / EPITONE PROJECT
最近ではpastel musicをリードするような存在になっているEPITONE PROJECTはチャ・セジョン(キーボード、プログラミング)のひとりプロジェクト。 自分でもヴォーカルをとりますが、TOY(ユ・ヒヨル)のように曲制作を中心にして、曲によってフィーチャリングでヴォーカリストを起用することが多いようです。 静かで叙情的な曲を、アコースティックからエレクトリックなど多様なスタイルで完成させてます。 ソングライティング・タイプのアーティストなのに、pastel music ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/20 23:46
私たちがはじめて会った日 / ハン・ヒジョン 「音楽旅行ラララ」より
ニュー・ミニアルバム「残酷な旅行」が発売されたばかりでよく聴いているのもあって、ハン・ヒジョン、youtubeでいろいろ映像を見てみました。 こちらはハン・ヒジョン、mbc「音楽旅行ラララ」出演時('09年8月26日放送分)の映像です。 去年発売のアコースティックを基調としたミニアルバム「ひも」の発売間もなくということもあって、アコースティックギターの弾き語りに(エレ)ピアノの伴奏というスタイルになっています。 曲はアルバム「君のドキュメント」より代表曲「私たちがはじめて会った日」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/19 23:32
GoodBye / The Melody
コーヒープリンス1号店・サウンドトラック2の2曲めです。 The MelodyはヴォーカルのTARUを中心に、キーボードのコウン、ギターのカンヨンで構成された3人組でした。 「コーヒープリンス1号店」当時の2007年まで活動していましたが、解散。その後、'08年よりTARUはソロとして活動を始めています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/18 23:58
Love Is Weaken 〜 / Low-end Project
Love Is Weaken When It Comes Out Of Mouth / Low-end Project ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/17 23:25
ソンミ大学合格おめでとう!
ソンミ、東国大学演劇学部合格のニュースが!。よかった、よかった。 というわけでyoutubeでソンミのビデオを見てたら、本当にどれだけ作られてるんだ?というくらいソンミ・トリビュート・ビデオの洪水。とても見切れる量ではないですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/16 23:57
7 Moments / fanny fink ('10)
これぞ韓国インディーズの傑作!と言えるかもしれない。ファニーフィンクの2集。あまりに美しすぎる曲たち。 ファニー・フィンク(ボニー・ピンクじゃないですよ。と言ってもまったく関係ないとは言えないかもしれない。ボニー・ピンクも10年くらい前はこんな感じの音楽もやってたかな?と)。 ファニー・フィンクはヴォーカル、作詞担当のミョイ(女性)とプログラミング、アレンジ担当のジェモク(男性)による二人組ユニット。 (ファニー・フィンクもpastel musicなのでコーヒープリンス一号店などの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/15 23:56
Breathe / Miss A
Miss Aの2ndシングル。しかしちょうど2NE1のカムバックに重なってしまい、ほとんど影に隠れてしまった気がします。 さすがに2NE1にはかなわないか。 かなり驚くようなキッチュな曲ですね。パク・ジニョンらしいといえばらしい。 WONDER GIRLSが歌っててもおかしくないかわいい雰囲気と実験的感覚のミックス。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/14 23:56
So Sexy / HAM
HAMの3rdシングル「So Sexy」。いつのまにか一人抜けて3人組になってました。(一番存在感のなかったミユが抜けたので、ある意味納得、という感じでしたが) HAMといえば、ヒョニ。ですね。3人組になってよりセンターに立ってる時間が長くなってますが、やっぱり抜群のルックスのよさだと思います。 現在活躍中の全ガールズグループの中でもっとも美形、あるいはカッコいい、とさえ思ってしまうくらいのカリスマですね。 デビューシングルの「TTダンス」の時から(清純っぽいイメージの多いK-... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/12 23:57
dream / no reply ('10)
感動間違いなし!。こちらは9月にhappy robot recordsから発売されたno replyの2集。 happy robot records、今年は本当に発売スケジュールが充実してますね。僕はほとんど月刊のように買ってるようです。 no replyは(名前のとおり?)日本で言うとMr.Childrenタイプの詩的な曲を聴かせるロック・ユニット。 クォン・スングァン(ヴォーカル、キーボード)、チョン・ウクチェ(ギター)の二人組です。 二人組とはいえ、ベースはdaybreak... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/11 21:55
aurora / daybreak ('10)
8月にhappy robot recordsから発売されたdaybreakの2集。 ポップ、ロック、ジャズ、ラテンをうまくブレンドしたようなシティポップ、フュージョン・ロックです。TOTOとかも思い浮かべます。 TOYのユ・ヒヨルが絶賛しているように、そちらサイド、ユ・ヒヨル、キム・ドンリュルなどにも通じるような高度な、韓国ならではの大人が聴けるロック。 (日本も'80年代にはこういうロックが多かった気がしますが・・・そういう懐かしさみたいなものも感じながら僕は聴いているのかも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/10 23:11
クデネヨ(It's you) / ソン・シギョン with IU(アイユー)
ソン・シギョン、復帰第一作はIUとのデュエット曲!意外性あるなあ。 IUが天才なのは誰でも分かってることだけど、最高峰ヴォーカリスト・ソン・シギョンとのデュエットということで、本当に超難易度の曲をこなしてます。凄すぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/09 23:54
とりかえしのつかない / gain (Brown Eyed Girls)
ブラウンアイドガールズのガイン、待望の初ソロ曲、MVが公開されました。 10分以上のドラマ仕立ての作品、ガイン、かなりすごいメイクアップで、よく知らない人が見たらちょっと(怖い?)かもというくらいですね。 昔のマドンナみたいな80年代バッドガール風ファッションでノスタルジックな時代風景の中でのドラマ。 車に乗ってるシーンとかはロードムーヴィーを彷彿とさせ、映画的感覚が抜群ですね。 内容はともあれ、この感覚はすごくいいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/08 21:01
kiss kiss / TARU
TARUの「音楽旅行ラララ」出演時の松岡英明の「kiss kiss」の(あまりに素晴らしすぎる)カバーです。 よくこんな素晴らしいカバー・バージョンにしたものだ、と驚くほどの名演ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/08 00:25
雨涙 / HOT POTATO(トゥゴウン・ガムジャ) GREEN PLUGED FESTIVAL
「告白」の大ヒットで注目のHOT POTATO(トゥゴウン・ガムジャ)、グリーン・プラグド・フェスティバルでの「雨涙」の映像を見つけました。 実は僕はこの撮影しているカメラ(アーム)の近くにいて、むしろそのカメラがステージを見るのに邪魔だったのですが、こんな仕事をしていたカメラだったんですね。 けっこうちゃんと撮影モードでやってたから、どこかで放送したんじゃないか、とは思ってたんですが、やはりありました。 あの日が甦ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/07 00:01
Don't You Know / ハン・ヒョジュ with NO REPLY
Grand Mint Festival 2010のテーマソングです。 NO REPLYのステージにはゲストでハン・ヒョジュが出演するらしい。 もともとNO REPLYは好きなので見るつもりでしたが、天下のハン・ヒョジュ出演となれば、お客さんも多いでしょうね。 (タイムテーブルを見ると同時間にCLAZZIQUAIのステージが・・・残念、CLAZZIQUAIはほとんど見れないことになりました。) ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/06 00:22
「残酷な旅行 / ハン・ヒジョン」ティーザー映像
10月6日発売、ハン・ヒジョンのニューアルバム「残酷な旅行」のティーザー映像公開!。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/05 01:03
光 / パク・キヨン
パク・キヨン、正規アルバムとしては4年ぶりの新作、そして結婚後初めての作品である第7集「WOMAN BEING」発売。 FLUXUS MUSICに移籍してからはアコースティックベストを発売していましたが、今回、正規アルバムをはじめてFLUXUSから発売ですね。 作家陣もFLUXUS MUSIC総出動のようで、LOVEHOLIC、CLAZZIQUIAI、W、IBADI、などのメンバーが曲作りに参加しているようです。 FLUXUSカラーのパク・キヨンか、いいなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/04 22:23
ハン・ヒジョン / 私たちがはじめて会った日 GMF2009
2010グランドミントフェスティバルを観に行くのですが、その中でも一番楽しみにしているハン・ヒジョンのステージ、2009のステージを見つけました。 公演の一曲めらしく、「フォトタイム〜」という場面が面白いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/04 00:03
Too Late / 男女共学 Co.ed  
Too Late / 男女共学 Co.ed   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/02 23:55
Grand Mint Festival 2010
10月23日(土)、24日(日)、Grand Mint Festival 2010を見に(また)ソウルに行ってきます。 こちらも(僕にとっては)すごく豪華な面々。ステージが4つあり、やはり特に遅い時間にビッグネームが登場するということで観たいアーティストのステージがかなり重なりそうで、まだタイムテーブルが決まっていない今、ハラハラどきどきです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/30 23:32
guys / New Stage
http://www.bandguyz.com/top-j.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/26 23:10
"Группа крови" (Blood Type) / YB
今回YBがカバーしている"Группа крови" (Blood Type) はロシアのロックグループKINOの1988年のアルバム「Gruppa krovi」からの曲のようです。 (さすがにこれは入手不能でしょうね) グループの中心人物であるViktor Tsoiは韓国人の父とロシア人の母を持つ韓国系ロシア人。1990年8月15日、28歳で自動車事故で亡くなっているとのことです。 KINOとViktor Tsoiはロシアのロックのパイオニアの一人であり、亡くなってからもそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/25 15:56
アテナ:戦争の女神
ドラマ「アテナ:戦争の女神」、パク・ヒョシンの主題歌をバックにした予告編MVが出てきました。 チョン・ウソン、スエ、イ・ジア、チャ・スンウォン、好きな俳優勢ぞろいなので、「アイリス」以上に大期待してたりします。 しかも主題歌がパク・ヒョシン! 毎回パク・ヒョシンの歌が流れるなんて、これは盛り上がります。 本当に最高ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/24 23:09
yb来日決定!
http://www.yb2010.org/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/23 21:44
ソン・シギョン in 渋谷C.C.Lemonホール
ソン・シギョン in 渋谷C.C.Lemonホール 「プレミアム・パーティー'10 SUMMER Acoustic Live & Talk」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 1 / コメント 10

2010/08/16 23:15
yet / naru ('10)
naruの2集です。去年'09年のMINTのコンピレーションアルバム「男と女・・・そして話」収録の「君と僕のプロローグ」を聴いて、「わ、天才だ!」と思ってすぐに1集を購入、いっきにファンになってしまったnaruです。 先日のグリーン・プラグド・フェスティバルではうっかり復活(ブファル)のライブを最後までみてしまったおかげで、同時間に行われていたnaruのステージはラストの一曲のみ見れた、ということになってしまいました。 こうして2集のサウンドを聴くと、微妙に「惜しいことをした... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/25 21:53
miss A (祝) M-COUNTDOWN 一位!
デビュー早々、miss Aの「Bad Girl Good Girl」がM-COUNTDOWN一位!。凄い。 M-COUNTDOWNは(所属事務所などにより)出演アーティストに偏りがあり、他の音楽プログラムに比べ一位をとり易い、という面はあるにしても、デビューして二週め三週めという時点で一位というのはやっぱり例外中の例外ではないでしょうか。 それだけあっという間に人気が沸騰したということでしょう。 僕もとにかく曲よし、ルックスよし、もちろんダンスよし、歌もよし、とさすがJYPと思える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/22 22:15
ミュージック・バンク 上半期スペシャル でのテヨンの様子
ミュージック・バンク 上半期スペシャルで少女時代のテヨンがエンディングのコメントで番組に対し「もっといい環境をお願いします」と言ったというのが話題(とバッシング)になってましたが、その回の放送が日本でも今週KBS WORLDで放送されたので見れました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/17 11:41
THE FIRST MINI ALBUM / ORANGE CARAMEL ('10)
AFTER SCHOOLの新入生たち3人によるニューグループ、オレンジキャラメル。 「最近のAFTER SCHOOLのメンバーは日本人ふうの名前をつけてくるなあ」と思っていたのですが、「ノッテムネ」時加入のレイナ、ナナと、もう一人、「BANG」時加入の最新メンバー、リジーを加えてこんなグループを作ってしまいました。 見てわかるように、ずばりコンセプトは「日本のアイドルグループ」風。 日本のアイドルグループといえば、下手っぴな歌と、意味不明なダンス。 韓国のアイドルグループはどこか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/10 22:29
FLOWER TUNES / FLOWER (5TH & SPECIAL EDIT) ('10)
コ・ユジンのFLOWER。ロック・グループとしてのFLOWERの5年ぶりのカムバック!の5集です。 VOCALコ・ユジン、GUITARコ・ソンジン、BASSキム・ウディというオリジナル・メンバーが再集結、このメンバーでこの夏は再結成コンサートをやるようです。見たい。 でも実際には、その5年くらいの間、コ・ユジンがソロとして(=FLOWER)として活動していたので、この再結成はちょっと不思議な感覚です。 ソロのほうがいろんなスタイルの音楽ができるし、FLOWERのような定番ロック... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/09 23:04
ララスイート (EP) ('10)
ララスイートのデビューミニアルバムです。mintpaper project vo.3 「Life」の3曲目に収録されていた「good bye」という曲を気に入ってこの作品もチェックしてみました。 ヴォーカル&アコースティック・ギターのキム・ヒョナと、キーボード(ピアノ、メロディオン)のパク・ビョルの女性二人組ユニットです。 女性二人組のアコースティック・ユニットというとなんとなく、ほんわかした可愛らしいサウンドを思い浮かべそうですが、けっこう重厚感のある深い音楽をやってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/06 22:41
ヨンハ〜(;;)
僕も死ぬほどショックです。 今日は一日落ち込んで仕事もにぶりがち。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/30 22:36
G.P.F. (9) CLAZZIQUAI PROJECT
予定ではCASKERに続いて19:30からCLAZZIQUAIが始まることになってましたが、雨のためにメンバーの到着が遅れていて、15分延期になるという。 「しょうがないなあ、人気者はギリギリに入るのか?」と思いながら、ちょっと座って休憩しました。 CASKERとCLAZZIQUAIは同じエレクトロ・ポップということで音楽性も近く、ファンも同じようでほとんど観客のステージ移動というのはない様子でした。 もちろん、アレックス、ホラン、という超人気者をフロントに据えているCLAZZIQ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/28 21:48
Day off / verandah PROJECT (キム・ドンリュル&イ・サンスン) ('10)
キム・ドンリュルと、(ローラーコースターのギターの)イ・サンスンの二人によるアコースティック・プロジェクトです。 ヴェランダの名のとおり、ボサノヴァ・タッチの曲もあり、ゆるい夏の午後の雰囲気を出してます。 ローラーコースターからはチョ・ウォンソンも2曲友情参加。 二人の双頭プロジェクトということで、キム・ドンリュルのストリングスなどの大作風味、ポップ風味と、イ・サンスンのアコースティックギター一本の手作り風味、ロック風味がミックスされ、面白い味わいになっています。 たしかにいつも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/18 00:35
G.P.F. (8) CASKER
TARUのライブが終わり17:30、大満足のまま、次に見る予定の18:40のCASKERまでは一時間近くあった。とくにこの時間見たいステージもなかったので、軽くぶらつくことにする。 と言うか、18:00からTARUのサイン会というのが行われるということでちらっと覗きに行くことにしました。 よく知らなかったので、サイン会の事前受付というのが行われていたのを知らず申し込みはしていませんでした。ちょっと残念・・・。 ライブ終了から間もなくだったので、ずいぶん慌しいことで、ファンたちもまだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/15 22:41
INNOCENCE / DAVICHI ('10)
ますます美しさに磨きをかけているカン・ミンギョンとイ・ヘリのお二人のニューミニアルバムです。 タイトル曲の「時間よ止まれ」は前回の「8282」と同じパターン、静かなパートと盛り上がるパートが急激なギアチェンジで行ったり来たりする曲ですね。 「8282」がダンス曲的だったのに対して「時間よ止まれ」はロック的なアレンジになっている違いはありますが、もうこれがDAVICHIの黄金パターンになっているのかもしれないですね。 きわめて表現力が広い歌い手が、二人いて、その二人を3分間という短い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/15 00:01
Emotion / jb ('10)
去年のシングル「1987」のMVがmnetでへヴィローテーションだったのではまっていた超美系歌手jbの'10年新曲です。 「1987」のMVでは、ナチュラルメイクにきれいなストレートロングヘアーのjbをソフトフォーカスでずっと撮り続けただけの、ほとんどイメージビデオというくらいナチュラルなjbのルックスを前に出した作品で、歌以上にそのルックスに惹かれたものでしたが、歌謡番組に出演して歌うときはメイクが濃いし、衣装もいまいちなドレスだったので、マイナーな歌手だとこういう状態になるものなん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 22:06
I am me / RUMBLE FISH ('10)
ランブルフィッシュのミニアルバムです。ランブルフィッシュもいつのまにか完全にチェ・ジニのひとりグループになってしまっているようですね。 もともとほかのメンバーはいてもいなくても演奏してるのが誰でもいいようなものだったとは思いますが、音楽も以前のランブルフィッシュとは違って、もうロックではないですね。 前回、チェ・ジニがソロとして出したシングルはポップソングでしたが、「ロックよりのバラード歌手」みたいな活動の時は、チェ・ジニ、としてではなく、ランブルフィッシュとして発表するんですね。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/14 21:25
G.P.F. (7) タル(TARU)
復活(ブファル)を最後まで見ていたせいでMOONステージで行われていたnaruのライブは見れませんでした。 続けてはEARTHステージでVANILA UNITY、MOONステージで3号線バタフライ、どちらを見るか迷った挙句、3号線バタフライを選択。 MOONステージへ移動。MOONステージでは15:20から3号線バタフライ、16:00からTEARLINER、そして16:40からTARUという予定です。 とにかくTARUが楽しみでこの時点ですでにほとんど上の空状態になっていたかもしれ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/08 23:56
NU ABO / f(x) ('10)
韓国ガールズグループの頂点で活躍しつづける少女時代が、韓国ミュージックシーンの主流音楽で常に頂点をキープするための商品づくりをされているのに対して、妹分のこのf(x)は常に革新的で、新しい次世代のガールズグループの姿を提示し続けています。 活動曲は、一聴してぱっと入り込める曲ではなく、「変わった曲だなあ」と思いながら聴いているといつのまにかはまっていく、という曲。 そして、ダンスもこれまでにあったどんなガールズグループとも違った変則的な動きを見せてくれます。 とにかく「新しい!」と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/06 23:59
G.P.F. (6) 復活(Boo Hwal )
BIURETが終わって、次は復活(ブファル)、しばらく見てからMOONステージのnaruを見に行こうと計画してたけど、意外に復活(ブファル)のライブが楽しくて最後まで見てしまいました。 復活(ブファル)はギターのキム・テウォンを中心としたハードロック(調・歌謡)バンド。イ・スンチョルがヴォーカルをしていた時代が全盛期だったらしいですが、現在のイケメンヴォーカリスト、チョン・ドンハになってからもまた新しいファンを開拓して人気のようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/04 23:36
G.P.F. (5) BIURET
2日目は13:30からのBIURETから。 午前中は買い物行って、お昼も食べてと時間ギリギリに「ハプチョン」の駅のシャトルバス乗り場に着いたらすごい待ち行列。これは並んでたら1時間くらいかかりそうと思い、近くにいたタクシーに乗り込む。 韓国は初乗りがそんなに高くないからタクシーでも4000ウォンかからなかった。5分とかからずノウル公園門前へ。 でもシャトルバスと違って、門から中へはは入れないので、門から丘の上の会場まで登山。かなり急な勾配を汗を流しへえへえ言いながら登る。きつかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/03 23:45
315360 / キム・ユナ ('10)
ジャウリム(紫雨林)のキム・ユナの三枚目のソロ・アルバムです。 ジャウリムでの活動も大部分キム・ユナが作っているわけですが、あくまでロックグループとして、いくばかの大衆性、ポップ性も考慮に入れた作品作りをしているのに対して、自身名義のソロアルバムではアーティスト性全開で思い切りアート感覚に溢れた、そしてキム・ユナにしかできない内面世界を描いた作品を作ってきます。 一曲めのタイトルも「おかしな世界のリリス」。描いている手法が一筋縄では行かないような。 僕はジャウリムも好きですが、どち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/30 23:11
G.P.F. (4) アリス・イン・ネバーランド, 小規模アカシアバンド
さて、WINTERPLAYが終わって次はWINDステージに移動してアリス・イン・ネバーランドと小規模アカシアバンドを見にいきました。 アリス・イン・ネバーランドはラテンのリズムのベースにスパニッシュ風のギター、アコーディオン、そしてヴァイオリンの弦楽器の旋律をのせたインストゥルメンタルを演奏するグループです。 韓国の映画でよく出てきそうな、空想上の異国のもののような音楽を奏でます。 大学のサークルとかで作りそうな種類の音楽ですね。まさに軽音楽、みたいな。グループ名の童話的なイメージ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/30 22:04
2 DIFFERENT TEARS / WONDER GIRLS ('10)
2週間限定の韓国での活動を終えアメリカに戻ってしまったワンダーガールズですが、やっぱり、韓国最強の女性アイドル、ソヒはあいかわらずむちゃなレベルでかわいかったですね。 ソンミの脱退でワンダーガールズの魅力もかなり減少しているのでは?と危惧してましたが、ソヒがいればやっぱりワンダーガールズはトップクラスでした。 新メンバーのヘリムは正直、ソンミには比べられないと僕は思うのでなんとも言いようがないです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/30 16:44
G.P.F. (3) WINTERPLAY
HOT POTATOが終わって次はSKYステージに移動。ハミング・アーバン・ステレオ、続いてW&WHALEを見ました。WHALE、やっぱ歌うまいです。カリスマもあるし。W&WHALEのステージはバンドものあり、ソウル・ジャズ風もあり、そしてエレクトロもあり、といろいろ楽しみました。とくにエレクトロダンスものではやっぱり会場もかなり盛り上がる。レーベルメイトであるクラジクワイと感覚的にはやっぱり近く、このへんのカッコよさは共通してますね。 盛り上がっているところで、18:50から隣のMO... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/27 23:47
G.P.F. (2) HOT POTATO (トゥゴウン・ガムジャ)
4月に出したミニアルバムからの「告白」がヒットしていたキム・CひきいるHOT POTATO (トゥゴウン・ガムジャ)(熱いジャガイモ)のステージ。 バラエティでも人気のキム・Cのステージということでセッティングで彼が登場すると会場から大きな歓声。ステージ前にはどんどんと人が集まってくる。 あちこちから「モシッタ〜」という声が。バラエティに出ている時のさえないような顔はそのままだけど、ギターを抱えて本業のロック・アーティストとしてステージに立っている時はやっぱりすごくカッコいい。 キ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/26 23:39
グリーン・プラグド・フェスティバル (1)
5月21日(金)、22日(土)の二日間にわたって行われた韓国でも最大級というロック・フェスティバル、「グリーン・プラグド・フェスティバル」に行ってきました。 場所はソウル、ワールドカップ公園内にあるノウル公園。広大な敷地内に5つのステージが設けられ、出演アーティストは100組以上という夢のような規模。出演アーティストも仮にソウルに住んでいても見ることが難しいようなインディーズ系のグループも多く、僕もこの機会を逃せば見ることは絶対にできないのがわかっていたので金曜日は仕事を休んで行ってき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/24 23:48
"SeeSaw" OST / HOT POTATO(トゥゴウン・ガムジャ) ('10)
3月に発売されたHOT POTATO(トゥゴウン・ガムジャ)の最新ミニアルバム。今回は「シーソー」という(架空の)映画のOST、という設定。映画はキム・テウ(俳優のほうの)と日本でもおなじみのペ・ドゥナが主演。 ミュージックビデオが、前編「告白」、後編「シーソー」と計14分もあるので立派な短編映画とも言えますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/08 23:07
ハン・スンヨン骨折?
今日のm countdownはイ・ヒョリのカムバック・ステージでしたが、それよりもKARAのスンヨンが右腕を吊っている姿が心配で見てられませんでした。大丈夫なのかな?。 しかし、今回の「ルパン」の活動はスンヨンは、足をもつれさせて思いっきりこける回があったり、ちょっと散々な活動だったのでは?。髪型をショートにしたのが殺人的にかわいく、ルックス的には大成功だったのに。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/04/15 22:09
激震!TVXQ活動休止!
とうとうこの日が来てしまいましたね。 ここまで巨大なグループが止まってしまうと、国家的規模で経済に影響してしまいます。 これからどういう動きになっていくのか? エイベックスにしてもSMにしてもこの巨大な売り上げを埋めるための次の手を打たなければいけないわけだから、なにかまた別の大きな波を起こさないといけないですからね。 女性グループ(少女時代)投入?、スーパージュニア、シャイニーなど弟格にしてもTVXQの再現は不可能だろうから、なにか根本的に違う動きが行われるはずです。 楽しみというか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/04 11:59
パク・ギヨン結婚おめでとう
パク・ギヨンが五月に結婚とのニュースが。 だいたい結婚のニュースがあると「え!結婚しちゃうの?」と反応してしまうものと、「それはよかった」と反応するものと二通りあると思うのだけど、こちらは友人の結婚の話のように普通に「よかったね」とうれしくなったニュースでした。 パク・ギヨンはなんかそういうキャラクターですね。 安定した実力でいい音楽を作り続けてくれるパク・ギヨン。 7集が準備中という消息もあり、どんどん幸せになって、幸せなアルバムを届けてくれ、と思いました。 おめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/01 22:28
KARA first showcase in JAPAN 2010
赤坂BLITZ行ってきました。しかも昼夜二回とも見てしまいました。とくに用事もないのでいいか、と思ってどちらも見たのですがさすがに疲れましたね。と言っても見ている間はあっという間という感じの楽しい時間でしたが。 まずは客層に驚きました。どちらの回も半分以上女性ファン、しかも10代くらいのKARAと同年代のようなファンがかなり多かったこと。SS501ファンから来ているんでしょうか? よく考えてみるとなるほど、という感じなんですが、やっぱりK-POPブームは女性ファンが中心だし、KARAみたいな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/07 22:27
ソンミ脱退!
ワンダーガールズからソンミが脱退したようです。 ついにこんな日が来てしまいました。予想されていたことですが、ものすごくショックです。 たしかにただの韓国の一アイドルグループで終わるのではなく、アメリカでアーティストとして成功することは目標としては素晴らしいことでしょうし、実際ビルボードにランクインという足がかりもつけて、可能性も見えているのでしょうが、同じ年くらいの「少女時代」のメンバーが大学に入学したりと学業と芸能活動を両立させているのを見れば、アメリカでの活動のために、高校を中退してまで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/24 21:04
パク・ヒョシン・コンサート 中野サンプラザ
パク・ヒョシンのコンサート行ってきました。 まず、本当に席が近くて、ちょっと他の熱心なファンのかたがたには申し訳ないくらいでした。 顔もはっきり見えて、男性客がかなり珍しい比率のせいか、何回か目が合った気がしました。 中野サンプラザは二階までほとんど満員というくらい入ってたようです。凄かったです。 日本での初コンサートなのに、こんなに人気があるんだと驚きました。 前半はバンドもいいし、歌もいいし、本当にいいコンサートが始まったな、と思ったんですが、 風邪をひいていてコンディショ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/23 23:26
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (17-20)
17. HEARTBREAK HOTEL (4TH ALBUM SIDE A) / GAVY NJ 去年から手堅いヒットを飛ばし続ける三人組女性バラードグループ、GAVY NJの9月に出た4集(半分)。活動曲「やつれたって」はまたまたいい曲でした。 黄金パターンを発見したというか、メジャーアーティストの仲間入りすると作品作りもAクラスのものになるように動いていくものなのか、どの曲も安心して聴ける感じです。 歌い上げるヴォーカルスタイルのヒヨンのクライマックスに向けて他の二人が他の部分をバト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/13 23:58
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (14-16)
14. GLOWING UP (1ST ALBUM) / IU...IM (2ND MINI) / IU ソロ・アーティストとして今年のガールズグループ・ブームの中をひとりでソロ・アイドルとして泳ぎきっていったアイユー若干16歳。 「BOO」、「イッチャナ」を中心としたフル・アルバムに「マシュマロ」を活動曲としたミニアルバムの他にもドラマ主題歌のバラードを数曲発表とどれだけ働いてるんだろう?というくらいの動きぶり。しかもどの曲も恐ろしく完成度の高い歌唱。声の使い方や表現の仕方のパターンが本当... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/12 23:59
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (11-13)
11. SOUND G / BROWN EYED GIRLS どこまで行くんだ?ガイン、というくらいのR指定パフォーマンスで、以前は想像も出来ないくらいのセクシーグループになってしまったブラウンアイドガールズ。 どうもこの方向性は僕はなんとなく嫌でその音楽性とは別に評価を低くしてしまってました。 でも「ABRACADABRA」のブレードランナーをイメージした衣装、近未来グラムサウンドはたしかにカッコよかったです。 ガインのエロイメージはこの作品の活動が終わったら離れてほしいと思ってるだけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/11 23:55
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (7-10)
7. ATOMOS (8TH) / SEOTAIJI 個人的に2009年最も期待していたソテジのアルバムでしたが、意外にあっさり「朝の雪」の発表を最後に8集活動を終了させてしまい、すっかり肩すかしされた感じがしました。「MOAI」、「SECRET」と先行シングルで発表済みの6曲に「朝の雪」を含む新曲2曲にリミックスを加えただけだったので、ちょっと残念でした。リミックスを含めないと8曲入りなんて納得できないですよね。 曲はどれもすごく良く、大好きだったけど、そんな残念感があったためにこの位置で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/10 22:11
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (4-6)
4. (6TH) VOCOLATE / (SINGLE) INSOMNIA / WHEE SUNG 今年は「インソムニア」がむちゃくちゃカッコいい!と思ってフィソンに注目してたところ、10月に出た6集「VOCOLATE」、活動曲の「チュルル」がこれまた本当に名曲、名盤で、このアルバムにどっぷりはまってました。全曲活動曲になるレベルの充実した曲が並んでます。 それぞれの曲も、ジャケットやタイトルのように、ちょっとビターでちょっとスイートなチョコレートのような味わいのソフトなR&B。 基本的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/05 23:42
(極私的) 2009 K-POP 円盤 ベスト40 (1-3)
2009年のK-POPは本当にとてつもない年でした。思い返すと「これ全部2009年にあったことだっけ?」と驚くほどの状況で。 アメリカで活動中のワンダーガールズの不在を埋めて余りある無数に活躍するガールズグループたち。 その中心にいた2NE1の爆発っぷりが凄まじかったです。 年初から「Gee」で無敵状態で飛ばしていた少女時代の活躍をすっかり忘れさせるほどの2009年後半の2NE1劇場でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/04 22:14
2NE1 ! ! MNET MUSIC AWARDS
SMエンタテイメントの不参加などでどことなく盛り上がりにかけるような今年のMNET MUSIC AWARDSでしたが、 「今年の歌」賞は2NE1!。今年は本当に2NE1の年だったので、ここだけとれば満足できるようなショーだったですね。 そして「今年の歌手」賞は2PM。ジェボムの事件で本当に大変だった2PM。コメントでも絶えずジェボムの名前を出し、戻ってくるのを待っているという言葉に感動します。本当に、来年には戻ってきてもらいたいですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/21 23:14
COLLECTION / SS501 ('09)
SS501のアルバムを初めて買いました。お目当てはジョンミンの(元LOVEHOLIC)チソンとのデュエット曲「ハミョヌン アンデ」。名バラードです。 リーダー・キム・ヒョンジュンは花男でのジフでの美男ぶりやバラエティ(結婚しました)などでの独特の間のとりかたの面白さで、(普通にだれでもと同じように)好きですが、実は僕はSS501の5人の中ではジョンミンが一番好きです。 ヒョンジュンが遊びでつくるという自作の小説でジョンミンに迫られるという設定をするなどが納得できるような、いかにもBLなルック... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/26 00:07
CLAZZIQUAI at 赤坂BLITZ
行ってきました。 クレジクワイ・プロジェクト、赤坂BLITZ。 ホランはキュートだし、アレックスはカッコよく、面白かった。 レーザー光線、や背面モニターの映像などの演出が決まっていて、 静かめの曲も、ややムズカシメのマニアックな曲も退屈させることなく、というか逆に神秘的に聴かせていて、しびれました。 MCは韓国語、英語、日本語のチャンポンでしたが、韓国語もさほど難しいことは言ってなかったので聴き取れましたが、本人たちも、いいステージでリラックスして楽しんでいるような雰囲気で、こちらも気... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/19 23:02
チェボム!
2PMといえば、チェボムでしょう。 脱退?マジですか?本当にショックですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/08 22:52
西橋ホテル
夏休みはソウルに行ってきました。 現在1000万人突破という記録をつくっているという大ヒットパニック(津波)映画「ヘウンデ海雲台」という映画を見たり、 となりの町のインチョン仁川でやっている「未来都市博」に行ったり、 僕の好きなアーティストがよく出演しているライブハウス「Soundholic」に行ったり、 ソウル大公園にある国立美術館に行ったり、 その他いろいろしていたのだけど、 なんかものすごくタイミングがよかった、というか運命みたいに呼ばれて行った、みたいな感覚がありまし... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/22 23:55
ハン・フィジョン / ひも ('09)
THE THEのヴォーカルだったハン・フィジョンのソロ・ミニアルバム。こちらもPASTEL MUSICから発売。 目玉はNELLのキム・ジョンワンの参加です。 全曲彼女の作詞作曲、基本的に全曲アコースティックギターの弾き語りで、アレンジ、演奏もすべて彼女ひとりでやっているらしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/19 23:59
FIRE VS GENIE
2NE1の「FIRE」「I DON'T CARE」を中心としたミニアルバムと、GIRLS GENERATIONの「GENIE」「ETUDE」を中心としたミニアルバムの対決が6-7月に行われてましたが、僕はどちらかというと2NE1のほうが上でした。 というより、2NE1最高!と思って活躍を期待してたのに、突然ソニョシデがCOMEBACKしてきて「邪魔された」みたいな感触を受けてしまいました。 「早いよ」「もうちょっと2NE1の活躍を見せてよ」と。もともとは少女時代ファンなのに・・・。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/29 00:36
FIRE / 2NE1
スーパーカッコいいですね。2NE1「FIRE」。 女子版BIG BANGということで実力は半端ないようです。 RAPもヴォーカルも「ちょっと待て・・・」というくらい呆れるほど上手い。YGエンタテイメントが確信を持って送り出す最高のガールズグループ、ということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/11 00:55
DREAMS COME TRUE / BIURET ('09)
女性ヴォーカルのムン・ヘウォンを中心とした3人組ロックグループBIURETの2集です。 1集がダーク&メランコリックなイメージだったのに比べて、なんかフツーのグループになったなあ、とやや拍子抜けしたのは僕の好みがダーク系だから、というだけかもしれないです。 活動曲の「DREAMS COME TRUE」なんか元気いっぱいで「浅」、という感じでちょっと引いたんですが、韓国ロックの主流という音でストレートにやることに方向転換したんでしょう。 難しいことなしに誰にでもわかるような「フツー」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/03 00:23
7 / イ・ソラ ('08)
極めてアーティスト性の高い女性ヴォーカル、イ・ソラの7集です。 「ユン・ドヒョンのラブレター」や「イ・ハナのペパーミント」出演時でのステージを見てその圧倒的なカリスマ、見るものをひきつける歌唱にうちのめされ、「凄いな、この人」と本物の芸術としての音楽を表現しているアーティストとしてみてました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/02 00:21
T-ara
以前からふらふら抜ける抜けないとやっていたけどついに泥沼の破局となった(サボタージュ)脱退のSEEYAナム・ギュリの穴を埋めるべく急遽召集されたのがT-araのジヨン。 で、T-ara(ティアラ)って? と思っていたら映像見れました。 5人組美少女バラードグループT-ara。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/30 23:20
Type "B" BACK TO 80'S / DAMB'S 1ST ('09)
というわけで「土曜日の夜」 ソン・ダムビです。ついに頂点に到達!を宣言するかのようにファースト・フル・アルバムを名乗っています。実際、「土曜日の夜」のほかの曲もいつにも増して曲がよく、(いつも以上にお金がかかってそうな)いいプロダクションになってる気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/28 00:23
BIG SHOW / BAE SEULKI ('09)
「ペ・スルギ、君も・・・」と言われそうなニューシングル。 ソン・ダムビの一連のヒット曲で一躍、もっともHOTな制作チームとなった「勇敢な兄弟」。 ソン・ダムビと同じ事務所のAFTER SCHOOLの全曲もこの「勇敢な兄弟」制作なのはいいとして、このペ・スルギのカムバック・シングルも「勇敢な兄弟」制作でした。 すごい。 現在のチャートにはこれでソン・ダムビ「土曜日の夜」、AFTER SCHOOL「DIVA」、AJ「DANCING SHOES」、そしてこのペ・スルギの「チギョウォ」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/26 22:21
NOW / WONDER GIRLS
FIN.K.Lの最大の名曲「NOW」をWONDER GIRLSがカバー!。小品とはいえこれはやばいですね。 MVも完全コピー!面白い企画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/13 23:29
共存 coexistence / YB (ユン・ドヒョン・バンド) (8th) ('09)
YB(ユン・ドヒョン・バンド)の8集。前作がわかりやすいハードロックで全曲捨て曲なし、という内容だったのに比べると、今作はかなり実験作という感じです。 ユン・ドヒョンも髪が伸び放題の長髪になって、(ちょっと汚い)とこの僕でさえ思ってしまいます。 まあカッコいいですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/07 22:40
CIRCLE / MY AUNT MARY ('08)
'08年発表のMY AUNT MARYの第5集です。('08年年末発表だったので入手が今年になってからだったため、僕の'08年極私的ベストに入ってませんが、いつもどおりMY AUNT MARYは最高にいいアルバムをつくってました。) 3人組のスタイリッシュ、都会的な雰囲気のロックグループです。 日本にはこのスタイルのグループがないので例えるのが難しいですが、ミスチルの曲の良さ、とスガシカオのスタイリッシュをあわせたような・・・とでも言えばいいでしょうか。 4集の紹介もこのブログ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/29 22:17
恋愛小説 / gavy nj ('09)
ほぼバラード専門の三人組女性ヴォーカルグループgavy nj。このCDはちょっと困ったことに「恋愛小説」というシングルCDと'08年発表の3集「the beginning」の二枚をくっつけて、LIMITED EDITIONとして発売されています。 おかげでわが家には「the beginning」が二枚あるということに・・・。 たしかに値段で考えると「恋愛小説」のシングルだけで高い値段で買うよりも、アルバムがついてくるほうがお得ではあるけれど。すでにアルバムを持っている人間にとって... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/27 23:59
LIP / SORI ('09)
SUPER OVERBLOW REVOLUTIONARY ICON。SORI。・・・(笑) 最近はセクシー系女性ヴォーカルものは手を出さない、(出す必要がない?)状態だったのだけど、これは手を出してしまいました。 「唇は本当に」 この曲はいいです。 音からすると一見打ち込みダンス系に聞こえるけど、ベースとなっている曲、リズムはロック。 僕の耳からすると、GARBAGEみたいな打ち込み系ロック、それを全部コンピューターで安い音でつくるとこうなる、みたいに聴こえます。 ちょっと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/26 23:54
8TH ATOMOS PART SECRET / SEOTAIJI ('09)
ソテジの8集バラ売り第二弾「SECRET」が'09年早くも登場。 01. BERMUDA [TRIANGLE] 02. JULIET 03. COMA 04. BERMUDA [TRIANGLE] RMX ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/25 22:43
Harp song & Sentimentalism / Sentimental Scenery
(コーヒープリンスOSTで有名な)Pastel musicから、TARUのデビューMINIのプロデュースをしていたSentimental Sceneryのファーストアルバムです。('09年1月発売) 説明を読むとデジタルシングルとして発表していた曲やミニアルバムをまとめてCD化した作品ということです。 ロマンティックなメロディを洗練されたデジタルビートにのせて。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/18 23:29
in Wonderland / DAVICHI ('09)
活動曲「8282(パリパリ)」を中心としたダビチの6曲入りミニアルバムです。 なにより、これまでルックス面はカン・ミンギョン、歌の実力ではイ・ヘリ、と役割分けがされていたダビチのうち、イ・ヘリがダイエット(その他)に成功し突然かわいくなった、と話題沸騰中(らしい)。 このCDのブックレットの写真集(!)も「何をしたの?」というくらいのものになっていて驚き。 ともあれ自信に溢れた女性の美しさはいいものです。 イ・ヘリは歌唱力に関してはもう「無敵」みたいな凄さなので、今後(〜ソロ)へ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/16 22:32
KEEP LEAVES (3RD SIDE II) / SHIN HYE SUNG ('09)
去年のサイド1に続いて、ようやく待望のサイド2の発売です。 シン・ヘソン、活動曲「なぜ電話したの・・?」を中心としたバラード集。 ギター、ベース、ドラムなどちゃんと生楽器の音を活かした「大人のロックサウンド」でアレンジされたバラードをやってくれていて、僕のようなロックファンが聴いて本当にカッコいい歌手「シン・ヘソン」に成長してくれているようで拍手喝さいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/15 22:22
m-countdown KARA一位おめでとう!の週
m-countdownには少女時代は今年まだ出演なし。どういう事情なんだか。 3月第一週はそういうわけで、少女時代「Gee」 vs KARA「HONEY」という対決。 少女時代不在のm-countdownだから、まさかKARAがついに一位取っちゃうんだろうか?と思いつつ見てたら本当に取ってしまいましたね。すごい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/05 23:54
THE TRACE / NELL ('08)
去年発売されたNELLのライブDVD+ミニアルバム(+写真集+ノート)のセットです。 ミニアルバムには 「Part 1.」 「Part 2.」 「Act 5.」 「Part 2. (Acoustic Ver)」 の4曲、 プラス、track4の6分あたりからのボーナストラック入り。 かなり、なんというか格調が高いというか、落ち着いた高みのあるロックを聴かせてくれてます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/11 16:04
ロマンティック・アイランド / OST ('08)
イ・ソンギュン、イ・スギョン、イ・ミンギ、そしてユジン主演の映画「ロマンティック・アイランド」のサントラです。 こちらも「コーヒープリンス」と同じく、PASTEL MUSIC制作です。 ほんとにひさびさですが、ユジンの歌が(2曲)聴ける!というので買ってみました。 それに加え、最近大注目のTARUも1曲参加。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/10 23:12
SUPER 100 (MNET WIDE NEWS)
mnetのWIDE NEWSで1月は「SUPER 100」といってアイドルの人気ベスト100を紹介してました。 けっこう「なるほど」という内容で、かなり「そうだよな」とうなずいてました。 「100位から76位」までの回は正月ごろに放送してたようでうっかり録画し忘れてたので見れませんでしたので、75位からをそのままここに掲載してみます。 (都合により11位以下の男性アイドルは省略します・・・) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/06 00:14
Pretty Girl /KaRa ('08)
もっとも歌がうまかったソンヒの脱退という最大の危機を、2人の10代、ク・ハラ(加入当時17歳)、カン・チヨン(加入当時14歳!?)の追加加入で乗り越えた、どころかさらにパワーアップして現在怒涛の活躍中のKaRaですが、正直、僕にはこれを「かわいい」と言ってしまえる度胸はないです。(いや、かわいいんですが・・) ここまで「甘甘」、ブリブリのアイドル路線だと少し敬遠ぎみになってしまってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/30 22:43
(極私的) 2008 K-POP 円盤 ベスト40 (31-40)
31. 「mini album」/ RoomMate ジェシカ、ティファニー&ソヒョンです。2009年はないかもしれないけど、これはこれで続けてもらいたいような。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/25 18:45
(極私的) 2008 K-POP 円盤 ベスト40 (21-30)
21. 「AMARANTH」/ DAVICHI いわゆる韓国的バラードでデビューしたのに、後半180度反転のポップ変身でおかしな爆発をとげたDAVICHI。 (僕は逆に冷めてしまったですが)この成功で2009年もきっといい作品をつくってくれるでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/25 18:02
(極私的) 2008 K-POP 円盤 ベスト40 (11-20)
11. 「IT'S HYORISH」/ イ・ヒョリ 年末の初ソロ・コンサートがDVD発売決定!(楽しみ)。そのコンサートで過労で倒れ、年末恒例の各局の歌謡祭を直前ですべてキャンセルしてしまったイ・ヒョリ。むちゃくちゃ心配(体も、今後の活動も)ですが、それくらい全てをかけてつくりあげた初コンサート、どんなものか楽しみです。 やっぱりなんだかんだ言っても、K-POP界の女王はイ・ヒョリなのは不動ですから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/25 17:31
(極私的) 2008 K-POP 円盤 ベスト40 (1-10)
恒例でやっているベスト選びです。2008年はなにせミニアルバムが多かったので、正規アルバムとミニアルバムと混合にしたら、ベスト「40」になってしまいました。 K-POPベスト、といいながら、いわゆる「韓流」とはまったく違う聴きかたをしてますので、日本でも大人気の男性アイドルグループなどが入ってません。 完全に個人的趣味なのであしからず、です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/25 16:42
R.A.I.N.B.O.W. / TARU ('08)
「コーヒープリンス一号店」のOSTはPASTEL MUSICというレーベルが手がけていたわけですが、そのPASTEL MUSICの看板アーティストがヨジョ(YOZOH)と、このTARUのいるTHE MELODY、のようです。 ドラマのメインテーマの「ラララ, IT'S LOVE」はもう誰でも知ってる曲のはずですが、そのTHE MELODYのヴォーカルがTARUです。 高音の響きが素晴らしい、なんとも不思議な声、と完璧な音感の持ち主。 THE MELODYのアルバム('07年発表)を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/19 23:32
Memory For You / Rumble Fish ('08)
韓国のロックグループは古い曲のカバー集というものを(最近ではほぼ必ず)出すようになってきているようだけど、ランブルフィッシュの'08年のこのアルバムもそのカバー曲集でした。そのためこれまでよりもロック色は薄く、「歌」を聴かせるような抑え目の演奏になってます。 ヴォーカルのチェ・ジニは夏にはソロでのポップなシングルを出していたけど、こうしてランブルフィッシュ本体としてアルバムを出しても「ロック」という感じにはなってないようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/18 23:58
RoomMate mini album ('08)
「ルームメイト」というプロジェクト・アルバムです。 少女時代のジェシカ、ティファニー、ソヒョンの三人が歌った「オッパナッパ」を目当てで購入、という人がほぼ全部だと思いますが、なかなかどうしてけっこう他の曲もいい、意外にお買い得な内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/09 23:21
「Gee」発売!
祝発売日!ということでオフィシャルHPでもビデオがアップされてますね。 いやあ本当最高です。2009年最初から猛ダッシュ!という感じですね。 E-TRIBE作ということで、「U-GO-GIRL」やここのところのエレクトロK-POPの音ですが、やっぱり少女時代がやるとまったくフレッシュな魅力であふれてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/01/07 23:39
BEETHOVEN VIRUS / OST ('08)
2009年、今年は一月からはやくも「少女時代」カムバック! 意外に早いお戻りですが、実際2008年、少女時代のいないK-POPシーンはそうとうに寂しく感じられたものでした。 (そのかわりにその分WONDER GIRLSが大活躍してたわけですが) 今年はどんな活動になるのか、2009年は初めからいい年になりそうですね。(単純) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/01/03 23:56
M RIZING (4th) / M ('08)
イ・ミヌの4枚目ですが、僕は前回の「野性味」を振りまいていた3枚目があまり好きでなかったのに比べると、以前のセンシティヴで優しい雰囲気のミヌのイメージに戻ったようでわりと好きなアルバムになってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/04 23:10
Acoustic+ Best / PARK KIYOUNG ('08)
親友のホランも在籍するFLUXUS MUSICから発売されたパク・キヨンの最新作品であるアコースティックアルバム。 タイトルの「ベスト」というように新曲とともに過去の曲たちのアコースティックバージョンでの再録が収録されてます。 このアルバムはレコーディングがワンテイク、つまりスタジオライブのような状態で作られたそう。MTVのアンプラグドみたいなアルバムということですね。 以下は収録曲です。横に[ 数字 ]と収録アルバムをつけてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/30 22:31
MY STYLE / BROWN EYED GIRLS ('08)
「オッチョダ」に続いて「MY STYLE」の活動が始まって初めて気づきました。このミニアルバム「MY STYLE」のシークレットトラックとしてこの「MY STYLE」という曲が収録されていたことに・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/11/28 23:57
MY VINTAGE ROMANCE / ALEX ('08)
クラジクワイのアレックスのソロ・アルバムです。 甘いルックス、甘い歌声。上質なシティポップス。 クラジクワイの二人、女性ヴォーカルのホランと男性ヴォーカルのアレックス、正直、スーパーに歌が上手いホランに比べるとアレックスは声質のよさ、(ルックスのよさ)だけでヴォーカルはそう特別なものではないと思っていたのでアレックスのヴォーカルでアルバム一枚聴くに堪えるものになるんだろうか?(ファンに殺されかねない暴言)とさえ思ってましたが、いやいややっぱり特別な歌声ですよ。特にジャジーな曲では... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/23 20:10
2008 MKMF つづき
女性グループ賞  WONDER GIRLS / NOBODY ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/17 01:00
2008 MKMF
今年ももうそんな時期ですか。早いですね。 今年は去年に引き続いての少女時代活動が終わったあとはかなり寂しい感じのK-POP界だった気がしましたが後半に入ってビッグネームのあいついでのカムバックで音楽番組も驚くような豪華メンバーの出演が続いてました。 TVXQとRAINが同時に見れる、しかもWONDER GIRLSはそれよりも上位に行ってしまう、という凄さでしたね。 BIG BANGは微妙に活動時期をずらしてたのはやはりそれぞれちゃんと重ならないように調整していたのでしょうが・・。 そんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/16 23:14
LIVE AND LET LIVE / SHIN HYE SUNG (3rd SIDE1)('08)
シン・ヘソンの三枚目は比較的ロック度高め。一曲目の「AWAKEN」はハードロック(!)。 なにかのインタビューでも言っていたけど、サブタイトルの[SIDE 1]どおり、ロックを含むハードな面をコンセプトにしたこのアルバムに対して、もう一枚ソフトなアルバムを用意しているのかもしれないですね。 アルバムと言っても10曲中2曲がインストで実質8曲入りはやや物足りないヴォリュームだし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/04 22:22
STAND UP (3RD MINI ALBUM) / BIG BANG ('08)
今年のBIG BANGの活動はこのピリオドだけなんだろうか?あともう一曲用意してあるんだろうか? もう一曲期待したいところですが、とりあえず夏に出たこの「ハルハル」での活動は終わりのようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/11 23:28
ワーキング・ママ(ドラマOST)
少女時代のユリとスヨンの二人がトロットに挑戦。その二曲が収録ということで買ってみました。 「コッ(必ず)」、「サラヌルモラヨ(愛をわかってない)」 チャン・ユンジョンの曲みたいな曲を二人で可愛らしく歌ってます。 (ひそかに)安定的な歌唱力を持つユリ、そしてキャラクター的にトロットもちょっとはまりすぎなところのあるスヨン、所詮ちょっとした冗談みたいな企画ですが、少女時代のファンには充分に楽しめるものですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/03 22:46
イ・オンさん追悼
もの凄くショックです。 「コーヒープリンス一号店」で人気のイ・オンがオートバイ事故で即死、というニュースが。 そんなバカな・・・、という呆然とした気分です。 韓国相撲シルム出身のスポーツマンで、DJもプロとしてこなし、俳優としても「コーヒープリンス一号店」で第一線に出てきてこれからの活躍が本当に期待されていた素晴らしい俳優なだけに、そして、「コーヒープリンス一号店」の役そのままのような本当に誰からも愛されるような人柄のいい人物なだけに、身近な人が亡くなったかのような悲しい気持ちになってしま... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/21 23:42
MUSIC BANK 上半期決算スペシャル
ミュージック・バンクの上半期決算スペシャルというのが昨日放送されました。(本国放送7月4日分) かなり衝撃(笑撃)の内容でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/09 00:19
本日のM COUNTDOWN
今日は随分もりだくさん。うじゃーっと出てきましたね。 LPGを脱退してソロになったハニョンがオープニングに登場、 SEEYAを一時的にこちらも脱退してソロ活動を始めたナム・ギュリも登場。 どちらもグループでもソロでもやってることまったく同じですが・・・、と思いましたが。 どちらのグループも「ハニョンとその他のひとたち」、「ナム・ギュリとあと二人」、みたいなグループでそのメインの存在がそれぞれソロ活動なんて、ちょっとずるい、とさえ思ってしまいますが、やっぱりソロ歌手の道は厳しい。 グルー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/24 23:42
IT'S HYORISH / E HYORI (3RD) ('08)
来ました、イ・ヒョリの新作。期待半分、不安半分という感じでしたが、杞憂でした。けっこういい、というかグレイト!な作品じゃないでしょうか。 やる時はやる、気合充分な感じですね。 失敗のないように、自信を持って送り出せる曲を厳選して完成させたアルバムという印象を受けます。 このアルバムの活動のために、春から改編したばかりの「想像プラス・シーズン2」のメイン司会を降板したそうです。 KBSWORLDでやっているので、ゲストがよく知らない人の場合でもけっこうイ・ヒョリのMCの面白さで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/22 23:07
made in korea? / cherry filter (2nd) ('02)
韓国のロックバンド、チェリーフィルターの2ndアルバムです。 と言っても音の質は完全に日本の一級のロックバンドと同じなので、ことさら「韓国の」なんて言葉をつける必要はなさそうです。 曲も本当にJ-ROCKそのもの。ハードロックの味付けの歌謡ロックです。 この方向性はモロに僕の好み、です。曲もすごくいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/07 23:29
My true style... / eugene (1st) ('03)
最近は女優業が好調なユジン。先日、映画フェスティバルの広報キャラクターに選ばれたみたいなニュースで現在は女優業に専念していて、アルバム制作の予定は今のところないと本人が語ってました。 女優として成功しているのはファンとして嬉しいけど、音楽活動に戻る予定がないというのを聞いてかなり残念でした。 そんなユジンの'03年のファーストアルバム。 タイトル曲の「THE BEST」。「You're the best thing in my life」。ユジン、本当に「ユー・アー・ザ・ベスト... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/06 23:15
セルフ・セレクション / カン・スージー ('95)
韓国の往年のアイドル、カン・スージー(スージー・カン)の95年の日本デビューにともなって発売されたというベストアルバムです。 韓国でのヒット曲を新しい日本のファンに紹介するという趣旨のアルバムですね。 (でもスミマセン。日本で活動してたのまったく知りませんでした。というか当時まったく気にかけてませんでした。) 昔のステージを見せるような番組で、当時のビッグ・アイドルとして紹介されているのを見てこんなアルバムにも手をのばしてみたというわけでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/30 23:55
PIECES, PART ONE / EPIK HIGH ('08)
昨日のKBS WORLDの「ユン・ドヒョンのラブレター」(本国4/25放送分)にEPIK HIGH登場。 そこにスーパー(!)サプライズ・ゲスト登場(「うわー」)チソン!。 LOVEHOLIC電撃脱退の後の最初の仕事は以前「PARIS」でも共演したEPIK HIGHでのフィーチャリング・ヴォーカル。 EPIK HIGHの新作のタイトル曲「ONE」。最近のK-POPはエレクトロ・ブームなのかEPIK HIGHもエレクトロ・ポップ度を増したような。 前作の大成功からのタブロの絶え... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/29 22:42
ここ、僕の心の中に・・・ / ソン・シギョン (6集) ('08)
いよいよ・・・、いよいよ7月1日の入隊を間近に控えたソン・シギョンの置土産、第六集です。 世界中からしばらくの別れを惜しむ涙声が聴こえてくるようです。 実際、このアルバム、一曲目から涙を流しながら聴いているという方も大勢いらっしゃることでしょう。 各方面から「最高傑作」の声が聞かれる新作です。 本人も心の込めかたがとりわけ違う、のかもしれないですが、実際、これを聴くと、いま現在脂がのりにのっている、最高の状態のアーティストを本当に連れていってしまうのですか?と聞いてみたくなり... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/28 22:54
SO HOT / WONDER GIRLS (3RD PROJECT) ('08)
韓国最高の女性アイドルグループ(←そう、実は、少女時代ではなく・・・)ワンダーガールズの新曲、「SO HOT」。 意外に早いインターバルでのカムバックでした。というか「TELL ME」が超ロングヒットだった、ということでしょうか? 今回の「SO HOT」は、「TELL ME」の延長線にあるようで、また全然違う方法でもあるようで、こちらも最高にカッコいいですね。 またまた今回もユビンのラップ・パートが凄くいい。効いてます。 ユビンのラップといえば、今回のミニアルバムには、前回の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/06/27 23:45
BAD BOY / SON DAM BI (Mini Album Vol.1) ('08)
ワンダーガールズや少女時代、それに続いてブラウンアイドガールズと盛り上がり続けたK-POP界も、その波がこの春には途絶えて突然寂しいシーズンに入ってました。 音楽番組見ても(僕は)けっこうつまらないシーズンという感じでした。 そんな中だからか、目立って気をはいていたのがソン・ダンビ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/26 23:41
equi-vocal / Flower / コ・ユジン (3rd)('08)
Flower = コ・ユジンの三作目です。 ピンクのジャケットに「誰?」という可愛らしい写真のコ・ユジン。いったいどんな内容か心配しましたが、聴いてみればわりと普通にコ・ユジンでした。むしろちゃんとロックロックしてます。 最近はクイーン、フレディ・マーキュリーがお気に入りだったのか、(ユン・ドヒョンのラブレターでクイーンをメドレーでカバーしてました)クイーンを思い起こさせるようなハードロック・アレンジの曲が結構入ってて僕はかなり嬉しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/25 22:56
Ruby * Saphire * Diamond / Jaurim (7th) ('08)
ジャウリムの7枚目です。ヴォーカルのキム・ユナが結婚、続けて出産とおめでた続きの休止期間を経て、戻ってきました。 どうもジャウリムは奇数枚めを明るくキッチュな味付け、偶数枚めをダークでシリアスな味付けにしているようだけど、今回7枚目ということで、ライトサイドです。 どっちのカラーも捨てがたい良さがあります。どちらにしても、一般的なセンスは外してつくってあるので、正直、この音楽性でなぜそれほどの人気を得ているのか僕には謎です。韓国の人のセンスはよくわからないですね。 かなり前衛的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/24 23:20
REMIND / OCK JOO HYUN (3RD)('08)
さて、今月はわりとK-POPの新譜が充実してます。 まずはとるものもとりあえず、ジュヒョンお姉さまの新譜を。本当に待ち焦がれてましたよ。 (ファンの人には怒られるかもしれないけど、ひょっとして本人のダイエット待ち?ですか、とも思ってました。) 今回も、前作ほどではないけれど、見事なプロポーションになって帰ってきてくれました。 ジャケットやブックレットの写真に「うわー、キレイな人だなあ」と誰もが思うことでしょう。 最近でもよくピンクルの映像を見てるので「本当に同一人物?」とい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/23 23:20
STORY OF US / Ibadi ('08)
今年はクラジクワイはソロ活動のようで、ホランは三人組のアコースティック・ユニットIbadiをスタート、アレックスもソロアルバムを発表ですね。 Ibadiのほうは春から夏にかけて最高のBGMになるアルバム。 日本でいうとゴンチチあたりの音になるんでしょうか?ボサノヴァ、ジャズを少しずつブレンドしたとにかく爽やかで気持ちのいい音。 そこにクラジクワイで独特のブランドイメージを確立している、ホランのおシャレな歌唱がのる。 クラジクワイがカフェ的というか、ある種、俗的なものを徹底的に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/18 23:44
眩しい日 / チェ・ジニ ('08)
ランブルフィッシュのリードヴォーカル、チェ・ジニのソロデビューシングル「眩しい日(ヌンブシンナル)」(ほか4曲入り)。 少女時代の熱波が過ぎ去ったあとの凪のように、4月、5月はなぜかK-POPの女性ヴォーカルがかなり寂しい状況になった。 音楽番組を見てもほとんど見るところがない、というような状況の中、このチェ・ジニの「眩しい日」は気に入って何度も聴くことになりました。 すごくいい曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/17 23:08
ソン・シギョン・コンサート(日テレプラス放送)
2月11日のソン・シギョンのコンサートがCS・日テレプラスで放送されたのを録画してあったのをようやく見ました。 僕も観に行ったコンサートですが、二時間以上のコンサートが一時間半に編集されていたので5〜6曲くらいはカットされているようでした。 以下はその放送分の曲目です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/11 23:01
YB(ユン・ドヒョン・バンド)コンサート
熱い熱い。暑い暑い。 今日は東京は夏日となる暑さでどんなカッコして出かけるか考えてしまいました。 温度的には完全に半袖な日でしたね。 というわけで(なぜかマーズ・ヴォルタの)Tシャツにジャケットはおって出かけました。そしてライブ前に会場で買ったYBの東京コンサート特別Tシャツに着替えました。 このTシャツ、すごくデザインが良くて普通にセンスのいいTシャツでした。黒と赤の二種類で、黒のほうだけ買ったのだけど、ロックバンドTシャツとしてではなく普通に着れますね。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/30 23:44
SEPARATION ANXIETY / NELL ('08)
NELLの'07年のアコースティックアルバムに続いてのメジャー第4集、(インディーズ含めて6作目)です。 僕もこのグループは本当に好きで、K-POPの中でこんないいバンドに出会えたことは僕がK-POPを深く聴きつづけていくことの原動力のひとつになっています。 韓国版COLDPLAYと呼ばれる叙情的モダンロックグループですが、たしかにリズムの音の作り方などその影響は見られます。 とは言ってもバックのサウンドがそういう音になっているというだけで、やっぱり世界観、根本的な歌、曲のつく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2008/04/20 22:29
LIVE III after 10 years / YB ('07)
WELCOME TO JAPAN !! ユン・ドヒョン・バンド来日!。中野サンプラザ観に行きます!。今から興奮を抑えられません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/09 00:29
リパッケージ
12. Love Melody (2007 WINTER SMTOWNより) 13. Touch The Sky (「愛をさがして三千里」より) 14. もしも (「怪刀ホン・ギルドン」より) 15. 小さな舟 (「怪刀ホン・ギルドン」より) 16. Beginning (「THE FIRST SINGLE EP」より) 17. Only Love (2007 WINTER SMTOWNより) 18. Kissing You (skool rock mix) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 00:52
AMARANTH / DAVICHI ('08)
2008年の最初の話題の新人グループDAVICHI。 ダビチはイ・ヘリ、カン・ミンギョンから成るユニットで、デビュー曲「憎くても愛しているから」と後続曲「悲しい誓い」の二曲が、イ・ミヨンとイ・ヒョリというビッグネームを起用したミュージック・ビデオでその力の入れ方がわかる、という強力にプッシュされてデビューした二人組です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 00:32
7989
今週のM COUNTDOWNではカンタが出演、入隊前の最後の出演ということでカムバックとお別れと同時にするというものでした。 ファンの人は泣いていることでしょう。 ムン・ヒジュンは除隊後のカムバックで先週に続いてヒット曲を聴かせて健在さを見せていましたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 22:31
Propose / イ・スンチョル
最近は少女時代のことばかり書いてるような気がしますが・・・。 なんと少女時代はやくもアルバムをスペシャル・パッケージで再リリースですか?。 いやあ、驚きですが、もう何やっても許される状態でしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/10 23:57
MONOLOGUE / KIM DONGRYUL ('08)
K-POPのチャートで1位を独走中というのでチェック、たしかにこれはいいアーティストだと思い購入してみました。キム・ドンリュルの5集。 アコースティックの音を大事にしている、シンガーソングライターのようです。 声が厚みがあり、優しく、暖かく響いてきます。 「これはいい!」 みんなに愛されるのもよくわかります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/08 23:30
恋歌 2008
人気コンピレーションアルバム「恋歌」シリーズの2008年版のMVに超豪華な顔ぶれが出演!というニュースが。 ソン・スンホン!!パク・ヨンハ!!、そしてイ・ヨニ!!!。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/04 22:59
想像プラス イ・ヨニ
想像プラスにイ・ヨニが出るというので見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/15 00:25
怪刀 ホン・ギルドン OST
KBSで放送がはじまったという「怪刀ホン・ギルドン」。 韓国では有名な古典娯楽作品のドラマ化ということですが、とりあえずソン・ユリが主役のひとり、ということではやく見たいなあ、と思っています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/13 23:57
ソン・シギョン コンサート
2月11日 NHKホール  本当に、素晴らしいコンサートでした。ありがとう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/02/11 22:46
K-POP 2007ベストセレクション PART2
連休で時間があったのでしょう。ちょっとしたお遊びのように、11位から20位までのを使ってパート2をつくってみました。 これはこれでけっこう面白いメンツです。ユンナが二枚ぶんなので四曲も入ってますが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 23:49
K-POP 2007ベストセレクション
アルバムベスト30を選んだところで、それを利用して2007年のK-POPベストセレクションCDをつくってみました。 シングルのみのソン・シギョンなどが含まれず、曲単位でのベストとはなっていないのですが、僕がこうやって振り返って聴いてみたかった、というものです。 つくってみて改めて、これだけあればもう「お腹いっぱい」という感じですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/09 20:15
2007 K-POPアルバム ベスト30
さて、2006年のも発表しましたが、2007年分もK-POPのベスト30アルバムを選んでみました。 今年はしかし振り返ると大爆発してましたね。いろいろ。 こうやって2007年発売のアルバムを振り返ってみるとちょっと驚きました。たいした一年でした。 では。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/26 23:41
MUSIC IS ALLAROUND / TENSI LOVE ('07)
TENSI LOVE。二人組ユニットのようです。 コ・ジフという女の子をヴォーカルに、ハン・イェジュンという人が音楽を制作、というチーム。 音楽性は日本でいえばいまではアユセコズエ、というかんじの「渋谷系」おしゃれロックポップです。 ぼくはこのタイプの音楽がやっぱりかなり好きらしく、ちょっと聴いただけですぐ「満足」「高得点」にいってしまいました。 韓国でも「渋谷系」はかなり聴かれているらしく、こういう音楽性を指向するアーティストも珍しくないようですが、このジャケットやブックレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/20 23:57
Remapping the Human Soul ('07) / Epik High
IVYのアルバムは別にして、個人的にも、K-POP的にも、2007年最高のアルバム、エピック・ハイの4集。 ヒップホップグループでMCが二人ということで、OUTKASTなんかを感じさせますが、音は本場のR&B、ソウルミュージックの感覚をしっかり再現しながらも、同時にK-POPならではの情感、憂いみたいなものが底辺に流れ続けてます。そこにはまります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/12/06 23:58
THE WONDER YEARS! / WONDER GIRLS ('07)
9月に発売されたときには「なんだこれは?」と思いました。 一番ダンスの切れが良く、ひとりパンクっぽいイメージのラップ担当ヒュナが体調不良とかいう理由で脱退。一番のイメージリーダーが抜けるというのでかなりの戦力ダウンだと思ってました。 このアルバムからはもっとブラックぽくてちょっと垢抜けない感じのユビンが参加。 デビューシングルのちょっとトゲトゲした雰囲気から、がらっと雰囲気が変わりすごく庶民的な雰囲気に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/29 23:54
mnet km music festival 2007
先週のmnet km music festival 2007の結果がちょっと探しても見つからなかったので、自分で見直して書き出してみました。 (ノミネートも合わせて) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/28 23:55
SUPER STAR / JEWELRY ('05)
最近、ソニンと大沢あかねのユニットtomboyがこの曲のカバーをしているので懐かしいので聴きなおしてみることにしました。 僕は日本盤で買いました。日本ではビーイング系のGIZA MUSICからの発売。日本でも日本語で活動していてそちらは日本でのプロダクション、ビーイング系制作者が名を連ねるものでしたが、韓国での韓国語のこのアルバムも日本ではGIZAから発売ということでした。 ジャケットは韓国盤よりいいんじゃないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/11/23 23:50
LUV CLOUD / MayBee ('07)
最近僕の頭の中でよくかかるK-POPの曲、イ・スヨン「短い髪」、ワンダーガールズ「テル・ミー」、少女時代「少女時代」、そしてMayBee「モーンナニ(馬鹿な私)」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/22 23:56
The Beginning, New Days... / SHIN HYE SUNG ('07)
神話ではイ・ミヌが好きな僕ですが、やっぱり「歌」の魅力ではシン・へソンですね。「アイドル」というジャンルに囲めない天性の歌唱力、上手すぎてほんとに「舌を巻く」という感じです。 ソロでは「バラード歌手」として活躍するシン・へソン、この2集は僕もかなり好きな音楽性になってます。 ちょっとAORっぽい、少し力強さ、を感じさせるアレンジ。 こちらは三曲追加されたスペシャル・エディションですが、こちらのブックレット(分厚い!40ページ?)の写真では無精ひげでちょっと汚いようにしていて「男... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 23:47
flying / Bae seul ki ('07)
一集では完全に「アイドル!」というノリの活動だったペ・スルギがこの二集では方向転換。かわいさを封印して、ハードなイメージに行こうとしている。 キャラクターをもう一集で作ってたからこうやって突然ハードなイメージで来てもけっこう不自然なんだけど。 HIP HOPと無関係な人がHIP HOPをやろうとするとちょっと「かくし芸大会」みたいな微妙な出来になる。 その微妙さが支配してるかも。 顔がキレイなのでどんなファッションしてもちょっとしたコスプレ感覚で楽しめることは楽しめるのだけど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/15 23:52
ANYBAND
タブロ、やっぱ天才ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/13 23:57
a sweet moment 東京物語 / IVY ('07)
今年の前半はまさしく「IVY旋風」という感じで、今年の女性アーティストの中では圧倒的な活躍だった。それが今度の事件で全ての活動を休止。いいことがあれば同じくらい悪いこともある、ということなのか?。それにしてもかわいそ過ぎる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/12 23:58
Something Like Beige vol.1 / Beige ('07)
さほど印象の残る歌唱ではないけれどもいい歌唱、さほど印象の残るルックスではないけれども、そこそこキレイなルックス、さほど印象の残る曲ではないけれども少し惹きつけられる曲。 女性バラード歌手は本当にありふれているのでデビューするのをすべて買っていく気にはならない。このBeigeもしばらくは飛ばすつもり、買わない区分に入れていたのだけど、なにかの番組でインタビューと紹介をやっていたのを見て「けっこういいかも」と思い、買いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/05 22:52
M COUNTDOWN
少女時代は「タシマンナンセゲ」は本当に良くてまさにまったく活動から目が離せない状態だったのだけど、なんともうアルバム発売。 速い。 もう作ってあったんだろうか?。 それで今日のM COUNTDOWNでそのアルバムのタイトル曲、その名も「少女時代」でCOMEBACK。 いやあ、これが。 今度はモーニング娘風で来ましたか?という曲。 これだけはまってる僕でもちょっと首をかしげてしまう微妙な曲ですね。 まんまパクってる感じはないのだけど、なんとなくモーニング娘の要素が散りばめられていて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/01 23:27
the Snow Queen LOVE THEME / OST ('07)
ヒョンビン、ソン・ユリ主演の「雪の女王」のオリジナルサウンドトラックです。 こちらはドラマ終了後に発売されたパート2のほうです。 目玉はLOVEHOLICの「メアリ(こだま)」ですね。ドラマ後半で流れまくって切ない空気を演出するのに使われていた名曲です。というか本当に凄い名曲です。 LOVEHOLICの曲すべての中でも屈指の名曲ではないでしょうか。 この曲一曲のためにでもこのアルバムを買う価値は充分あると思えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/09 23:54
Another Day / SAT ('07)
イ・ミヌ(M)とのデュエットでデビューし、最近ではトニー・アンの曲にフィーチャリングで参加するというかなり破格の扱いをされているような新人、SATのデビューアルバム。 破格といえば、このCD、ジャケットがアナログレコードのジャケットのサイズででかい。 CD屋泣かせの商品。泣かせるどころか、店頭に置くのが邪魔になるので逆に置きたくないタイプの商品じゃないか。こんなジャケットで発売してなにかいいところがあるのかどうか制作者に訊いてみたくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/22 23:36
少女時代 THE FIRST SINGLE ALBUM ('07)
これはやばいです。今年最高のインパクト、という感じでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/08/21 23:35
The 1st Album もう一度OK? / 天上智喜 the grace
女性アイドルグループ、というよりむしろ「元アイドル」グループ?天上智喜の、デビューからほとんど二年近くたってようやくのファーストアルバム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 15

2007/07/31 23:58
the First Bloooooming / kara ('07)
FIN.K.L.を育てたDSPエンタテイメントが送り出す女性アイドルグループということでデビュー前から話題にもなった4人組、kara。 近頃ではアイドルグループも、ダンスも歌唱もどれも優れた人材を揃えてデビューさせる、なんていうふうに言われているけど、このkaraはそういうレベルには達していない、ルックスで揃えてる、という感じのグループ。 グラビアアイドルを四人集めた、というように思えてしまう。 といっても他のK-POPのアイドルの高い歌唱力と比較するからそう思ってしまうだけで、「... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/30 23:59
1st album / CATS ('07)
女性アイドルグループ。続けて4人組のCATS。 メンバーの一人のスンシムが本名がアヤカという日本人で、日本でもいちおうデビューしていたというようなニュースがあった。四人でヴォーカルをとっているのだけど、ヴォーカル面でリードしているのがこのスンシム。アイドル的歌唱のなかでひとりだけ完璧なテクニックでこなして、のびのあるヴォーカルで締めるところを締めている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/29 23:41
The wonder begins / Wonder Girls ('07)
今年はいったいどれだけ?というくらい女性アイドルグループが出てきているのだけど、その中でも一番人気がこのWONDER GIRLSのようだ。ピ(RAIN)を生んだJYPエンタテイメント(パク・チニョン)のプロデュースということで、その方法なのか、いわゆるアイドル的な媚びはまったくなく、とにかくカッコいい。 長身で細身で「スタイルがいい」5人を揃えて強烈なイメージのダンス、そして曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/28 23:46
she / JANG NARA ('07)
チャン・ナラの5集。タイトル曲の「愛を歌う」という曲がすごく好きになってしまって、おかげでアルバム全体もよく聴こえるものになってしまった。やっぱりタイトル曲、しかも一曲目、がいいというのは重要だなと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/27 23:58
BEAUTIFUL VIOLET / BIURET ('07)
女性ヴォーカル、女性ベース、男性ギター、という編成の三人組ロックユニット、BIURET(ビューレッ)のファーストアルバム。 クレジットを見るとヴォーカルのムン・ヘウォンが全曲作詞・作曲をしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/26 23:59
K-POP 2006ベストセレクション
というわけで80分というCDの時間でこんなベストアルバムをつくってみました。 先日の2006年ベスト30のうちのベスト10からそれぞれ二曲ずつ。 僕個人は「まさにオールスターズだなあ」と思う凄いメンツ、なのだけど、はたしてまったくはじめて聴くひとにとってはどう思われるのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/27 01:55
2006 K-POPアルバム ベスト30
たとえばK-POPを聴いたことのない人にK-POPを紹介するとして、自分で選曲することを考えてみる。 まず、たとえば2006年に自分が好きになった曲たちを入れるとする。そうするとまずはアルバムを好きな順に並べていく必要が出てくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/24 23:56
雪の女王
BSJAPANでは「雪の女王」が始まりました。 さすが、第一話すごく面白くて惹きつけられました。ヒョンビン素晴らしい演技ですね。 映像も音楽もかなり気に入りました。 これも続けて見ることになりそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/04/17 23:57
誘惑のソナタ
前項の終わりで少し書いたのですが、そのIVYの「誘惑のソナタ」のミュージック・ビデオが盗作、放送禁止になったというニュースをKBS WORLD RADIOのページで今読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/10 23:22
ぶどう畑のあの男
ユン・ウネのドラマ「ぶどう畑のあの男」がKBS WORLDで始まりますね。 久しぶりに韓流ドラマを見ることになりそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/07 00:07
a brand new / BOEUN ('06)
日本で言えばbirdあたりのようなサウンドというところでしょうか?。お洒落でハウスやジャズの要素の入ったかなり高級なサウンドをバックにソウルフルなヴォーカルを聴かせる女性ヴォーカリスト、BOEUNのデビューアルバム。MVの「セロウン・サラヌン」を見てかなり曲を気に入ったので買ったアルバムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/22 23:59
PURPLE ROOM / SAM LEE ('06)
K-POPのアルバムの多くの(ほとんどの)アルバムでギターを弾いているように思える、SAM LEE。 「超売れっ子スタジオ・ギタリスト」といったところでしょうか。 そんな彼のアルバムが出ているのを見つけて買ってみました。もちろん期待半分、面白半分で。 ところがうーむ、これが想像を超えた良さでした。 スムーズ・ジャズのコーナーに置かれるべき作品ですね。かなり気持ちのいい、お洒落で、それでいて音楽的なレベルの高い、「大人の音楽」です。アダルト・オリエンテッドです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/17 22:32
YOUR STORY / BROWNEYED GIRLS ('06)
2006年の最優秀新人グループ、BROWNEYED GIRLSのデビューアルバムです。 発売当初はメンバーの写真などが公表されない、というプロモーションだったのだけど、次第に明らかにしはじめ、実はその歌の実力からは想像できないほどに若い、しかもルックスも充分アイドルとして通用するくらい良いのがわかった、というグループ。 2006年の新人グループとしてはSEEYAとこのBROWNEYED GIRLSが一年を通していろんな形で活躍していたように思える。 女性アイドルグループも、「ア... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/02/13 23:58
別れが残す12の涙 / as one ('06)
POPでほんの少しR&B寄りのサウンドのバラード、というある種典型的なK-POPを聞かせる女性二人組ユニット、AS ONEの5作目。 K-POPはアーティストの入れ替わり、浮き沈みが激しいようで以前K-POPをよく聴いていた時期(2000年頃)にいたアーティストというのが今時点でも残っているというケースがほとんどないようなのだけど、このAS ONEはその数少ない例。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/06 22:33
Who / Marry M ('05)
さまざまなドラマや映画のサントラに参加してサントラご用達アーティストのような活動をしていたらしい「Marry M」という女性ヴォーカル、男性プロデューサーの二人組のユニットのファーストアルバム。 ロック風のイメージ、とはいってもほとんど「ロック」的ななにかがあるわけではなく、基本的には宅録みたいな音作りにロック的な使い方のギターが入れてある、という程度のもの。 悪く言えば「安いつくりの音」なのだけど、良く言えば「気負わずに聴ける軽音楽ロックポップ」となる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/04 22:50
why be? / YB ('06)
韓国の最高のロックバンド。YBの7作目。 音楽性はかなりストレートなハードロック。「ハードロック」をやっていて、一番人気のあるグループ、ということで日本で言えばやはり「B'z」にあたるのでしょうか。 韓国ではそのままずばり「BUZZ」というアイドルハードロックグループがいて、それが「B'z」にあたるかなとも思えるのだけど、やっぱり存在感、演奏、曲、そしてヴォーカルなどで考えるとこのYBのほうがそのポジションと呼ぶに相応しいかと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/01 22:51
美女ヒップホップ / チャプター・トゥー ('06)
(タイトルそのまま)美女二人組によるヒップホップユニット、チャプター・トゥーのファーストアルバム。 ジャケットのとおり、R&Bっぽさ、黒さはまったくなく、思い切り力の抜けた感じのラップを聴かせていく。日本で言えばHALCALIってところか。 かなりすっとぼけたノリの、雲にのったような不思議なラップの曲が並んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/23 21:56
DRIFT / My Aunt Mary ('06)
先日MVで流れていた「WITH」という曲でこのグループを知った。MyAuntMary。(メアリー叔母さん?) その曲を含むこの最新アルバム(第4集)を取り寄せてみたところ、これがとてもいい。 ビートルズ的とでもいうか、基本的な堅いロックサウンドで聴かせる男性三人のグループ。 日本で言えばミスチルみたいな感じか。ミスチルよりはもう少し軽く、雑みのないポップだけれど。 凄くキュートにポップなところから、落ち着いた雰囲気のバラードまで。対象年齢は少し高めだと思う。ちょっといい車を運転し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/20 21:56
the BEST / Seo Jin Young ('04)
ドラマ「夏の香り」のサントラに6曲も参加していて、あのドラマの色彩のひとつにもなっていた女性ヴォーカル。そのソ・ジニョンのアルバム。 サントラを聴けば自然にこの人の歌をもっと聴きたくなると思うけど、とりあえずこのアルバムしか出ていないようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/16 23:26
A Gentle Breeze / Sneaker Bird ('06)
心地の良いクラブ系、ボッサ・ミュージック。 CDに張ってあるジャンル紹介には「URBAN CHILL OUT LOUNGE MUSIC」とされている。 イ・ジョンハンというプロデューサーが詞曲を手がけた、ソン・ジヒという女性ヴォーカリストのユニットのデビューアルバム。 ソン・ジヒはまだ高校生と書いてありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 22:47
seotaiji VIIth / Seo Tai Ji ('04)
vanilla unityのところでは、「韓国にロックはないと思っていた」などと思い切り怒られそうなことを書きましたが、つづいて、韓国最高のロック(アイドル)スター、ソテジの2004年のアルバムです。 2004年の韓国で一番売れたアルバムだそうですが、このアルバムにはぶっ飛びます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/04 23:03
LoV.e / Vanilla Unity ('06)
韓国にはまともなロックバンドなんていないと思っていたけど、ごめんなさいでした。かなりいいバンドを見つけてしまいました。 ちょっと前にm-netで本当に珍しいことに、韓国の夏のロックフェスティバルの模様を放送していて、実はけっこう韓国にもカッコいいロックバンドがいるじゃんと思いつつ見てたら、このvanilla unityがいた。曲も演奏も素晴らしかったので即注文。 そして届いたアルバムを聴いてやはり大満足。期待以上の内容でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 23:50
Bohemian / PARK KI YOUNG ('06)
2006年の僕にとってのK-POP最高の曲、アルバム、選ぶのは難しいのだけど、このパク・ギヨンの「Bohemian」というアルバム、そして、「クデテムネ(あなたのせいで)」という曲はその候補に入ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2007/01/01 00:57
Get Up / Jessica H.o. ('05)
K-POPの女性歌手のアルバムも外れも多く、当たりがたまに出ると嬉しいとはいえ、もうほとんどかなり「次も外れだろう」と覚悟して買うものだけど、久しぶりに出ました。「当たり」。 '05年のジェシカ・H・oのデビュー・ミニアルバム。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/26 21:20
3RD ALBUM / JANG YOON JEONG ('06)
ビデオの「イタイタヨ」や、過去のステージの映像を見て、「やっぱりいいな」と思ってついにチャン・ユンジョンのアルバムを買ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/19 22:26
THE BALLADS / SUNG SI KYUNG ('06)
ソン・シギョンの5集。稀にしか男性アーティストには手を出さないのだけど、このアルバムはビデオクリップになったタイトル曲「通りで」があまりに良かったために注文してみた。 10月発売で、韓国のチャートでもトップになるくらいの評判のアルバムみたいだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/07 22:59
THANKS / LIM JEONGHEE ('06)
これは極上。 マライア・キャリーを100パーセントコピーしてそうなパワフルで太い低音から高い音まで自由に駆使するヴォーカル。かなり本格的にR&Bのファッションで固めたルックス。それでいてこの手のシンガーには稀有なことに、「美人」。 いやあ、揃えてる。凄い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/30 23:31
TEENAGE SUPERSTAR / MI:NE ('06)
K-POPの中でもこれは(僕にとって)ひさびさの大ヒット。これは凄い。 ジャケットのとおり、おそらく女子高生くらいの年齢のアイドル・ロッカー。 タイトル曲はアヴリル・ラヴィーンの「Sk8er Boi」を連想させる元気度満点のポップ・パンクソングだった。このビデオ・クリップを見てあまりのカッコよさにすぐ注文。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/25 22:40
refreshing / MIYOUN ('06)
またひとり元BABY VOXからソロデビュー。 BABY VOXは結局メンバー総入れ替えをしたそうで、次のメンバーもほぼ選び終わっているそう。 メンバー全員変わってもBABY VOX?。意味わからないな。韓国人のセンスは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/10/03 20:55
Yeah / Park Jung Ah ('06)
JEWELRYのパク・チョンアのファースト・ソロアルバムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 21:08
IInd WINDs / M (lee Minwoo) ('05)
さてたまには男子をいってみます。 韓国男子アイドルグループの中でもダントツの人気で、CD屋のK-POPのコーナーの大部分を占拠している「神話」、そのなかのひとりがこのM、イミヌ。 去年出したこのアルバムからシングルがすでに三曲カットされ、どれもヒットしているようで、そのビデオクリップを見てあまりのカッコよさにいっきにファンになってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/06 23:50
810303 / eugene (2nd) ('04)
(続いて)元S.E.S.のユージンの2NDアルバム。 タイトルは生年月日らしいから、昨日だったわけですね。(昨日あげとけばよかった。) パダがマドンナのようなポップ・スター的な存在だとすると、このユージンはもっとナチュラルな風合いのシンガー。 かための「アーティスト」的なイメージと女性的な「色気」のある表情の歌声を併せ持っている。。 このアルバムではその声は軽やかでアコースティックなフュージョンタッチの「シティ・ポップ」と呼ぶような音にのせてある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/03/04 23:09
Made in Sea / BADA (3rd) ('06)
元S.E.S.のパダの三枚目。目玉は中島美嘉の「FIND THE WAY」のカバー。 声の質が中島美嘉の低く湿り気のあるものとは全く違う、透明で高い声域のもののためだいぶ違って聴こえるので、こちらもとてもいいカバーになってると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/03/03 22:17
DARK ANGEL / E. HYOLEE (2ND) ('06)
この2月に発売されたばかりのイ・ヒョリのセカンドアルバム。 4人組の女性アイドルグループ、FIN.K.L.(ピンクル)は、かつての日本でいえば、例えばSPEEDあたりだろうか? 1998年にデビューした頃はまだまだ子供のアイドルという感じだったのが、いったいどんな成長をしたのか、2001年くらいからデスティニーズチャイルド並みに超セクシーで本格的なR&Bグループのようなイメージをも持つようなグループへと変わっていた。 そのピンクルのなかでも、ほんとに黒人との混血なんじゃ?と思うくら... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/03/02 22:32
it's my time / chae yeon ('03)
韓国の、「エロかわいい」じゃないけれどもかなり色気よりによったアーティスト、このチェ・ヨンもその代表格ということです。 05年に出た最新作は三枚目となるのだけど、こちらはそのデビューアルバム。 「色気より」といっても全然きれいな範囲だし、エロというよりはちょっと日本でいえばお水系のルックスで、ちょっとフェロモンをふりまくセクシーな表情、衣装、というところで、日本人が見れば、「別に。すごくかっこいいよ」で終わるくらいだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/02/28 23:30
ONE / U;Nee ('06)
既に本国では二枚のアルバムを出しているユニの日本でのデビューシングル。三曲入り。DVDつき。2月22日発売。 アルバムは持っていたけれども、今回付属のDVDで、韓国でのシングル「CALL CALL CALL」の扇情的すぎるとクレームが来たというビデオクリップを初めて見た。 さらにこのDVDには、この日本向けシングルのジャケット用の写真を日本で(撮影は萩庭慶太氏)撮ってもらうために来日している様子が見れるメイキングが入っている。 シングルはともかく、この付属のDVDだけで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2006/02/26 21:59
Zeeny's / SHIM EUN JIN ('05)
韓国最高の女性アイドルグループのひとつ、BABY VOXから脱退してソロ活動をはじめたシム・ウンジンのファーストアルバム。 まったくアイドル性を排除して、高いアーティスト性をまとう音楽にしてある。 驚いたことに、このあいだまでアイドルグループで活動し、そのヴィジュアルで人気を得ていたようなタイプの人なのに、ジャケットにも、ブックレット内部にも、一枚もアーティスト写真がない!。 「脱アイドル」も随分徹底しているようだ。 そしてそれがなんかとてもカッコいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/02/25 20:57

トップへ | みんなの「K-POP」ブログ

musyt.blog K-POPのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる